おいしい梨の選び方。食べごろ鮮度甘さがわかる見分け方とは?

梨

こんにちは!ふきよせです。

梨のおいしい季節になりました。
旬のうちに、たっぷり食べておきたいですね~

ところで、おいしい梨の選び方をご存知ですか?

「おいしそう!」と思って買ったのに、食べみたら全然甘くなかったり、中がスカスカだったり…
すごく残念な気分になることも。

今回は、おいしい梨の選び方をご紹介します。
チェックするポイントをおさえておけば、甘くてジューシーな梨に出会える確率が上がりますよ!

梨狩りで選ぶとき、スーパーで選ぶとき、迷わずおいしい梨を選べるように、確認しておきましょう。

スポンサードリンク
  

簡単な梨の食べごろの見分け方

手元にある梨が食べごろなのかどうかを見極める、1番てっとり早い方法は、
梨の品種と、表面の色で判断する方法です。

品種がわかれば、その梨が熟している色なのかどうかがわかります。

まず、梨の種類を調べましょう。
梨狩りでしたら農園の方に、お店だったらお店の方に聞きましょう。

日本の梨(和梨といいます)には、赤梨と青梨があります。

赤梨
特徴:みずみずしくて果汁たっぷり。甘みが強い。
品種:幸水、豊水、あきづき、新高、秋栄、王秋、新興、あたご、南水、新甘水、秋甘泉

青梨
特徴:シャリシャリとした食感。さわやかでさっぱりした味。
品種:二十世紀、かおり、なつひめ、あきひめ、菊水


赤梨も青梨も、甘味が増して食べごろになると、皮の色が変化してきます

赤梨・・・黄色→赤みがかった褐色
青梨・・・黄緑色→黄色

甘いかどうかは別として、梨の表面が熟した色をしていれば、食べごろです。

新高だけは、ちょっと注意。
赤みが出るころには熟しすぎていることが多いので、黄色っぽいほうがいいです。

梨が甘い条件と選び方

見ためで判断する

はじめに、傷んでいないかどうか、確認しましょう。
ふっくらとしていて、ハリのあるものがいいですね。

見ためでチェックするべきポイントは2点。
形と大きさです。

形で、甘さがわかります。

梨はおしり(枝についていない方)に甘味がたまります。

ですから、コロンとした高さのあるまん丸の梨よりも、少し横に平べったくなっている扁平(へんぺい)の梨のほうが、甘みが多く感じられます

大きさ
大きさで味の濃さがわかります。

品種によって大きさの違いがありますが、同じ品種で大きさが違うのなら、大きい方を選びましょう。

「大きいと味が薄い」「大味になる」と思われがちですが、梨に関しては大きいほうが、味が濃くておいしいです。

触って判断する

もし梨を触ることができるのなら、触ってみると、より梨のことがわかります。

ぎゅって押すと傷んでしまうので、そっと触るように注意してくださいね。

手で触って確認するチェックポイントは3点。
手触り、重さ、固さです。

手触り
手触りで、鮮度と水分量がわかります。

梨の皮の表面には、ザラザラがあります。
このザラザラ、水分を閉じ込めるコルク栓のような役割があります。

梨が熟してくると、表面のざらざらは減っていき、ツルツルになってきます。

ですから、ザラザラが強いほど未熟で、水分量があることをあらわしています。

重さ
重さで、水分量がわかります。

梨はほとんどが水分なので、重いものほど、実がしっかり詰まっていてジューシーです。

軽いものは、中がスカスカの可能性があります。

ずっしりと重みを感じる梨を選びましょう。

固さ
固さで、鮮度がわかります。

鮮度が高い、つまり採れたてのおいしい梨ほど、固さがあります

柔らかい梨は、熟しているというよりも、古くて傷み始めている可能性があります。

実がしまっている、固い梨を選びましょう。

スポンサードリンク

おいしい梨の選び方

和梨は追熟(収穫してから時間がたつほど甘くなること)しない果物なので、できるだけ熟すギリギリまで枝についているものほど、甘くておいしいです。

梨狩りでの選び方

梨狩りに行ったときには、見ためや手触りで、食べごろの梨を見極めて、収穫しましょう。

色が変わっていて、適度なザラつきになっている梨がおすすめです。

直売所で購入するときは、すぐに食べるのなら表面がつるっとした梨を、贈り物などで贈るのなら、ざらつきのある梨を選びましょう。

だいたいの農家さんは、ちゃんと分けてくれていると思います。

ビニールに入っているお持ち帰り用はすぐにでも食べるべき熟した梨、箱入りの贈答用は少し日持ちする梨になっています。

小売店での選び方

スーパーなどで購入するときは、ちょっと注意が必要です。

農家直売コーナーならば安心ですが、そうではない場合、流通期間の日持ちのために、糖度が増す前に収穫している(青狩りといいます)ことがあります。

ですから、甘みの少ない梨に当たる可能性が多くなります

梨は追熟しないことから、手に入ったときが食べごろです。
甘みが少ないからと、しばらく置いておいたとしても、甘みが増すことはなく、水分が減っていくだけです。

できるだけおいしい梨を選ぶコツは2つ。

糖度表示を確認する
大手スーパーなどは、糖度を計って表示してくれています。

その糖度の度数を目安に購入すれば、はずれることはありません。

安すぎるものは警戒する
基本的に、日本ではお値段とおいしさは比例する傾向があります。

特別高価なものが絶品かというと、そうでもないかもしれませんが、明らかに価格の低いものは、鮮度やおいしさに難ありと思って、警戒したほうがいいかもしれません。

甘くない梨に当たってしまったら

残念なことに甘くない梨に当たってしまったら、糖分をたして作る料理やお菓子に使って食べましょう。
栄養たっぷりの梨を捨ててしまうのはもったいないです。

砂糖をたして煮詰めるジャムやコンポートにすれば、料理の幅も広がって、使いやすいですよ。
梨ジャム、コンポートの作り方は、こちら→

工夫して上手に食べきってくださいね。

梨の選び方のまとめ

先日、今年初の梨狩りに行ってきました♪

「これは今食べる用、こっちはお土産用…」と梨をよりわけていたら、一緒に行った友達に「何が違うの?」と聞かれて。
梨の選び方について書こうと思いたったんですw

あと、これは真相は定かではないのですけれど。

梨狩りのときは、梨のついている枝(芯)がしっかりしているものを選んでいます。
なんか、しっかり栄養が流れてきているような気がするんですよね 笑

梨って、なかなか難しくて、意識しないで選ぶと失敗することもあります。

あなたもいろいろな梨を食べ比べて、ぜひ見極められるようになってくださいね^^

最後までお読みいただきありがとうございました◎

スポンサードリンク