革靴が雨に濡れた時の対処法!お手入れ方法とおすすめシューケア用品

雨

こんにちは!ふきよせです。

近年、急なにわか雨やゲリラ豪雨など、思いがけない雨に降られることが増えました。

雨の疑いを持たずに革靴で出かけて、ぐっしょり濡らしてしまったときは、本当に焦りますよね。
気合いの入ったちょっとお高い革靴ですと、なおさらです。涙

革靴が雨で濡れてしまったときに困らないように、対処法とその後のお手入れ方法を知っておきましょう。
私の使っている、雨対策ができるおすすめシューケア用品も、あわせてご紹介します。

スポンサードリンク
  

革靴が雨に濡れたときの対処法

今回お伝えする対処方法は、通常の革靴の場合です。
エナメルやスエードの革の場合は、お手入れ方法が異なりますので、ご注意ください。

用意するもの

  • 雑巾 or タオル
  • 新聞紙 or キッチンペーパー
  • シューキーパー(シューツリー)

① 拭く

帰宅したら、まずは、革靴を上手に乾かしましょう。

中敷きがあれば、外します。

そして、濡れてしまった靴を、雑巾またはタオルでしっかり拭きます。
ごしごしこすると革が傷むので、軽く押さえて水分を移しとるようにしましょう。

革に雨が浸透してしまった部分は、色が濃くなっているはずです。
靴全体が同じように濡れているのでしたら良いのですが、一部が強く濡れていたり、まだらに濡れたりしていると、乾いた後にシミが残ってしまいます。
とくに、茶などの淡色の革靴は、シミが目立ちやすいです。

そんなときは、あえて全体を濡らします

水で濡らした雑巾を使って、色のムラがなくなるように、靴を拭きながら濡らしましょう。
濡らした後は、乾いたタオルで軽く押さえるようにして、水分を拭いてください。

② 乾かす

次に、新聞紙を靴の中に詰めます。

私は新聞紙のインクの色が靴に移るのが怖いので、靴に当たる面がキッチンペーパーになるように、新聞紙をキッチンペーパーで包んで詰めています。

直射日光の当らない、風通しのいい場所で乾かします。

除湿機能があれば、お風呂場でもいいと思います。扇風機の弱い風で空気が流れるようにするのもいいですね。
ただし、ドライヤーは絶対にやめましょう。急な熱で革が傷みます!

③ 整える

新聞紙が水分を吸って(だいたい一晩くらいでしょうか?)、靴が半乾きになったら、シューキーパーを入れます。

革靴は、乾くときに縮み、型崩れを起こしやすいので、シューキーパーで形を保ちながら乾かしましょう
がっつり濡れているときにシューキーパーを入れると、伸びてしまいますから、気をつけてください。

靴を壁にたてかけたり、段差のある場所につま先部分をかけたりして、靴が少し浮くように置くと、靴底も乾きます。

スポンサードリンク

革靴を雨に強くするお手入れ方法

靴がしっかりと乾いたら、これからのためにお手入れをします。

用意するもの

  • 革用クリーム
  • ワックス or 防水スプレー

④ 保湿する

クリームで革を保湿します。

雨で革の油分が失われてしまっています。
クリームでうるおいを与えることで、革のしなやかな強さが戻ってきます。

クリームを塗ると、革がどんどん油分を吸収し、しっとりしてきます。
「これ以上浸み込まないな」という感覚が出てきたら、クリームを塗りこむのをやめて、乾いたやわらかい布で磨くように拭きます。

⑤ 防水対策をする

これだけでも十分なお手入れなのですが、もうひと手間かけてあげると、雨に強い靴に育ちます

革用のワックスを塗って、表面に皮膜を作ります。
コツは、薄く塗るようにすることです。
曲がったりして自然にシワができる部分に、ワックスを厚く塗ってしまうと、革が適度な水分を吸収できなくなってしまい、ひび割れが起きてしまうことも。

防水スプレーをかけておいてもよいでしょう。
必ず天然革用の防水スプレーを選びましょう。
防水スプレーにはシリコン系とフッ素系があり、靴は基本的にフッ素系です。

日頃から防水スプレーをかけていると、汚れもつくにくくなり、急な雨でも安心です。
私は雨に濡れた後はもちろん、週に1回は防水スプレーをかけることを習慣にしています。

革靴の雨対策におすすめのシューケア用品

私の愛用シューケア用品をご紹介します。

いろいろ手を出してみて、やっぱり老舗シューケア製品ブランドの商品が、圧倒的に使いやすいと実感しました。

シューキーパー
革用クリーム
ワックス
防水スプレー

革靴が雨に濡れた時のまとめ

雨で革靴が濡れてしまったら…

  1. まず拭きます
  2. 乾かします
  3. 半乾きの状態で、型崩れを防止します
  4. 完全に乾いたら、保湿します
  5. 油膜などで、防水対策を施します

心配だと思いますが、焦らずに、丁寧に対処してくださいね。

「足元を見られる」とことわざがあるように、靴は、履いている人の印象を左右する、大切な身だしなみです。

お気に入りの革靴は、しっかりお手入れして、雨にも負けない相棒になってもらいましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました◎

スポンサードリンク