肌断食のミネラルファンデーションはレイチェルワイン!色選びのコツ

シェアいただけると嬉しいです

ミネラルファンデーション

こんにちは!ふきよせです。

前回は、私が肌断食をした体験談をご紹介しました。
肌断食とは、肌質を改善するためにスキンケアやメイクをやめることです。

体験談の中で、メイク道具を全て買い替えたこともお伝えしました。
肌断食をやってみた話については、こちら→

中でも、「替えてよかった!」と強く思うのが、ファンデーション。

これから肌断食をしようと考えているのならば、一番はじめに変えて欲しいアイテムです。

今私が使っていて、いち押しなのは、レイチェルワインのミネラルファンデーション。
今回は、このファンデーションを選ぶに至った理由と、購入するときの色選びのコツをご紹介します。

ファンデーション選びの1つの参考になればと思います。

スポンサードリンク
  

肌断食にミネラルファンデーションを選ぶ理由

肌断食に適しているファンデーションは、

  • 石鹸で落とせる
  • 肌に優しい成分

この2点をおさえているものが好ましいです。

なぜなら、肌断食では、クレンジングは純石鹸のみ!

化粧品を選ぶときは、石鹸で洗って落ちるものしか使えません。
また、スキンケアなどもせずに、直接肌にメイクをするので、肌に優しい成分のものを選ばないと、肌荒れをおこしてしまいます。

多くのプレストパウダーファンデーションやリキッドファンデーションは、固めたり液状にしたりするために、合成界面活性剤、紫外線吸収剤、合成色素など、肌に影響を与える成分が含まれています。

それらに比べて、ルース(粉状)ファンデーションは、シンプルな処方の製品が多く、中でもミネラルファンデーションは鉱物を使っていて、わかりやすい処方が魅力です。

レイチェルワインいち押しミネラルファンデーション

ミネラルファンデーションを使うにあたり、有名な4種のミネラルファンデーションを試し比べしました。

大手ブランドと違って、店頭販売をしていないところも多いのですよね~。
でもやっぱり試さなないで現品購入する勇気はないので、トライアルセットやお試しセットをネット注文しました。

その中で、一番納得できたのが、レイチェルワインのミネラルファンデーションです。

レイチェルワインとは?

肌の専門家レイチェルワインさんが、日本人のために開発した国産ミネラル化粧品です。

特徴は↓

  • 防腐剤や界面活性剤など、肌トラブルとなる成分が入っていない
  • 7種類の成分だけで、シンプルな処方
  • 下地がいらず、紫外線を防ぐ
  • 豊富なカラー全12色
  • 粒子が細かく、カバー力がある

使い方は、パウダーを少量出し、ブラシにまんべんなくつけて、ブラシをくるくると動かしてお顔にのせるだけ。すっごく簡単です!

使ってみた感想

「重さがない」

4種類のミネラルファンデーションを使ってみて、全体的に感じたことです。
ファンデーションって、もっとぴったりと肌についていて、ラップをしたような(言い過ぎかな)圧力を感じていたのですけれど、ミネラルファンデーションは、その圧力がないことにびっくりしました。

本当に、石鹸で洗い落せたことも感動でした。
それまで使っていたファンデーションは、水をはじいていましたし、「こんなに簡単に流せるなんてーーー!」と固定概念がくつがえされました。

つけたばかりの粉っぽさが気になったのですが、時間がたつと全くに気にならないことがわかりました。
自分の皮脂?汗?でなじんで定着していく感じです。
朝にメイクをしたときより、午後のほうがワントーン暗くなったような印象がありました。
メイクしたときに、ちょっと白いかも?と思うくらいがいいかもしれません。

4種の中から、なぜレイチェルワインを選んだのかというと、他よりも圧倒的にカバー力があったからです。

10415

とくによかった点

ミネラルファンデーションはカバー力がないという口コミやレビューを読んでいて、その点に関しては、確かに…と思うところがありました。

私は昔からそばかすがあって、そのそばかすがどれだけ隠れるかが、カバー力の目安になっています。苦笑
レイチェルワインのファンデは、一番きれいにそばかすをカバーし、長時間もちました。

