かりんを使った喉にいい飲み物の作り方。かりん飴とかりんシロップ

かりん

こんにちは!ふきよせです。

先日、大きなかりんをいただきました!
かりんの香りが大好きなので、とっても嬉しいです!!

かりんは、10月から11月の、秋の短い期間にしか手に入らない果物。

私はお店で見つけたら、すぐに買うようにしています。
次にいつ出会えるかわからないんですもの。

かりんって、きれいな黄色で、美しいツヤで、芳醇な香りで、ふっくらした形で…♥

とても魅惑的な果物ですが、そのまま食べると、ひどく渋くてえぐくて硬くて…!
食べられたものじゃないのですよね。

このギャップが恐ろしいです(苦笑)

そんなカリンですが、ひと手間かけると、生食とは全然違う味になります!

あまりの違いにびっくりしますよ~

かりんが手に入ったときに、私が作るレシピをご紹介します。
長期保存ができますから、ぜひ作ってみてください。

スポンサードリンク
  

かりんを使った喉にいい飲み物

かりんとは

かりんは、バラ科の落葉樹で、日本には1000年以上前に中国から伝わったとされています。

かりんの実は、熟成すると黄色になります。

お店に売っている物は、熟す前に収穫したものが多いため、少し黄緑がかっています。
黄緑色のときは、黄色くなるまでそのまま放置して、追熟するのを待ちましょう。

熟してくると、すべすべだった表面が少し油っぽくなり、蝋がついたようになります。
香りもとても強くなってきます。

濃い黄色になったら、食べごろです。

かりんの効能

風邪や咳でのどが痛いときの対処方法として、または冬の風邪予防として、昔からかりんが使われてきました。

かりんには咳止めの薬用成分が含まれていて、喉の炎症を和らげる果物としておなじみです。

市販ののど飴にもよくカリンエキス配合と書かれていますよね。

さらに、カリウムもたっぷり含まれています。
身体が弱っているときには、ぜひとも摂取したい栄養素です。
喉が痛いときの対処方法は、こちら→

保存食のすすめ

喉にいい食材は他にもありますが、かりんは秋の一定時期にしか収穫できません。

この時期にかりんを保存食にすれば、長い間かりんの栄養を摂取することができます。

私はかりんを液体で保存するようにしています。

風邪のときは、食べることさえもつらいときがあります。
液体ならば、喉がいたいときに原液をなめることもできますし、お湯などで割って飲むことができます。

風邪予防のために、砂糖の代わりとしてコーヒーや紅茶に入れ、常飲することもできます。

私がいつも作っているかりんの液体は、かりん飴とかりんシロップです。

すぐに作れるのは、かりん飴
かりんおエキスを煮出して作ります。

時間はかかりますが、工程が簡単なのは、かりんシロップ
かりんを砂糖やはちみつに漬けて作ります。

かりん酒も良い香りでおいしいのですけれど、我が家の大人はお酒をほとんど飲まないし、もちろん子供は飲めません。
作っても全然減らなかったので、今は飴とシロップに落ち着いています。

スポンサードリンク

かりん飴の作り方

かりん飴は、喉が痛いときに、きれいなスプーンですくって、原液でなめます

香りがよくて甘くて、小さい頃はおいしい魔法の薬だと思っていました。

かりん飴
用意するもの:かりん1kg、水、砂糖 煮汁の65~80%くらいの量、お茶パック1つ

  1. かりんを水洗いします
  2. かりんを縦に切って、種を出します。
    種はお茶パックに入れておきます。
  3. かりんを適当に粗く切ります。
    スライスでもいいです。
  4. 鍋にかりんと水を入れ、火にかけます。
    かりんがひたひたになるくらいの水の量です。
    はじめは強火で煮立ったら弱火にして、とろみがつくまで煮込みます。
  5. こし器などで濾します。
    濾した実でジャムが作れます
  6. 鍋に煮汁と砂糖を入れて、煮詰めます。
    焦がさないように、木べらで攪拌し続けます
  7. お好みのとろみになったら、殺菌したビンに詰めます。

砂糖の量はお好みですが、量が増えるほど、出来上がりの色が茜色になると感じています。

砂糖は、上白糖、グラニュー糖、そのとき手に入る砂糖を適当に使っています。

煮詰める時間で、飴のかたさを調節します。
煮詰め方次第で、ゼリーのようにも水あめのようにもなります。

私は少しゆるいかな?と思うくらいで火を止めています。

ビンは直射日光をさけて、涼しいところで保存します。
一度開けたビンは、冷蔵庫で保存しましょう。

かりんシロップの作り方

かりんシロップは、お湯割りにして飲むのがイチオシ。

はちみつでもおいしく作れます。
はちみつ漬けにするときは、氷砂糖をはちみつに替えてください。

私は、はちみつバージョンと氷砂糖バージョンを、交互に作っています。

かりんシロップ
用意するもの:かりん1kg、氷砂糖1kg、お茶パック1つ

  1. 作業の前日に、たっぷりのお湯でかりんを丸ごとゆでて、ざるにあげます。
    次の日にべたべたしていたら、漬け時です。
    よく熟していたら、ゆでなくてもかまいません。
  2. かりんを縦に切って、種を出します。
    小さいかりんならば、輪切りでもいいです。
    種はお茶パックに入れておきます。
  3. かりんを薄くスライスします。
  4. 保存ビンに、かりんと氷砂糖を交互に入れます。
    種も入れます。
  5. 1日1回、ビンを揺さぶります。
    ガスが出てくるので、蓋を少し開けてガス抜きをします。
    だんだんガスは出なくなります。
  6. 1か月くらいすると、かりんがしわしわになります。
  7. かりんがしわしわになったら、全てを鍋にいれて煮ます。
  8. 沸騰したら火をとめ、こし器などで濾します。
  9. 煮汁を殺菌したビンに入れます。

 濾した実でジャムが作れます
 果実酒などの実の再利用方法は、こちら→

ビンは直射日光をさけて、涼しいところで保存します。
冷蔵庫にいれなくても大丈夫です。

かりんの飲み物のまとめ

かりんの種にも、良い成分が多く含まれています。
絶対に捨てないで、一緒に煮たり漬けたりしてください

種はぬるぬるしていますが、このぬめりも洗わずに、そのまま使いましょう。

種をまとめてお茶パックにいれておくと、後で取り出すときが楽です。

私は皮もそのまま使ってしまいます。
もし気になるなら、むいてください。

とても硬いので、ピーラーを使うことをおすすめします。

エキスをとって残ったかりんの実は、そのままではまだ渋くて食べられません。
さらに砂糖と煮込めば、ジャムにすることができます。
残ったかりんの実で作るジャムについては、こちら→

私は、「のどが痛くなりそう…」と感じたときは、こまめにかりんを摂取しています。

けっこう早く楽になり、痛みを軽減できていると思いますよ。

秋の味覚、かりんが手に入ったら、いつでもエキスを飲めるように準備をして、冬の体調管理に役立ててくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました◎

スポンサードリンク