ひな祭りのお菓子ひなあられの意味。簡単レシピと上手な飾り方

シェアいただけると嬉しいです

ひな祭り

こんにちは!ふきよせです。

ひな祭りの日に、ママ友と集まったり、お嬢さんがお友達をお家に呼んだりして、ひな祭りパーティーが行われることはよくありますよね。いくつになっても、女の子同士の集まりは楽しい物です。

おやつのお菓子はお決まりですか?
もちろんデザートやケーキでもよいのですが、せっかくの日本のお祝いですし、昔ながらのひな祭りの定番お菓子、ひなあられにしてみてはいかがでしょうか。

ひなあられを食べる意味と、ご家庭でも簡単にできるレシピをご紹介します。ちょっとした飾り方のコツもお伝えしますね。

スポンサードリンク
  

ひな祭りにひなあられを食べる意味

ひなあられの歴史は古く、平安時代に、宮廷の女性たちによる「ひいな遊び」という人形遊びがあったと記録されています。
「雛の国見せ」といって、雛人形を外に持って出かけ、お雛様に景色を見せてあげることもあったとか。そのときに、菱餅を砕いて作ったあられを持って出かけたとされています。
お人形とおやつをもって、春の野にピクニックに出かける感じですね。ほほえましいです。
ひな祭りの菱餅については、こちら→
ひな祭りの桃の花の飾り方については、こちら→

ひなあられは、ほしいい(もち米を炊いたり蒸したりした後に、十分に乾燥させたもの)や豆を炒って膨らまし、味をつけた、和菓子の一種です。

関西では、もち米を使って直径1cmくらいのあられにし、醤油・海老・青海苔などさまざまな味をつけたものが主流です。
関西老舗のひなあられは、こちら↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

とよす ひなあられ
価格:238円(税込、送料別) (2017/2/18時点)

とよすさんのひなあられは、五行説の五色(火=赤色、土=黄色、金=白色、水=黒色、木=緑色)をもとにした5種の味に、子供の好きなチョコレート味を加えた6種の味となっています。

関東では、うるち米をそのまま膨らませて、砂糖をまぶして甘味をつけたものが主流です。
関東老舗のひなあられは、こちら↓

色は、あられを直接着色しているものと、色つきの砂糖をあられにかけているものがあります。
ひなあられの色、「桃・緑・黄・白」の4色は、それぞれ「春・夏・秋・冬」の四季をあらわしているそう。一年を通してお嬢さんの幸せを願っているのですね。

ひな祭りに作るひなあられ簡単レシピ

作ってみると、思いのほか、簡単においしくできます。
おうちで作るのならば、揚げて冷ましたくらいの、できたてがおいしいです。時間があまりなければ前日の夜か、当日の朝に作っておきましょう。

ひなあられ
用意するもの:もち米200g、粉砂糖 大さじ4、食紅赤・黄・緑 本当に少量ずつ、ポリ袋4枚

桃・緑・黄・白の4色を一色ずつ作ります。
各色はもち米50gです。

〈あられの作り方〉
① 揚げ油を170~200℃に熱します。
 焦がさないように、火の加減に気を付けてください。
② もち米を洗わずにそのまま油に入れます。
 均等に火を通りやすくするために、少量ずつにわけて揚げます。
③ ポップコーンのように弾けたら、すぐにキッチンペーパーの上に取りだし、粗熱を取ります。

〈色のつけ方〉
④ 4枚のポリ袋に、粉砂糖を各大さじ1ずつ入れます。
⑤ 3つの袋には、食紅を小さじ1/3くらいの少量を入れます。
 少量であればあるほど、パステル色のような淡い色になります。
⑥ 各袋に③であげたあられを1/4ずつ入れ、袋をシャカシャカ振って色をつけます。

食紅は濡れた手で触ると落ちやすいので、気をつけてください。

もち米を使わずに、切り餅で作ることもできます。
切り餅の分量は、1色分1.5個で、合計6個です。切り餅を約5mm角の小さな賽の目に切って、揚げてください。
賽の目に切った餅は、よく乾燥させ水分をとばしてからあげると、きれいに揚がります。

熱い工程は大人しかできませんが、色づけならば子供と一緒に作業をしてもいいですね。

スポンサードリンク

ひな祭りにぴったりなひなあられの飾り方

せっかくひなあられを用意したのならば、雛人形にお供えしたり、ひな壇に飾ったりしたいですよね。

おすすめする飾り方は、折り紙を使う方法です。
豆皿などの平らのお皿に、折り紙で作った箱をのせ、折り紙の箱の中にひなあられを入れます。

実はこの折り紙の箱、かわいいうえに実用的なのです。

あられは油分があるので、余分な油を紙が吸いとってくれます。
また、あられのぽろぽろしたかけらや、取れてしまった着色パウダーなどが飛び散らず、箱の中にたまるので、雛かざりを汚さず、後片付けも楽ちんです!

飾るだけではなく、みんなの分を取り分けるときに使うのも便利です。

お子さんでも作れる簡単な折り紙の箱をご紹介しますね。
それぞれの作り方のページへリンクしています↓

かしばこ→ / はこ1→ / はこ2→ / かざりばこ→ / さんぽう→

私がよく作るのは、かしばことかざりばこです。

紙のサイズを変えれば、いろいろな大きさに対応できますし、紙の柄を変えれば、印象をがらりと変えることができます。
普通の折り紙はもちろん、和紙やポップな色紙などを使って、ご自宅のお雛様のイメージに合わせて、紙を選んでみてください。

ひなあられのまとめ

以前、私が一目ぼれしてしまったひなあられが、こちら↓↓

和菓子の老舗、赤坂の青野さんと、漆器の老舗、山田漆器店の季節限定のコラボです。

たまにコラボやるんですよ、この2店…
おいしいうえに、上質。文句の言いようがありません。コラボ商品をコンプリートしたい衝動に駆られます。

漆器は、雛飾りに一緒に飾ったり、お客様にお菓子をお出しするときに使ったりしています。何件か、お祝いにも使わせてもらって、とても喜んでいただけました。気になる方はお早めに。

大人になった今でも、ひなあられを少しずつ食べる様子や、食べたときの軽い食感を、楽しく感じます。
ひなあられ片手に、おしゃべりもはずむことでしょう。楽しいひな祭りをお過ごしください。

最後までお読みいただきありがとうございました◎

スポンサードリンク