防災対策に非常食の備蓄を見直す。地震体験からおすすめする優良食品

非常食

こんにちは!ふきよせです。

春一番が吹くころになると、お花見や卒入学の春の楽しかったことはもちろん、東日本大震災のことも思い出します。

我が家では、関東大震災のあった9月と東日本大震災のあった3月の年2回、防災用品の確認をしています。

地震は忘れた頃にやってきます。
食料不足は死活問題に直結しますから、備えはできるだけしっかりしておきましょう。

被災体験から、非常食の種類を見直したので、ご紹介します。一つの参考にしていただければと思います。

スポンサードリンク
  

防災用非常食の備蓄

震災前の我が家の非常食の備蓄はそれなりの量があり、ありがたいことに地域でも食料は配給してもらえて、食べ物にはそれほど困りませんでした。

震災前の我が家の非常食です↓

・水         ・クッキー
・カップラーメン   ・パスタ
・レトルト食品    ・カンパン
・パックごはん    ・乾燥スープ
・インスタント味噌汁 ・缶詰  など

防災用非常食を地震体験から見直す

被災したときは、備蓄の非常食の食べやすい物から消費しました。日本の技術はすばらしく、レトルト食品でも味はとてもおいしかったです。

しかし、何食か同じような食事を続けると、食べた後にのどが渇くのです。きっと、どれもこれも塩分が多いのでしょう。

水を飲むにしても水の備蓄は限られていて、いっき飲みはできません。
もっと塩分の少ない食品を揃えればよかったと、とても後悔しました。

また、カップ麺のカップやレトルト食品の袋が、かさばる不衛生なゴミとなって困りました。
洗えないし、拭けないし。
液体が少しついているだけでも、あとから臭ってくるのです。

これからの非常食は、下記の基準で選ぶように変更しました↓

栄養 塩分を取りすぎないバランスのよい食品
水分 水はそのまま飲むようにし、液体の少ない食品を食べる
ゴミ ゴミができるだけ出ないようにする。
スポンサードリンク

防災対策の非常食にぴったりなおすすめ食品

乾物
日本の代表的な保存食ですね。
おなかに溜まる種類の乾物を非常食として多めに用意しておくことにしました。

少量のお水で戻せますし、わかめなど海の食材を入れると塩分も十分とれます。
ナッツやドライフルーツはそのままで食べられて、自然の甘味と噛みごたえで、満足度が高い食品です。

我が家の常備乾物です↓

・わかめ  ・昆布  ・春雨
・桜エビ  ・のり  ・ナッツ
・豆類   ・麩   ・凍り豆腐 
・しいたけ ・ドライフルーツ各種

お気に入りのお店をご紹介しますね。

まずは、食べもんぢから。さん。
お取扱いの種類が豊富で、納得のお品がそろいます。
食べもんぢから。は、こちら→

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

まめやの底力 大特価 北海道産大豆 1kg 【限定品】
価格:448円(税込、送料別) (2017/2/25時点)

お次は、小島屋さん。
ナッツとドライフルーツはいつもこちら。
ミックスナッツは絶品です。
ドライフルーツナッツ専門店小島屋は、こちら→

栄養調整食品
震災のとき、クッキー缶やカンパンは、火も使わず調理もないので、大変重宝しました。

でも、栄養が偏りやすい環境から考えると、お菓子よりも栄養補助食品のほうが適していたように思えます。

さまざまな種類の栄養調整食品がありますが、我が家は、カロリーメイトを選びました。

ぎゅっと圧縮された生地が食べ応えがあって、腹持ちが良かったことが決め手です。
長期保存用の商品も発売されています。

カンパンの缶の中に入っていた飴が、役に立ちました。
お水をたくさん飲まなくても、飴をなめていると、唾液でのどが潤います。

飴の力はすごいですね~
誰でも食べることができるし、誰にでもあげられますし。

避難所でいただいたキャラメルが、とてもよかったです!
他の飴よりちょっと濃厚で、1粒の満足度が高かったです。

乾燥していて風邪も流行ったので、のど飴も良いかもしれませんね。

今、備蓄しているのは、佐久間製菓の非常・携帯用サクマ式ドロップです。

森永製菓のミルクキャラメル保存缶も備蓄していましたが、今は製造されていないそうです。
おいしかったのに…涙

保存がきくとはいえ、半年ごとに点検をして、賞味期限が近づいてきた食品は入れ替えます。
新しいものを用意し、備蓄していたものを普段のお料理に使っています。

賞味期限が近づいたカロリーメイトや飴は、仕事に持っていくおやつになります。

非常食の備蓄のまとめ

現在の我が家の非常食をまとめてみました↓

・水         ・乾物
・栄養補助食品    ・パスタ
・パックごはん    ・カンパン
・魚・肉の缶詰    ・飴の保存缶

非常食は備蓄用の箱にまとめてあって、箱ごと持ち出せるようにしてあります。

乾物は少しかさばるかな…と思ったのですが、カップ麺に比べたら全然かさばりません!
たっぷり入ります。

備えあれば患いなし。

最後までお読みいただきありがとうございました◎

スポンサードリンク