風邪による喉の痛み!対処方法と喉に良い飲み物

風邪の飲み物

こんにちは!ふきよせです。

冬場は空気が乾燥しがちなので、喉が乾燥し、喉から風邪をひく方が多くいらっしゃいます。

初めは少し喉が枯れて声が出しづらい?くらいの症状だったのが、だんだんと唾をゴクンと飲み込んだだけでも痛むようになります。
声が出なくなってしまうこともよくあります。接客のお仕事をされている方は、熱がなくても声が出ないと仕事にならないので、困ってしまいますね。

それでも放置していると、熱っぽくだるくなってきたり、関節痛がでたり、鼻水がでたりと、症状が悪化していきます。

喉の違和感が出た時点で、風邪が悪化する前にできるだけ意味のある対処を行いましょう。

スポンサードリンク
  

風邪による喉の痛み

そもそも風邪で喉が痛くなるのはどうしてでしょうか?

風邪のウイルスが喉に付着し、喉にある扁桃腺で炎症が起こるからです。

扁桃腺はいち早く菌やウイルスをキャッチする役目を果たしています。
炎症が起こると熱が出たり、痛みが生じたりします。

ウイルス疾患である風邪は、自然治癒以外に治癒方法がありません。
抗生物質は細菌性感染症にしか作用しないからです。

病院の診察後、風邪の受診で抗生物質が処方されることはよくあります。
しかしこれは、もしかすると細菌性の場合があるかもしれないので、という未確定対策のためなのですね。

ですから、即効性のある特効薬はないというのが実状です。

普通の風邪薬は、「痛み、熱、鼻、咳など出ている症状を抑えておくから、その間に自分の体力と治癒力で治して」という免疫力が回復するのを待つ治療法なのです。

風邪には漢方薬が良いともいわれますが、漢方薬は症状を抑えるというよりも、治癒力や免疫力を高めるのを助ける働きをします。

風邪で喉が痛いときの対処方法

風邪の疑いがある喉の痛みがでてきたら、最も優先すべきことは免疫力を高めることです。
体が風邪のウイルスと闘いやすいような環境を整えるのです。

マスクの着用
これから入ってくるウイルスを減らし、これ以上の感染を予防するため、物理的にマスクで遮断しましょう。
手洗いうがい
ついたウイルスを洗い流します。
うがいをするときに塩を入れるとか、お茶でうがいをするなど民間療法があります。

私のおすすめは、うがいの回数を多くすることです。
これでもかというほど、こまめにうがいをします。

加湿
湿度が高いとウイルスの活動が弱まります。
マスクをするのも、口の中の湿度を上げることになります。

スポンサードリンク

部屋が乾燥していると、ウイルスが活発に増えてしまうので、加湿器を付けたり、濡れタオルを部屋に干したりして、意識的に湿度を上げましょう。
スプレー容器に水を入れて周囲にスプレーするだけでも、空間の湿度が変わります。

体を温める
体は体温が高くなると、免疫力が増えます。
外から内からと体を温めましょう。

ネックウォーマーやマフラーを首に巻き、保温しましょう。
首回りの血行がよくなり、代謝もよくなります。

また、体が温まるものを食べて、野菜や果物から栄養を摂取し、水分もたっぷり摂りましょう。

よく眠る
そして何よりも安静が一番です。
仕事の休みがとれない場合でも、少しでも多く休めるよう、早く寝るようにしましょう。

風邪の喉に良い飲み物

喉が痛いと、飲み込むときが不快でつらいですよね。
普段おいしくいただけている飲み物や食べ物の味が、変わってしまったかのように感じるかもしれません。

喉をいたわりつつ栄養もある飲み物の作り方をご紹介します。
とても簡単なのでぜひ試してみてください。

大根あめ
用意するもの:大根、はちみつ(水あめ)

・大根を角切り、またはいちょう切りにします。
・容器にいれ、大根がひたひたになるくらいの量のはちみつをいれます。
・蓋をして冷蔵庫にいれます。
・一晩おくと、下にはちみつが沈殿し、上に大根の水分がたまっています。
 大根は小さくなっています。
・大根を取り出し、よくかき混ぜます。

ゆっくりと喉になじませるように飲みます。とても甘いです!
お湯で割って飲んでもよいでしょう。
寝る前に飲むと、次の日効果を感じます。
冬の間、我が家の冷蔵庫には常備しています。

はちみつが飲めない方は、水あめでどうぞ。

生姜紅茶
用意するもの:生姜、紅茶、はちみつ

・すりおろした生姜を紅茶に入れます。
・はちみつで甘さを調整します。

お好みで、生姜の刺激が喉に気持ち良い程度の量に調整してください。
体の中からもしっかり温まります。

風邪による喉の痛みのまとめ

市販ののど飴は、糖分が多く症状を抑える作用は薄いのですが、唾液を分泌して喉を加湿するという点では役立ちます。
飲食がしにくい状況で、喉を潤したいときは、のど飴をそっとなめましょう。

喉から風邪の症状が出てきたときには、症状が軽いからと甘くみず、すぐに免疫力を高める対処をしましょう。

時間に余裕があるときや症状の進行が速いときには、早めに医師の診察を受け、冬の風邪が悪化しないようにしてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました◎

スポンサードリンク