中秋の名月が満月とは限らない?お月見をする十五夜と十三夜とは?

お月見

こんにちは!ふきよせです。

先日、社内で中秋の名月について話題になりました。

「中秋の名月ってキレイですけど、満月じゃないんですよね~」と後輩。
「え!?満月のことでしょ」と先輩。

私はなんとなく満月のイメージがあったのですが、本当に満月だったのか?といわれると、自信がない…汗

そもそも、中秋の名月とはなんなのか?
中秋の名月=十五夜だと思っていたけれど、なんで十五夜というのか?

よくわからなくなってしまったので、調べてみました。

スポンサードリンク
  

中秋の名月は十五夜のこと?

十五夜とは

十五夜とは、旧暦15日~16日にかけての夜を意味します。

旧暦とは、明治時代まで日本で使われていた、月の周期にもとづいた暦です。
(ご存知かもしれませんが、念のため…)

十五夜そのものは、毎月1回あるということになります。

中秋の名月とは

旧暦において、秋というと7月・8月・9月のことでした。
ですから、この3か月の真ん中の日、つまり8月15日を中秋と呼んだのです。

つまり、中秋の名月=旧暦8月15日の月ということになります。

ちょっとややこしいのですが、仲秋という漢字で書く場合があります。

旧暦7月を初秋、旧暦8月を仲秋、旧暦9月を晩秋と呼んでいました。
なので、仲秋の名月といったら、旧暦8月すべての月という意味になります。

音が同じなので、わかりにくいですね^^;

中秋の名月が満月とは限らない?

現在の暦と旧暦は、1か月~2か月くらいズレがあります。

旧暦8月15日は、新暦にすると9月中旬~10月中旬にやってきます。
しかし、2014年は9/8と早く、話題になりました。

2017年の中秋の名月は、10/4(水)です。

実は、中秋の名月は満月とは限らないのです!

理由は2つ。

  1. 満月は、太陽と地球と月が一直線に並んだときに、地球から見える月の状態のことです。

    月と地球の公転軌道から、新月から満月までにかかる日数は14日間~16日間。
    一定ではありません。

  2. 満月になる時間が昼間で、夜には少し欠けて見えることもあります。

もちろん、運よく満月のときもあります。

最近で、中秋の名月が満月になったのは、2013年。
これからしばらく、中秋と満月が重なることは、なさそうです。

スポンサードリンク

お月見は十五夜と十三夜?

お月見をするのは、中秋の名月(十五夜)と十三夜といわれています。

十五夜と十三夜それぞれの特徴と違いです↓

十五夜

お月見の風習は、平安時代に中国から伝わりました。

お月見は、日本だけではなく、中国・香港・台湾・ベトナム・韓国と、アジア圏で現在でも行われている風習です。
有名な中国のお菓子、月餅は、お月見にまつわるお菓子なのだとか!

日本では、お月見は収穫を祝う目的がありました。
その時期に収穫された里芋などをお供えしたことから、十五夜の月のことを芋名月と呼ばれることもありました。

現代では、月が見える場所にお供えを置いて、月を眺める行事として定着しています。
お月見のお供えの種類については、こちら→

十三夜

十三夜は、日本独自の風習で、旧暦9月13日~14日にかけての夜のことです。
十五夜より後なので、後(のち)の月と呼ばれます。

2017年の十三夜は、11/1(水)です。

その時期に収穫された大豆や栗などをお供えしたことから、十三夜の月のことを豆名月(まめめいげつ)、栗名月(くりめいげつ)と呼ばれることもありました。

さらに、十日夜もあるのだとか!

十日夜は、旧暦10月10日~11日の夜ことです。
三回目の名月なので、三の月と呼ばれます。

この月は、その年の収穫の終わりを告げたとか…
人々は、月を見ながら天の恵みに感謝したのでしょうね。

中秋の名月のまとめ

簡単にまとめますね

  • 中秋の名月=旧暦8月15日の月
  • 中秋の名月は満月とは限らない
  • お月見をするのは、十五夜、十三夜、十日夜
    十五夜≒中秋の名月=芋名月
    十三夜=後の月=豆名月、栗名月
    十日夜=三の月

調べてみて、やっとスッキリしましたw

日本には、旧暦の文化と、1つのことをいろいろな呼び方で呼ぶ文化があるので、
すんなり理解するのはなかなか難しいですね。

でも、月を見ては感謝をするという風習は、とってもすてきだと思います。

秋の美しいお月さま、ぜひじっくりと眺めてみてくださいね^^

最後までお読みいただきありがとうございました◎

関連お月見ができるイベントへ行ってみてはいかが?↓
・お月見イベント6選東京都内の伝統的なお月見と近代的なお月見
スポンサードリンク