切り花を長持ちさせる方法。花の種類に適した水の量とお手入れのコツ

シェアいただけると嬉しいです

花

こんにちは!ふきよせです。

ふだん切り花を買わない人でも、季節のイベントのためにお花を買ってみたり、お祝いで花束をプレゼントされたり、お花を生ける機会が巡ってくるときがあります。

「花瓶に水をいれて、お花をいれていたら、すぐに枯れちゃった」
そんなときは、お花の生け方が合っていなかったからかもしれません。

せっかくならば、できるだけ長くお花を楽しみたいですよね。

切り花を長持ちさせる方法と、日々のお手入れについてご紹介します。慣れると簡単な方法ですから、マスターしてしまいましょう。

スポンサードリンク
  

切り花を長持ちさせる方法

買ってきた切り花やいただいた花束は、長時間水のない状態だったので、いくらか弱っています。
花瓶に生ける前に、水あげをして、花に元気を取り戻してもらいましょう。

水あげとは、花が水を吸いやすくするために行う作業です。
お花屋さんで売っているお花は、すでに水あげが施されていますが、生けるまでに時間が経っているときには、家でも水あげをしましょう。

基本的な水あげ方法は、水切りという方法です。
多くの切り花は、この方法で水あげできます。

水切りが適している花
・バラ    ・チューリップ
・ユリ    ・ガーベラ
・ラン    ・スイートピー
・コスモス  ・フリージア など
水切り方法
① バケツに水を入れて、茎を水中に浸します。
② はさみで根元から3cmくらい上を、水中で斜めに切ります。
③ しばらく水に浸したままにします。

よく切れるハサミで、勢いよくスパッと切ると茎がつぶれません。
斜めに切るのは、断面の面積が広いほど、花が多く吸水することができるからです。
水切りで使ったハサミは良く拭いて乾かして、錆びないようにしてください。

もう一つの一般的な水あげ方法は、水折りという方法です。
菊科の植物など水をたっぷりと吸う切り花は、この方法で水あげします。

水折りが適している花
・キク      ・スプレーマム
・カーネーション ・トルコギキョウ
・マーガレット  ・ユキヤナギ  など
水折り方法
① バケツに水を入れて、茎を水中に浸します。
② 根元から3cmくらい上を、水中で折って切ります。
③ いっぺんに折れなかったら、ねじ切ります。
④ しばらく水に浸したままにします。

繊維のささくれで水に接する面積を広くし、吸水しやすくします。

空気中で茎を切ると、切り口から道管(植物の水や養分の通る管)に空気が入ってしまいます。その後、茎を水に入れても空気が邪魔をして、水を吸い上げることができないのです。
必ず水に沈めて切りましょう。

スポンサードリンク

切り花を長持ちさせる水の量

水あげをして、つぼみや枝の先のほうにハリがでてきて、切り花がいきいきとしてきたら、花瓶に生けます。

多くの切り花は、花瓶に5cmくらいの水の量で充分です。
水に浸かっている部分では呼吸ができず、壊死してゆきます。ですから、水が多いと傷みやすいのです。

菊科の植物や丈の長い植物など、水をたくさん吸い上げる切り花は、花瓶にたっぷり水を入れましょう。少ない水量ですと水切れを起こして枯れてしまいます。
ただし、水に浸かる部分の余分な葉や枝は、傷みやすいので、生ける前に切り落としましょう。

もし、ご自分でお花を買われるならば、水が少ない方がいい花なのか、多い方がいい花なのか、お店の方に聞いてみても良いですね。

切り花を長持ちさせるお手入れのコツ

生花を長持ちさせるには、花瓶に生けた後の日々のお手入れが重要です。
ついつい忘れがちになるので、私は朝食の後片付けの後に、お花のお手入れをすると決めています。

毎日水を替える
水が傷んできますので、できるだけ毎日水を替えましょう。
茎にぬめりがでてきたら、洗い流します。

どうしても毎日の水替えができないときは、キッチンハイター(洗濯用はダメです)を200mlに1滴くらいの少量入れます。水が傷むスピードを遅くできます。
百貨店のディスプレイなどでも使われている方法です。
ただし、全く水を替えなくてもよいという訳ではありません。種類によりますが、3~5日で水を替えましょう。

水切りをする
しばらくたって、葉がなえてきたり、花の開きが悪くなったり、水を吸い上げていないと感じたときは、水切りをしましょう。
やわらかくて太めの茎の切り花は傷みやすく、こまめに水切りをしたほうが長持ちします。
枯れた部分を摘み取る
枯れてきた部分からは、エチレンガスが発生します。エチレンガスは熟成を進める植物ホルモンです。
エチレンガスにより、周りのまだ咲いている花の枯れるスピードが速まってしまいます。枯れてきた花や葉はこまめに取りましょう。

切り花のまとめ

タイミングよくお手入れができるようになると、春や秋ならば10日くらい、切り花を楽しむことができます。冬ですと2週間以上もつことも。

水切りをしていくと、だんだんと茎が短くなってくるので、花瓶の大きさも小さくしていきます。私は、短くなった切り花をコップに入れて、テーブルフラワーとして飾っています。

一輪でも心に安らぎを与えてくれる生花です。すこしでも長く楽しめますように。

最後までお読みいただきありがとうございました◎

スポンサードリンク