花火大会の持ち物便利な物と浴衣の時の必需品【DL可】持ち物リスト有

花火

こんにちは!ふきよせです。

夏のイベントといったら、花火大会!
とくに、デートで花火を見に行くとなると、ぬかりなく準備したいところです。

花火大会当日は混雑で、ちょっと必要なものを買いたくても、コンビニの長蛇の列に並ばなければいけなかったり、思うように動けなかったり。

テンションを下げないためにも、必要な物をしっかり準備しておきましょう!

花火を河川敷や自由観覧席など、有料席以外で見るときの持ち物をご紹介します。
浴衣でお出かけのときに、あると便利な物と使い方もお伝えしますね。

チェックリストも作ってみましたので、よかったらご利用ください。

スポンサードリンク
  

花火大会の持ち物

必要な物

絶対に必要な物は、衛生面と混雑回避に関わる物ですね。
それぞれ具体的にみていきましょう。

敷物・レジャーシート
花火大会は混んでいるので、人数分の小さめの敷物がおすすめ。
もし大きすぎたら、畳んで小さくして使いましょう。

現金・小銭
屋台でちょっと買い物をするにも、コンビニで買い物をするにも、大きなお札は嫌がられます。「おつりがない」と言われることも。
小銭を多めに持っていると、買い物をするときにスムーズです。
帰りの切符・共通乗車カードのチャージ
もし電車で花火大会の会場へ向かうのなら、会場最寄り駅に着いた時点で、帰りの切符を購入するか、共通乗車カード(SUICA・PASMOなど)に帰りの運賃をチャージしておきましょう。

花火大会が終わった後の駅は、改札を通るのも並ぶほど、混雑する場合があります。

タオル・ハンカチ
手を洗った後に手を拭くはもちろん、汗を拭くのに絶対必要です。
ティッシュ・ウエットティッシュ
トイレではトイレットペーパーがなくなることがあります。
また、食べ物を食べる前や汚れたときに、すぐに手を洗えません。屋台の食べ物は、トレーにソースがついていたりしますしね^^;
衛生を保つための必需品です。
飲み物
暑いと脱水症状をおこしかねません。こまめに水分補給をしましょう。
うちわ・扇子
暑さを和らげるのには、あおぐ物を。
じっと暑さをこらえているとイライラしてしまうことも…あおげは気がまぎれます。

便利な物

あると便利な物は、より快適に過ごすための物です。
場所取りのために、花火の打ち上げ開始時間より早い時間から会場に向かうのなら、持って行ったほうがいいと思われます。

クッション
ずっと座っていると、おしりが痛くなってしまいますよね。

私は以前、折りたたみイスを持って行っていたのですが。
折りたたみイスに座っている人と、その後ろの人たちが、「花火が見えにくい」とトラブルになっている現場を目撃して…
それ以来、持っていくのをやめました。汗

今使っているのは、空気で膨らまして使うクッション
軽くて持ち運びが楽です。

レインコート
夏場に困るのが夕立。
最近はゲリラ豪雨もあって、雨対策は欠かせません。

傘をさすと他の人に傘が刺さってしまうほど、混雑している場合もありますから、傘よりもすっぽり羽織れるレインコートやレインポンチョをおすすめします。

日焼け止め
夕方から出かけるならまだしも、真夏の午後の日射しは厳しいです。
のちのち痛い思いをしないように、しっかり対策をしましょう。
私の使っている日焼け止めについては、こちら→
虫除け対策グッズ
河川敷や公園だと、蚊がいます。
かゆみが気になって、花火に集中できなくなったら困ります。

また、ここ数年は蚊を媒体にした感染症も流行っていますから、虫よけ対策は必ずしましょう。
会場でスプレーを使う時は、周りの人への配慮を忘れずに☆
私の使っている虫よけスプレーについては、こちら→

ビニール袋
花火観覧中のマイゴミ袋としてビニール袋を持っていると、ゴミが風で散らかったりせずに便利です。
スポンサードリンク

花火大会の持ち物浴衣の時の必需品

絆創膏・テーピング
下駄で歩くのに慣れていないと、親指と人差し指の間の皮がむけて、痛くなってしまうことも。
応急処置のために、持っていくと安心です。
クリップ
浴衣に限らず、和装のときは1つクリップ(大サイズ)があると便利です。
トイレのとき、浴衣と裾除け(和装スリップも可)の裾を胸の高さまでめくって、帯に裾を折りこみ、用をたします。

しかし、和装に慣れない人が帯に裾を折りこむと、帯が緩んでしまったり、思わぬ時に折りこんだ裾が外れて着物を汚してしまったり、ハプニングの原因になることがあります。
裾を帯に折りこまず、裾と帯をクリップでしっかり挟むと、安心です。

私は和装クリップを持ち歩いていますが、大きめの洗濯バサミでも代用できます。

タオルハンカチ
手を拭いたりするハンカチとは別に、帯がゆるんできたときの補正用に予備で持っていきましょう。

帯がゆるんだら、結び直してしまうのが一番手っ取り早いですけれど、花火大会では難しいですよね。
そんなときは、おしりのほうから帯の下へタオルハンカチを差し込みます
普通のハンカチよりもタオル地のほうが、繊維がすべりにくく、帯から抜け落ちにくくておすすめです。

余談ですが、浴衣ですと、扇子とうちわの携帯が楽ちんですよ。

扇子は、左側の帯と浴衣の間に挟みます。
着物が浴衣ではないのですが、挟み方の参考までに↓

着物

うちわは、背中の帯と浴衣の間に挟みます↓

浴衣

かっこよく粋に着こなしてください^^

花火大会の持ち物リスト

花火大会の持ち物チェックリスト(食べ物飲み物以外)を作ってみました。
ご紹介した道具以外でも、あると良さそうな物を、リストに加えてあります。

花火大会持ち物リスト

A4サイズで、ExcelとPDFの2種類です。

もし必要でしたら、ダウンロードしてお使いください。
書き込める欄も作りましたので、ご自由にカスタマイズしてもらって結構です。

万が一不備があったらごめんなさい。汗
このリストに関しては、サポートはいたしません。

サイト上での二次配布はご遠慮ください。

花火大会の持ち物のまとめ

花火大会の人混みは疲れますし、準備も大変ですけど、キレイな花火を見て、楽しい時間を大切な人と過ごせると、本当に良い思い出になります。

昔、友達と河川敷に行ったときに、雨あがりなのに敷物を持っていかず…。
「しまったね~」と言いながら、おしりが地面につかないようにしゃがんでいたら、近くにいたカップルの女性が、「一緒にどうぞ」と折りたたんでいた敷物を広げてくれました。
おかげで、楽しく花火を見ることができました。

「あの彼氏さん、いい彼女さん見つけたね」「惚れちゃうね」と話しながら帰りました。
私も周りで困っている人がいたら、「どうぞ使ってください」と差し出せるくらいの余裕がある人になりたいと思いました。

楽しい花火大会になりますように。

最後までお読みいただきありがとうございました◎

スポンサードリンク