スポンサードリンク

私の職場は、ノーメイク厳禁なので、きちんとメイクをしているように見えたという点も、高得点でした。

他の3種は薄付きで、何度もパウダーを重ね塗りしなければなりませんでした。

また、ちょうどよい自然なツヤ感だったのもよかったです。
試した中の1種は、かなりツヤのあるファンデで、光にあたると顔が光っちゃっているような感じで、焦りました。とくに写真映りが…泣
レイチェルワインのファンデはラメ感が強くなく、品がある肌に見えて、一番好みでした。

ファンデーションとは別に、アクセントパウダーというフェースパウダーがあります。
これがすごく優秀で!
Tゾーンなど、ツヤを足したいところにのせることができるんです。
仕事の展示会や、友人の結婚式など、しっかりめのメイクをしたいときに、大活躍します。

  • 肌断食をしても、メイクをしたい
  • 子どもが触っても安心なメイクをしたい
  • 下地や日焼け止めなどをつけず、シンプルメイクにしたい
  • 薄付きのナチュラルメイクより、きちんとメイクがしたい
  • 強いツヤ感より、しっとりした肌が好み
  • ときにはツヤ感が欲しい

そんなふうに思っているあなたには、レイチェルワインをおすすめします。

レイチェルワインの色選びのコツ

ファンデーションを買うときに、一番大切なのが色選び
どんなに良い製品でも、自分に合っていない色だったら意味がありませんものね。

ただでさえ難しいのに、ネットでのお買い物は現品を確かめられないので、不安がありますよね。

だからこそ、現品購入の前に絶対に試してもらいたいのが、お試しセット。
レイチェルワインでは、トライアルセットが用意されています。

トライアルセットの中身
  • お試しサイズのミネラルファンデーション2色
  • アクセントパウダー
  • ブラシ

レイチェルワインのファンデーションの色は12色ありますが、トライアルセットでは2色を試すことができます。正確には、7組から1つを選びます。

  1. 明るい肌色(シフォン・シャンパン)
  2. ピンク系の自然な肌色(ピーチ・ナチュラル)
  3. イエロー系の自然な肌色(シフォン・ブロンディ)
  4. 自然な肌色(ブロッサム・オパール)
  5. 標準的な肌色(ベージュ・ヌーディ)
  6. 標準的な中間色(オパール・メイプル)
  7. 健康的な肌色(ウォーム・ロゼ)

…といわれても、どうやって選んだらいいか。苦笑
よく、「首筋の色に合わせましょう」と言われますけど、合わせられないですよねぇ…

昔、BAさんから教わったファンデの選び方があります。

ファンデーションの色は、肌の明るさと肌の色味(イエロー系orピンク系)の掛け合わせで決まります。

まず、自分の肌の明るさからファンデーションの明るさを決めます。

このときに、客観的になることが大切です。友達に「私って色白?色黒?」と聞いてみるといいです。「ふつう」「ちょっと白い」などと教えてもらいましょう。
季節によっても変わりますから、臨機応変に。

  • 色白さんなら、明るい
  • ふつうなら、標準
  • 色黒さんなら、健康的

次に、なりたい肌でファンデーションの色味を決めます。

自分がイエロー系かピンク系かわかっているのなら、それでもいいのですが、ファンデは肌の色を補正する化粧品でもあります。
どんな肌に見せたいのか」に焦点を当てて選ぶといいと教わりました。

  • 血色をよく見せたいのなら、ピンク系
  • 自然に見せたいのなら、オークル系
  • 肌の赤みが気になるのなら、イエロー系

私は少し明るめの肌で、自然に見せたかったので、自然な肌色(ブロッサム・オパール)を選びました。
2色を混ぜて使うこともできて、かなり思った通りの色を選ぶことができました。
レイチェルワイン公式トライアルセット申込サイトは、こちら→

ミネラルファンデーションのまとめ

メイクの相性や色は、人によって全く違いますから、現品購入の前にお試しすることを強くおすすめします。

ミネラルファンデーションは、皮脂と合わさることで、定着力がでます。
乾燥している冬より、夏のほうが、本来の使い心地がわかりやすく、相性のよいファンデを選びやすいのでは?と思います。

肌断食も夏のほうが乾燥しにくいですし、気になっているのでしたら、ぜひこの夏に挑戦してみてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました◎

スポンサードリンク