初午祭は赤坂の豊川稲荷へ!ご利益と絶品いなり寿司

赤坂豊川稲荷

こんにちは!ふきよせです。

初午祭は、お稲荷さんで開催される春のお祭りです。

初午祭については、こちら→

お稲荷さんといっても、稲荷神社は全国どこでも、非常にたくさんありますよね。
今まで初午祭に行ったことがなくて、「これから行ってみたい、興味がある」という方は、どこへいったらよいのか、迷ってしまうかもしれません。

私が関東圏でオススメするのは、豊川稲荷の初午祭です。
都内のパワースポットとして、とても有名な場所です。

当日の見どころから、ぜひ堪能していただきたいグルメまで、豊川稲荷の初午祭についてご紹介します。

スポンサードリンク
  

初午祭が行われる豊川稲荷は赤坂にあるの?

お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、豊川稲荷とは愛知県豊川市にある豊川稲荷妙厳寺という曹洞宗のお寺です。
赤坂にある豊川稲荷は、正式名称を豊川稲荷東京別院(とよかわいなりとうきょうべついん)といって、愛知県の豊川稲荷の直轄別院です。

そう、こちらのお稲荷さんは、神社ではなくお寺なのです。
お稲荷様は、神道系と仏教系があります。

こちらにお祀りされているのは、豊川ダ枳尼眞天(とよかわだきにしんてん)という仏さまです。
豊川ダ枳尼眞天が稲穂を持ち、白い狐に跨っていらっしゃったことから、霊獣の狐とともに福楽を与えてくださる仏さまとして、広く信仰されています。
稲荷信仰とダ枳尼天信仰は、本来別系統の信仰でしたが、平安末期から鎌倉中期ごろに、狐を仲介として結びつくようになりました。

赤坂の東京別院は、江戸時代に大岡越前守忠相公(おおおかえちぜんのかみただすけこう、時代劇で有名な方ですね!)が、ご自宅で豊川稲荷を屋敷稲荷としてお祀りしたのが始まりです。

赤坂は花柳界として栄え、華やかな場所です。料亭関係者や芸者さんなど、芸事に関わる方々がお参りにいらっしゃいます。芸能にご利益があるとして、多くの芸能人やスポーツ選手などが参拝に訪れることでも知られています。

豊川稲荷東京別院公式ホームページは、こちら→

赤坂の豊川稲荷のご利益は?

一言に豊川稲荷と言っても、境内の中にはたくさんのお参りスポットがあります。
その中でも特に有名な、豊川稲荷ならではの場所とそのご利益を、3カ所ご紹介します。

本殿
ご本尊、豊川ダ枳尼眞天がお祀りされています。こちらでは、ご祈祷をしていただくことができます。

ご祈祷は毎日決まった時刻に行われていますが、初午の日はたくさんの参拝者ですので、次から次へとご祈祷が行われています。

ご祈祷をご希望の方は、正面の山門を入って右側の、稲荷会館へ向かってください。こちらの会館で受付をしています。初午の日は、行列ができているので、すぐにわかると思います。
通常のご祈祷は、夕方16:00までです。初午の日も同じくらいの時間を目安に、受付を済ませましょう。

ご祈祷は5000円からです。
一回でご祈祷できるお願いは、以下の中から3つまでです。

奉礼謝・家内安全・商売繁昌・家業繁栄・交通安全・心願成就・社中安全:入学祈願・良縁祈願・工事安全・病気平癒・学業増進・安産祈願・営業繁栄・厄難消除・道中安全・障碍退散・合格祈願・身体堅固・心身堅固・災難消除・開運満足・芸道精進・息災延命・諸災消除
スポンサードリンク

ご祈祷をすると、お札をいただくことができます。また、初午の日限定でいただくことのできる串札もあります。
ご祈祷を終えると、お赤飯のお振る舞いもあり、心が温まりますよ。
(お供料を1000円以上ご奉納されると、串札とお赤飯がいただけるようです)

融通稲荷(ゆうつういなり)
財宝を司る南無如意宝生尊天(なむにょいほうしょうそんてん)がお祀りされています。ご利益は、ずばり金運です。

こちらのお社に置かれている「融通金(ゆうつうきん)」と書かれた黄色の袋は、なんと無料で持ち帰ることができるお守りです。
このお守りを財布の中に入れておくと、お金に困ることがなく、金銀財宝の融通が叶えられると言い伝えられています。

ただし、持ち帰った融通金は、一時的に融通としてお借りしているもので、1年後にお礼金を付けてお堂に奉納することが慣わしです。もし、お借りしたときは、きちんとお約束を守ってお礼参りにうかがいましょう。

叶稲荷
因縁除けの守護、叶稲荷尊天がお祀りされています。ご利益では縁切りです。

悪縁のすべてを切り、禍事災難を取り除いて、良縁と開運招福与えてくださるそうです。

お願いするときの姿勢について、個人的意見を一つ…(余計なお世話かもしれませんが。汗)↓
自分が悪縁だと思っていることだけが災難とは限りません。
お願いをするときには、「○○と離れられますように」などと問題となっている対象に焦点をあてず、なりたい将来の自分の姿をお願いするほうが良いと思います。

赤坂の豊川稲荷でいただける絶品いなり寿司

豊川稲荷の境内の中に、いなり寿司の名店があります。

お休み処のひとつ、豊川稲荷境内家元屋さん。
明治3年創業の老舗です。昔ながらの、昭和の懐かしい感じがただよいます。

こちらのいなり寿司、絶品です!!
ちょっと濃いめの甘辛お揚げに、ほどよい酢飯がたっぷり。一度食べたら病みつきです。

2個スープつき…250円
テイクアウト5個…550円

店内で麺類を注文すると、1個100円で注文することができます。
もちろん、店内メニューにはきつねうどんも。笑

初午は、お稲荷さんのお膝元で、絶品いなり寿司を召し上がってみてください。

関連ランキング:定食・食堂 | 赤坂見附駅赤坂駅永田町駅

豊川稲荷での初午祭のまとめ

お休み処では、いろいろなお土産もあって、愛知県の豊川稲荷本山で販売されているお菓子もあります。
「元祖手焼きいなり巻」これがまた、美味なのです!
もし、見つけることができたら、お土産にどうぞ♪

稲荷巻煎餅、マルヤスの公式ホームページは、こちら→

赤坂の豊川稲荷東京別院の初午祭は、関東圏で有数の大いに賑わうお祭りです。
絶大なご利益を誇るお稲荷さんで、すてきな一時を楽しんできてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました◎

スポンサードリンク