日焼け止めはオーガニックでも白くならない?要確認成分とおすすめ品

日焼け止め

こんにちは!ふきよせです。

だんだんと日射しが強くなってきました。
そうなると、欠かせないのが日焼け止め。
たくさんの種類の日焼け止めがあって、迷ってしまいますよね。

私はオーガニックの日焼け止めを使っています。

よく友人に「オーガニックなのに白くならないの?」と聞かれますが、成分をよくみると白浮きしにくい日焼け止めを選ぶことができるのです。

今回は、白くならないオーガニックの日焼け止めを選ぶときの、見分けるポイントと、私が使っている製品をご紹介しますね。

スポンサードリンク
  

日焼け止めはオーガニックでも白くならないの?

私は、髪質改善のために、使っているヘアケア用品をオーガニックに変更しました。
髪質改善を決意したことについては、こちら→
その影響はさらに広がり、肌につける化粧品も変更することとなりました。

私も、はじめは「オーガニックの日焼け止めは白くなってしまう」という固定概念がありました。

そもそも、日焼け止めはなぜ白くなってしまうのでしょうか?
簡単に、日焼け止めの仕組みをおさらいしましょう。

紫外線にはA波(UVA)とB波(UVB)があります。
A波は、皮膚の奥のコラーゲンや繊維組織にダメージを与え、しわ、やたるみの原因となります。
B波は、皮膚の表面にダメージを与え、肌の色を変え、皮膚ガンやシミの原因となります。

日焼け止めには、紫外線を防ぐ成分として紫外線散乱剤を使用している物と、紫外線吸収剤を使用している物の2種類があります。
紫外線散乱剤は、肌にのせた無機質成分が紫外線を反射し、日焼けを防ぎます。
紫外線吸収剤は、化学的な成分が紫外線を吸収して取り込むことで、日焼けを防ぎます。

オーガニックの日焼け止めは紫外線散乱剤を使用していて、その無機質成分の多くは、酸化亜鉛や酸化チタンが使われています。
これらはもともと鉱物ですから、どんなに小さくしても粉なのです。ですから、どうしても白くなりがちでした。

日焼け止めがオーガニック製品の場合、確認するべき成分

酸化亜鉛や酸化チタンの粒子をより細かくし、白浮きしにくくする技術が導入されました。
それがナノ化です。

ナノとは10億分の1の量を意味します。
髪の太さの10万分の1くらいだとか。もう、どれくらいの大きさかよくわかりません 苦笑

そこまで細かい粒子になると、視覚でとらえられないほど小さくなるので、白浮きは目立たなくなります。

しかし、ナノ化には弊害があることが明らかになりました。
ナノ化された無機成分は、光によって酸化反応を起こし、活性酸素(増えすぎると老化や病気を引き起こす原因)を発生させてしまうのです。
また、細かすぎる粒子は、皮膚から体に吸収され、蓄積されてしまう恐れもあることがわかりました。

せっかくオーガニックの日焼け止めを選んでも、健康に害が出てしまっては本末転倒です。

ですから、白くならないオーガニックの日焼け止めでは、紫外線散乱剤の粒子の大きさを確認する必要があります。
散乱剤がナノ化されていなくて、かつ、粒子の細かい物を選ぶ必要があるのです。

スポンサードリンク

日焼け止めオーガニックのおすすめ品

その条件を満たしている製品が、soleo ソレオ オーガニックスの日焼け止めです。
私が使っている製品です↓


ソレオオーガニックスは、日本よりも圧倒的にオーガニック基準の厳しいオーストラリアの会社です。
オーストラリアは、オーガニック商品はもちろん、紫外線対策に力を入れている紫外線先進国ですから、私はオーストラリアのオーガニック製品を比較的信用しています。

ソレオの紫外線反射剤は、酸化亜鉛です。
この酸化亜鉛は、ナノ化はされておらず、ナノ粒子より少し大きく身体に吸収されない、マイクロファイン粒子を採用しています。

PA(紫外線A波を防ぐ能力)はPA++。防御力はかなりありますね。
SPF(紫外線B波による日焼けをどれだけ遅らせることができるかを示した測定値)は、30。日本では50が上限にされていますが、50は信ぴょう性が少なく、オーストラリアでは30が最大値なのだそうです。

ブドウ種子油やヒマワリ種子油といった天然成分のオイルが14種類使われています。植物油がメインなので油焼けはしません。
香りは、ほんのり甘いような、独特の香りです。

顔にも体にも使うことができて、石鹸で簡単に洗い流すことができます。



ちょっと気になるのは、つけすぎるとギトギトした油っぽい肌になってしまうこと。
オイル全般に言えることですが、自分にぴったりの量を把握するまでに時間がかかります。

肌に艶が出るくらいだと、健康的に見えてちょうどいいと思います。
つけすぎちゃったかも…というときは、ティッシュで押さえて、お粉をはたいてごまかします。笑

夏場、腕など露出がある肌には、この日焼け止めを塗ったうえに、エターナルハピネスパウダーをはたいて、きらめきを足しています。すごくきれいな肌に見えるのでおすすめです!
冬場は少しかたくなるので、手のひらでよーく温めてから塗っています。

オーガニックで白くならない、安全な日焼け止めをお探しの方は、ぜひお試しください。
soleo ソレオ オーガニックスは、こちら→

オーガニックの日焼け止めのまとめ

オーガニックの日焼け止めを選ぶときには、紫外線散乱剤の粒子の大きさが重要なのですね。

日焼け止めを選ぶときは、ついついPAやSPFの数値の高さに目が行きがちですが、使われている成分とそのサイズまで、できるだけ確認してみてください。

お肌に合った日焼け止めが見つかり、お日様の下で楽しい時間が過ごせますように。

最後までお読みいただきありがとうございました◎

スポンサードリンク