すみだガラス市2018に行きたい!江戸切子やうすはりの販売はある?

江戸切子 すみだガラス市

こんにちは!ふきよせです。

夏の器といったら、ガラス。
軽やかで涼しげで、夏には欠かせない素材ですよね。

そんなガラスの器を、お安く購入できるイベントが、すみだガラス市!

ガラスのうつわ好きさんなら、ぜひとも行ってみてほしい、ステキな器市なんです。

すみだガラス市の詳細と、見どころをご紹介します。
戦利品として人気の高い商品や、お得なおすすめ商品もご紹介しますね。

スポンサーリンク
  

すみだガラス市とは

すみだガラス市とは、東京都墨田区で開かれる、日本で唯一のガラスの器市です。
春と秋の年2回、開催されています。

墨田区は、地場産業としてガラス製造が盛んな地域。
江戸切子が製造されている地域の1つでもあります。

会場には、テントがずらりと並び、たくさんの商品が並べられています。

どんどん歩いて、お気に入りのガラス器を探しましょう♪

すみだガラス市 2018年予定

日程 春 2018年4/21(土)22(日)
   秋 2018年10/6(土)7(日)

時間 10:00~16:00

会場 大横川親水公園 長崎橋跡イベント広場
   JR錦糸町駅北口を出て、左方向へ徒歩約5分

小雨決行

ガラス市の目的

すみだガラス市は、墨田区のガラス製造に関わる企業を広く知ってもらうために、1992年からはじまりました。

誰もが「一度は見たことがある」製品を作っている会社が、何社も含まれていますよ♪

参加企業・団体

・岩澤硝子㈱
・松徳硝子㈱
・田島硝子㈱
・東洋佐々木ガラス㈱
・中金硝子総合㈱
・江戸切子協同組合
・伝統工芸有志会
・東京理化学硝子器械工業(協)
・彫刻硝子ワタベ
・廣田硝子㈱
・US工房
・青山硝子㈱
・硝竹梅
・AA-Atelier-Angel
・玉田ガラス工房
・一般社団法人東京ガラス工芸研究所

さらに、チャリティーセールも行われています。

チャリティー用に提供されたガラス器の売り上げは、墨田区をとおして社会福祉協議会に寄付されています。

なぜお安く販売されるの?

ガラス市で販売される品は、市場価格より、かなりお安く価格設定されています。

その理由は・・・↓

・PRのために特別価格で提供している品
・少々難ありのアウトレット品
・在庫限りで生産終了のデザイン
・試作品
・若手職人さんが作った品

アウトレット品といっても、本当に小さな気泡が入って訳ありになってしまった品などで、使用するには遜色ない物ばかりです。

試作品は、定番商品を決めるまでに作られた物などで、完全に1点物です。
お宝になるような、掘り出し物が見つかることも!

若手職人さんが作った品も、素人目には違いがわからないほど、丁寧に作られています。

なので、お安くても、ぜんぜん問題はありません。

また、テントごとに製造元がわかります。
お店で買うよりも、むしろ安心してお買い物できちゃうかもしれません^^

知っておくべきお得な企画

すみだガラス市に行くなら、行く前に知っておくべき、2種類のプレゼント企画があります
参加するだけでガラスの器がもらえる、お得な企画です。

補助券を集めよう

各テントでお買い物をすると、500円購入ごとに補助券が1枚もらえます。
この補助券を6枚集めると、ガラス器を1つもらえます。

好きなデザインを選ぶことができますよ!

粗品プレゼント

公式サイトから「粗品引換券」をプリントアウトして持参すると、会場でガラス器がもらえます。

行くだけでもらえるなんて、なんて太っ腹な企画w

お出かけ前に、忘れずにプリントアウトしておきましょう。
粗品引換券はこちら→

スポンサーリンク

ぜひとも手に入れたい!おすすめの品

どのガラス器もステキなんですが、私がいつもチェックしている、おすすめの品をご紹介します。

私のおすすめは、コアなファンがいる大人気商品でもあります。

器市では、「あとで買おう」なんて思ったら大間違い。
戻ってきたときには、売り切れてしまっていますorz

お気に入りを見つけたら、すぐに購入するようにしましょう( `―´)ノ

江戸切子

やはり、墨田区といったら江戸切子。

すみだガラス市には、江戸切子を製造しているガラス会社が所属している、江戸切子協同組合が出店します。

江戸切子は、日本で唯一伝統的工芸品にも認定されているガラス工芸品で、百貨店などで
高値で取引されています。
アンティークでも、販売元が証明できる製品は、高い価値があります。

本物の江戸切子が欲しい!有名なメーカーやブランドは?選び方のコツ
こんにちは!ふきよせです。 キラキラとした反射が美しく、涼しげで人気のガラス器、江戸切子。 日本の伝統的な工芸品としても、有名です。...

そんな高嶺の花の江戸切子も、すみだガラス市なら、市場価格の半額くらいで販売されていることが…!Σ(・ω・ノ)ノ!

2万円のものが1万円。
1個のお値段で、ペアが買えちゃいます…!

お気に入りのグラスやおちょこを、毎年少しずつ揃えるのも、贅沢でステキですよね~

小売店をとおさないで直接購入できますから、正真正銘本物の江戸切子を手に入れたいというのなら、すみだガラス市は絶好のチャンスです。

うすはり

うすはりグラスとは、ガラスの存在感を感じさせないくらい、すっごく薄いガラス製品です。

ビールやジュースのCMでもたくさん使用されていて、おなじみのコップです。
あなたも、一度は目にしたことがあるのでは?

とても軽くて、なによりも口当たりがいい!

飲み物が、スッと口に入ってくる感覚は、体験するとやみつきになってしまいます。

うすはりグラスを製造している松徳硝子株式会社も、墨田区にあります。

すみだガラス市では、うすはりグラスのアウトレット品などが特別価格で提供されていて、毎回行列ができる人気っぷりです。

まとめ買いする人ばかりで、たくさんの在庫がみるみるうちに売れていきますw
売れ行きが良すぎて、気持ちいいくらい。笑

うすはりガラスを狙っているのなら、早めに会場へ行きましょう。

理化学ガラス

すみだガラス市では、学校の理科室で使われている、フラスコやビーカーや試薬瓶なども販売されています。

墨田区には、理化学用のガラス製品を作っている会社もあるんですね。

理化学ガラスの特徴は、耐熱ガラスで、薄くても丈夫

花瓶や小物入れとして、使い勝手がいいです。
ナチュラル系のインテリアにも、とっても似合いそうです~♪

すみだガラス市のまとめ

会場には、駐車場がありません。

でも、錦糸町周辺は、比較的駐車料金が安い駐車場がたくさんあるので、私は車で行っています。ガラスは割れ物ですし、安全に持ち帰りたいので…

電車で行って、たっぷり購入する予定なら、丈夫なキャリーバッグ(IKEAのような)や振動の少ないキャリーカートを持って行くのもいいかもしれません。

そうそう、当日持って行くバッグは両手があくリュックタイプか、肩掛けのショルダーバッグが便利です。

ガラス製品を見るときに、ハンドバッグだと、並べられているガラスにぶつけそうになったりして、けっこう危ないんです。

両手があけば、両手でガラスを持って帰ることもできますしね。

ガラス市当日、晴れるといいな~(・´з`・)
すみだガラス市で、お気に入りのガラス器を手に入れましょう~!

最後までお読みいただきありがとうございました◎

スポンサーリンク