ひな祭りに甘酒を飲む理由。アルコールは入ってる?子供は飲めるの?

甘酒

こんにちは!ふきよせです。

ひな祭りの定番の飲み物、甘酒。
甘酒は、ふんわりとした独特の香りと、ちょっとざらっとした食感で、特別な飲み物のように感じられます。

「子供の節句なのにお酒?」「アルコールは入ってないの?」
心配になって、甘酒を用意するのを、ためらってしまいますよね。

ひな祭りと甘酒の関係と、甘酒のアルコールについて、調べてみました。ひな祭りに甘酒をご検討の場合は、しっかり確認しておきましょう。

スポンサードリンク
  

ひな祭りに甘酒を飲む理由

甘酒は、白濁した日本の伝統的な甘味飲料の一種です。

日本では、節句などの行事のときに「お清め」や「おはらい」として、お酒を飲む習慣があります。
ひな祭りの桃の節句では、甘酒ではなく、白酒を飲んでいたとされています。

白酒とは、みりんをもとに、蒸した餅米と米麹を入れて数カ月寝かせ、できたもろみを臼でひいて作られます。分類は酒類リキュールです。
1596年創業の豊島屋(としまや)本店の創業者、豊島屋十右衛門(じゅうえもん)が考案したと伝えられています。紙びなさまが夢枕に立って、白酒の作り方を伝授してくださったとのこと!
江戸時代に、大変話題になったそうです。

白酒は、中国のお酒・桃香酒(とうかしゅ)の代わりに飲まれたという説があります。
桃香酒とは、桃の花を清酒に浸したお酒で、桃の香りがするお酒です。桃は邪気を払うとされ、百歳(ももとせ)まで生きるという長寿を意味します。

白酒はアルコールがしっかり含まれているお酒のため、子供は飲めません。子供でも飲めるように、甘酒を用意するようになったとされます。

厄払いと長寿を願って飲まれていた桃香酒が白酒へと変わり、白酒が甘酒に変わったということです。
そういえば、お雛様とお内裏様の間に、三方(台)の上に瓶子(お酒の入れ物)が2つあって、桃の枝が挿してありますね!

甘酒にアルコールは入ってるの?

先ほど、子供でも飲めるように甘酒が用意されたとお伝えしましたが、甘酒にはアルコールの含まれるものと、含まれないものが存在します。

甘酒には、酒粕(さけかす) から作られる甘酒と、お米と米麹(こめこうじ) から作られる甘酒の2種類があります。

子供の飲むことができる甘酒は、米麹から作られる甘酒です。

酒粕から作られる甘酒は、原料である酒粕にアルコール分が含まれているため、完成した甘酒にも微量のアルコールが残ります。
アルコール分が1%未満であれば、アルコール飲料ではなくソフトドリンクと分類され、未成年者でも飲むことができます。ただし、アルコールに弱い子供が飲むと、酔ってしまうことがあります。

お米と米麹から作られる甘酒は、お米のお粥に米麹を混ぜて、発酵させます。酵母のはたらきにより、お米のでんぷんが糖化して、とろみと甘みがでてきます。



酒粕から作られる甘酒     アルコール(1%未満)を含む
お米と米麹から作られる甘酒  ノンアルコール

ひな祭りで甘酒を用意するときは、酒粕と米麹どちらから作られたものなのか、しっかり確認するようにしましょう。

スポンサードリンク

ひな祭りで子供も飲める甘酒

江戸時代には、夏バテ予防に栄養ドリンク感覚で飲まれていた甘酒。滋養のある伝統的な飲み物ならば、ひな祭りでぜひ飲んでおきたいですよね。

おすすめできる、おいしい米麹由来の甘酒を3種ご紹介します。

酵母のプロ・老舗酒造メーカーが作る本格的かつ、きちんとノンアルコールの甘酒です!お子様からお年寄りまで、ご家族みんなでお楽しみいただけますよ。

越の誉 酒蔵造り あまさけ
新潟/1814年(文化11年)創業

※ケース売りです!ご注意ください。

新潟県柏崎の契約栽培米を100%使用。
後味がすっきりしています。

信濃錦 純正あま酒
長野/1911年(明治44年)創業

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【限定】 信濃錦 純正あま酒 ひなまつりラベル (箱なし) 750ml
価格:799円(税込、送料別) (2017/2/20時点)

糖類、食塩、保存料などは一切不使用。有機肥料減農薬の契約栽培米「美山錦」を使用。
お米の粒がそのまま残る甘酒で、濃厚です。ひなまつりラベルは、桃の節句のシーズンのみの限定仕様です。

五橋 玄米甘酒
山口/1871年(明治4年)創業

※ケース売りです!ご注意ください。

糖類、食塩、保存料などは一切不使用。山口県神社庁で保管されている種籾から育てた、契約栽培米「イセヒカリ」を使用。
胚芽の食感も感じることができ、芳ばしさがあります。

ひな祭りの甘酒のまとめ

小さい頃に飲んだ甘酒は、うまく説明できない、ふしぎな味で。
甘酒はお酒とのことで、小さなお猪口に注いでもらって飲みました。ちょっと大人になったような、特別なものを口にしたような、少しドキドキした思い出があります。

実際、甘酒は「飲む点滴」といわれるくらい、美容と健康にいいようですし、女の子の節句ひな祭りにはぴったりの飲み物ですね。

お子さんと一緒に、おいしい甘酒でひな祭りの祝杯をあげてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました◎

スポンサードリンク