七夕に祭りを東京で楽しむなら浅草の下町七夕まつり!アクセスは?

七夕

こんにちは!ふきよせです。

七夕に都内で、家族とのお出かけや、恋人とのデートを予定していらっしゃる方は多いのではないでしょうか?
七夕は本格的な夏のはじまりのイベントですから、間違いなく楽しい一日にしたいですよね。

そんな方に、断然おすすめするのは、下町七夕まつり!

下町七夕まつりは、西浅草で開催される町の夏祭りです。2017年には、記念すべき30回目を迎えます。

下町七夕まつりの魅力とその理由、また、お祭りへのアクセス方法についてご紹介します。

スポンサードリンク
  

七夕のお祭りを東京で楽しむなら

さまざまな場所で七夕のお祭りが開催されますが、東京都内ならではのお祭りを楽しみたいと思ったら、浅草は欠かせません!

江戸の下町情緒あふれる浅草付近では、今回ご紹介する下町七夕まつりの他にも、ほおずき市や入谷の朝顔まつりが同時期に開催されます
七夕の時期に浅草に行けば、江戸時代から伝わる、昔ながらの日本の夏も満喫することができるのです♪

浅草の下町七夕まつりとは

下町七夕まつりとは、浅草から上野へ続くかっぱ橋本通りで、毎年七夕に開催される、地元商店街のお祭りです。

かっぱ橋本通りは、つくばエクスプレス浅草駅から上野駅入谷口付近までの、東西約1.2kmの道で、たくさんの商店が軒を連ねています。
調理器具などの問屋さんが集まることで有名なかっぱ橋道具街と、垂直に交わる道です。

下町七夕まつり
  • 期間:7/6(木)~7/10(月)2017年
  • 会場:かっぱ橋本通り
  • 時間:土曜 10:00~20:00 日曜 10:00~19:00

期間中、道の両側にびっしりと七夕飾りが飾られます。

短冊にお願いごとを書いて、飾られている笹竹に飾ることもできます。
誰でもOKですから、短冊コーナーを見つけたら、ぜひ一筆書いてみてください☆

たくさんの催し物や出店で大変な賑わいをみせるのは、週末の土日
ふだん車両が一方通行のかっぱ橋本通りは、交通規制がされ、歩行者天国となります。

パレードや踊りや和太鼓など、ショーが繰り広げられるほか、道の両側には出店がずらり
もちろん、懐かしい金魚すくいやスーパーボールすくいがありますよ♪

見応えのあるショーについつい立ち止まり、食べ歩きにぴったりな食事を見つけては寄り道し、時間を忘れて楽しんでしまいます。

スポンサードリンク

このお祭りの最大の魅力は、すべて地元の商店街の皆さんが作り上げているお祭りだということ!

大きな七夕飾りも全部手作りで、なんと、出店も商店街の飲食店が出しています。
パレードで行進するのも地元警察や、地元小学校の鼓笛隊など、地元の皆さんがメインです。

お祭り全体にただよう、とてもあたたかく人情味のある雰囲気は、地元愛がにじみ出ているからなのですね!

下町七夕まつりへのアクセス

アクセスは、かっぱ橋本通りの東側が、つくばエクスプレス浅草駅A2口からすぐです。
かっぱ橋本通りの西側は、JR上野駅入谷口から徒歩5分、日比谷線入谷駅1番口から徒歩8分です。

浅草駅は、つくばエクスプレスの浅草駅です!
銀座線、浅草線、東武線の浅草駅ではありません!
つくばエクスプレスの浅草駅と銀座線、浅草線、東武線の浅草駅は、歩くと30分かかるくらい、距離が離れているので、気を付けてください。

七夕まつりが行われる週末、浅草周辺は通常より交通規制が多くなります。
路上パーキングで使えない場所もありますから、なるべく公共交通機関を利用しましょう。

下町七夕まつりのまとめ

下町七夕まつりは、風情があるお祭りですから、浴衣を着てお出かけにもぴったりです。
浅草周辺には、浴衣レンタルができるお店があって、男性用の浴衣の取り揃えもバッチリ!

ぐるなびの旅サイト、ぐるたびで浴衣のレンタル予約をすることもできます。
お祭りの日は人気ですから、ご予約はお早めに↓


お祭りを楽しんだら、夜は東京スカイツリーに移動しても楽しいですね。
電車やバスを使えばすぐの距離です。

下町七夕まつりと浅草周辺の見所を組み合わせて、江戸情緒あふれる七夕を、満喫してみてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました◎

スポンサードリンク