バラの名所関東のおすすめスポット5選!見頃の時期と色別の花言葉

バラ園

こんにちは!ふきよせです。

「お花が咲きほこる絶景を見たい!」

それなら、バラ園はいかが?

バラは多くの女性が大好きな花。
恋人同士はもちろん、お母さんやお祖母ちゃんと一緒のお出かけにもおすすめです。

関東周辺で、あたり一面に広がるバラを見ることができる名所を、5か所ご紹介します。

週末のお出かけや行楽に、参考していただければと思います。

スポンサードリンク
  

バラの名所 関東のおすすめ7選

バラは、世界中で古くから愛されている花で、たくさんの品種が改良栽培されています。
なんと、古代ローマの時代から、好まれていたのだとか!

やっぱり人気の理由は、その香り。

みずみずしく甘い香りの成分には、美容効果や鎮静効果があると注目されています。
女性にはうれしいお花ですね~( *´艸`)

バラが群生するバラ園では、新鮮なバラの香りをたっぷりと思う存分満喫することができます。

ということで、数あるバラ園の中から、広い敷地面積を保有するスポットをご紹介します^^

旧古河庭園

旧古河庭園は、もとは明治の元勲・陸奥宗光の邸宅でした。
同じ敷地内に洋風庭園と日本庭園があります。

洋館と西洋庭園は、有名な建築家ジョサイア・コンドル氏によって、大正時代に造られたもの。
歴史的にも、一見の価値があります。

「ここはヨーロッパ?」と思ってしまうくらい、絵画のような美しい風景が広がります。

売店で売っているバラアイス、おいしいです!
1個250円なり。

そうそう、2018年は、記念すべき旧古河庭園の100周年記念の年なんです。

1年をとおして、イベントが企画されています。
4/7はオープニングフェスティバルが開催される予定で、先着300名に記念品が配られます。

開花時期 5月中旬~6月下旬、10月中旬~11月下旬
イベント開催時期 春のバラフェスティバル 2018年5/5(土)~31(木)
夜のライトアップ 2018年5/11(金)~20(日)
秋のバラフェスティバル 2017年10/7(土)~22(日)
住所 東京都北区西ヶ原1-27-39
TEL 03-3910-0394
入園料 一般150円
65歳以上70円
小学生以下及び都内在住在学の中学生は無料
駐車料金 駐車場はありません

旧古河庭園公式ウェブサイトは、こちら→

神代植物公園

もともとは、東京の街路樹などを育てるための苗圃だった場所で、戦後公開されました。
都内最大規模の広々としたバラ園で、色とりどりのバラを一望できます。

バラ以外にもたくさんの植物が栽培されていて、その数なんと4800種類!
バラだけでも約400品種5200株が栽培されています!!

おすすめは、バラフェスタの期間の早朝開園。
バラの香りは、朝が最良なんですって~( *´艸`)

見頃時期 5月下旬、10月中旬
イベント開催時期 春のバラフェスタ 2018年5/8(火)~31(木)
秋のバラフェスタ 2017年10/10(土)~11/1(日)
住所 東京都調布市深大寺元町5-31-10
TEL 042-483-2300
入園料 一般500円
65歳以上250円
中学生200円
小学生以下及び都内在住在学の中学生は無料
駐車料金 1時間まで300円
以後30分毎に100円

神代植物公園公式ウェブサイトは、こちら→

谷津バラ園

渡り鳥の飛来地としても有名な、谷津干潟のすぐ隣にあるバラ園です。
約12600㎡の敷地に、800品種7,500株のバラが広がります。

噴水を囲むサークル状のお庭、バラのトンネル。
「これぞバラ園!」と喜びたくなる庭園が、造られています。

各国の皇室や、王室に植えられているバラのコーナーも!
ついつい高貴なバラに魅入ってしまいます。

開花時期 5月中旬~6月下旬、10月中旬~11月下旬
住所 千葉県習志野市谷津3-1-14
TEL 047-453-3772
入園料 5~6月および10~11月
高校生以上550円、65歳以上250円、小中学生無料
※季節によって入園料が変動します
駐車料金 推奨されていません

谷津バラ園公式ウェブサイトは、こちら→

京成バラ園

約30000㎡もの敷地に、1600品種10000株のバラが広がります。

1959年設立された歴史あるバラ園で、世界のバラのコンクールで数々の賞を納めたバラも多数植えられています。

豪華な庭園は、ファッション誌野撮影などでも使われていて、イベントには有名人ゲストも!

