ふきのレシピで人気なのはきゃらぶき!葉っぱはどうする?保存は?

ふき

こんにちは!ふきよせです。

ふき(蕗)は、ふきのとうが育ったあとの、葉っぱの茎。
天然もののふきは、3~6月に採れる、春から初夏が旬の野菜です。

ちょっと苦味があって、おいしいですよね~!

育つのが早く、おいしい期間が限られていますから、見つけたらぜひ食べたいものです。

ご近所さんにもらったりして、天然もののふきがたくさん手に入ったら、たっぷり旬の味覚が堪能できますね♪

「でも、ふきをどうやって調理したらいいかわからない…」

それなら、断トツ人気のきゃらぶきを作ってみたらいかが?
初めてさんでも簡単に作れますよ!

きゃらぶきの作り方と、葉っぱを使ったレシピをご紹介します。

スポンサードリンク
  

ふきのレシピで人気なのは?

ふきの人気メニューは、煮物と佃煮。

煮物はジューシーに食べられますし、佃煮は時間をかけて食べるのに適しています。

きゃらぶきは、佃煮のように、醤油やお酒を使って、濃い味付けで煮つけたもの。
ほかほかのごはんにのせるだけで、ごはんがいくらでもすすみます♥

煮物はあくを抜いたり、皮をむいたり下処理が必要です。
それも、皮むきはコツが必要で、なかなか大変…

それに比べて、きゃらぶきに必要なのは、あく抜きだけ

きゃらぶきは煮物よりもずっと簡単なので、初めてふきを調理するのなら、まず挑戦してもらいたいメニューです。

あく抜きは、ちょっと手間がかかりますが、おいしく食べるために必ず行いましょう。

ふきのあく抜き
用意するもの:ふき、お湯 、塩少々

  1. ふきをよく洗い、5cmくらいの長さに切ります。
  2. お湯を沸かして、塩を少し入れ、ふきを5分ゆでます。
  3. たっぷりの水にさらして、3時間から一晩おきます。

ふきの鮮度がよければ、水にさらす時間は、3時間で充分です。

ふきのレシピ きゃらぶき

あく抜きができたら、さっそくきゃらぶきを作りましょう!

きゃらぶきの作り方
用意するもの:ふき 200g、出汁用昆布 10cmくらい、醤油60ml、みりん15 ml、酒15ml、砂糖 20g、唐辛子 1本、保存瓶

  1. ふきをあく抜きしておきます。
  2. 昆布を1cm幅くらいに細く切ります。
  3. 鍋にみりん、酒、昆布を入れて、15分おきます。
  4. 鍋に残りの調味料を入れて、煮立てます。
  5. 煮立ったら、水気をきったふきと、ひたひたになるくらいの水を入れます。
  6. もう1度煮立ったら、弱火にして煮詰めます。
    汁気が減ってきたら、焦げ付かないように混ぜましょう。
  7. 煮詰まったら、保存瓶に詰めます。

失敗しないコツは、皮をむかないこと。

煮物のように皮をむいてしまうと、ふきが溶けます…
食感がわるくなってしまいますから、皮をむかないで作ってください。

きゃらぶきは、約1か月日持ちします。

瓶詰めにしておくと、いつでも使いたいときに使えて便利です。
使う保存瓶は、煮沸消毒しておいてください。
煮沸消毒の方法は、こちら

味がしっかりついているので、ちょっとつまみが欲しいときにも、そのまま使えます。
刻んでパスタやチャーハンに混ぜても、おいしいです。

スポンサードリンク

ふきのレシピ 葉の辛煮

もし、ふきに葉っぱがついていたら、葉っぱも食べられます。
もったいないですから、絶対に捨てないでください!

葉っぱも煮つけておくと、いつでもササッと使えて便利です。

ふきの葉の辛煮の作り方
用意するもの:ふきの葉 100g、醤油45ml、みりん15 ml、酒30ml、かつお節10g、保存瓶

  1. たっぷりの湯を沸かし、ふきの葉をゆでて、15分水にさらします。
  2. ふきの葉は、水気をきって細かく切ります。
  3. 鍋にかつお節以外の材料を入れ、ひたひたになるくらいの水を入れます。
  4. 鍋に火をかけ、煮立ったら、弱火にして煮詰めます。
    汁気が減ってきたら、焦げ付かないように混ぜましょう。
  5. 煮詰まったら、火を止め、かつお節を加えます。
  6. 保存瓶に詰めます。

冷蔵庫の保存で、2週間くらい日持ちします。

この辛煮を混ぜたごはんでおにぎりを作ると、すっごくおいしいです!
簡単なので、ぜひ作ってみてくださいね。

わらびの食べ方のまとめ

きゃらぶきは、甘じょっぱくて、クセになる味なんですよね。
手作りのきゃらぶきは、市販品よりも香りと苦味がダイレクトに感じられます。

新鮮なふきの味、たっぷり堪能してくださいね^^

最後までお読みいただきありがとうございました◎

スポンサードリンク