ローズショップで販売されている、京成バラ園オリジナルのフレグランスは、本当のバラを贅沢に使っている商品で、品評会でも賞をたくさん受賞しています。
バラの香り好きなら、ぜひ手に入れてください。

開花時期 5月中旬~6月上旬、10月中旬~11月上旬
イベント開催時期 ローズフェスティバル 2018年5/11(金)~6/17(日)
オータムフェア 2017年10/7(土)~11/12(日)
住所 千葉県八千代市大和田新田755
TEL 047-459-0106
入園料 5~6月および10~11月
高校生以上1200円、65歳以上900円、小中学生200円
※季節によって入園料が変動します
駐車料金 無料(700台)

京成バラ園公式ウェブサイトは、こちら→

港の見える丘公園

横浜港、横浜ベイブリッジを見下ろすことができる、絶好のスポットです。

約57765㎡もの敷地に、300品種2200株のバラが植えられています。

公園のある地域は、開港当時に外国人居留地で、イギリス軍とフランス軍が駐屯していた場所。

バラは、イギリスの総領事官邸前やフランス領事館跡地などに植えられていて、ヨーロッパさながらの美しい庭を楽しむことができます。

横浜の山手といったら、高級住宅街でもあります。
近くの山手資料館も雰囲気があって、おすすめです。

開花時期 5月中旬~6月中旬、10月中旬~11月中旬
住所 神奈川県横浜市中区山手町114
TEL 045-671-3648
入園料 無料
駐車料金 30分250円(平日)
 30分300円(土・日・祝日)

港の見える丘公園公式ウェブサイトは、こちら→

スポンサードリンク

関東のバラの見頃

関東のバラは、5月上旬から咲きはじめます。
お店に並ぶバラの最盛期は、6月です。

バラには、春だけに花を咲かせる一季咲きのバラ、春夏秋に花を咲かせる四季咲きのバラがあります。

四季咲きのバラなら、夏の間も花は咲きますが、2番花になるのでサイズが小さくなりがち。
秋に大きな花が咲くように、夏の間に剪定をするバラ園も少なくありません。

なので、バラ園のバラの見頃は、春は5月下旬~6月中旬、秋は10月下旬~11月上旬になります。

1番花を咲かせる春のバラは、サイズが大きく、色も鮮やか。
秋のバラは、色味が濃くなる品種もあって、アンティークっぽい雰囲気があります。

つるバラは一季咲きがほとんどなので、秋には楽しめない可能性が高いです。
バラのアーチを体験したかったら、春に行くことをおすすめします。

私は、こぼれるように咲く、パワフルで華やかなバラ園が大好きなので、春派です(・´з`・)

薔薇の花言葉は色によって違う!

花を眺めながらの話しのネタになりそうな、花言葉もご紹介しておきます。

バラの花言葉って、色によって違うんです!
花言葉に詳しい人からバラをもらったら、とっても意味深ですよ~

バラ全体としての花言葉は、「愛」「美」です。
うん、そんな気がする^^

色別では…

赤・・・・・「あなたを愛しています」「情熱」「愛情」
白・・・・・「純潔」「清純」「私はあなたにふさわしい」
ピンク・・・「上品」「おしとやか」「愛の誓い」
黄・・・・・「平和」「友情」「愛の告白」
オレンジ・・「無邪気」「絆」「信頼」
青・・・・・「奇跡」「神の祝福」「夢かなう」
紫・・・・・「気品」「尊敬」「誇り」
黒・・・・・「永遠の愛」「あなたは私のもの」

さすが、愛の告白にも使われる花だけあって、愛情にまつわる言葉ばかりですね。
色が濃いほど、重みを感じます^^;

バラの関東の名所のまとめ

バラの香りがただよう庭を歩いていると、すっきりと心が癒されます。
とくに、晴れた日の午前中は、花びらがみずみずしくて、美しいですよ~

古くから王族貴族が、こぞってバラを愛していた理由がわかるような気がしますw

ぜひ立派なバラ園を体験しに、お出かけしてみてください^^

最後までお読みいただきありがとうございました◎

スポンサードリンク