成人式の振袖の人気色ランキング!おすすめの色と似合う色の選び方

成人式

こんにちは!ふきよせです。

成人式のニュースを、「どの子も晴れ姿がかわいいな~」とにやけながら見てしまいました。

来年、再来年に成人式を迎えるとなると、「どんな振袖を着ようかな?」とイメージを膨らませたのではないでしょうか?
振袖を着るのはもちろん、選ぶのも楽しみですね~♪

でも、和装に慣れていないと、何を基準に振袖を選んだらいいのか、悩んでしまうかもしれません。

やっぱり、1番気になるのは、色ですよね~

成人式の振袖の色について、人気色とおすすめの色をご紹介します。
あなたにぴったりな似合う色を選ぶコツもご紹介しますから、振袖選びにお役立てください♪

スポンサーリンク
  

成人式の振袖人気色ランキング

さっそく、成人式の振袖色別調査による人気色をランキングにすると…↓

2016年

1位 赤
2位 ピンク
3位 青
4位 黒
5位 白

2017年

1位 赤
2位 黒
3位 青
4位 ピンク
5位 白

トップ5は順位こそ変われど、色の種類は同じです。
ほぼ毎年同じ結果です。

具体的に、人気の理由を見ていきましょう^^

ずっと断トツ1位を誇る、赤。
新成人のご本人だけでなく、「赤を着せたい!」と思うお母さんも、すごく多いんです。

赤は、日本で古くから魔除けとして使われていた色です。
子供の成長を祝うお宮参りや七五三など、節目のお祝いに好んで使われてきたのも、うなずけますよね。

赤の中でも、若いときにしか着ることができない色が、朱色
オレンジがかった赤です。大人になって朱色を着ると、びっくりされますw

全身朱色1色だとかなりインパクトが強いですが、白や黒と組み合わせたグラデーションの生地もあります。
ちょっとレトロでおしゃれになりますよ。

ピンク

ピンクは、女の子らしくてかわいさバツグン。
柔らかくて華やかな印象になります。

振袖の購入を考えているのなら、淡いピンクがおすすめです。

淡いピンクは、季節を問わず、成人式以外でも大活躍します。
男性ウケはもちろん、年配の女性からも好まれる色なので、結婚式やお見合いで着ると、みんなほめてくれますw

赤やピンクの暖色はちょっと…と抵抗がある人に人気なのが、青や水色。
さわやかなイメージになり、とくに同性からの評価は高いです。

ぜひ、若いうちに着て欲しいのが、目が覚めるような鮮やかな青

みずみずしいお肌だからこそ、映える色です。
年を重ねてから着ると、どうしても演歌歌手のようになってしまうんですよね…汗

黒は赤の次に、お母さんが着せたい色として人気があります。

黒はぐっと大人っぽくかっこよくなりますから、お母さんは「我が子が美しく成長した!」と実感できるのではないでしょうか?

成人式用の振袖は、黒くてもとっても華やかです。
おめでたい柄がたっぷり入っていて、着物の光沢もあって、喪の黒とは全く違うので、安心して着ることができます。

白は、花嫁さんの白無垢や昔の喪服のように、日本ではとても大切な場面で用いられる色です。

白を着ていると、清らかで清楚なイメージがかもし出されます。
お顔が1番明るく見える色でもあり、すがすがしいハレの日にぴったりです。

スポンサーリンク

成人式の振袖におすすめの色

髪色が黒めの人におすすめなのが、緑。

黒と緑の組み合わせって、とってもかっこよく決まるんです。
着物の染色のコンテストや、パリコレ常連のファッションブランドなどでも使われる組み合わせでもあり、玄人受けする色です。

おしゃれやファッションに自信があるのなら、ぜひ挑戦してほしいです。

黄色

黄色は、顔周りが明るくなり、元気で健康的なイメージになります。

成人の日のヒルナンデスで、にこるんが黄色い振袖を着ていて、「おお!?」っと目が行ってしまいました。鮮やかな黄色、かわいかったです( *´艸`)

振袖の似合う色の選び方

それでは、着物を選ぶときのコツをご紹介します。

このコツは、振袖だけに限らず、どんな和服を選ぶときにも役立ちます。
しっかり覚えておいてくださいね~

先入観をもたない

洋服や化粧品を選ぶときに、パーソナルカラーを基準に選んでいるって人、結構いますよね。女の子なら、だいたい自分に似合う色味を知っていると思います。

でも!

着物に関しては、パーソナルカラーを気にしないで選んだほうが、あっさり決められます。

というのも、和服に使われる染料は、とっっても色が豊富で(むしろ安定していないのかも…)どんな色にも、必ず似あう色があるんです。
それも、洋服では合わない色でも、和服なら合うということもあるんです。

私は、薄紫のニットや洋服が笑っちゃうほどに合わないんですが、呉服屋さんですすめられてしぶしぶ合わせたら…びっくり!!
すごくしっくりきて、思わず「コレ買います!」って言ってしまいました。

周りからの評判も、すっごくよくてウハウハですw

合わせる方法は、お店なりのやり方がありますから、お店の人にお任せするのが一番。

色が似合っているかどうかは、上半身で判断します。
着物をあてたときに、顔が華やいで見えたら◎

1人でお店に行くと判断が難しいので、ご意見係として、お母さん・兄弟・いとこ・友達を連れて行きましょう。
バシッと意見を言ってくれる人がいいです。

なりたい印象で選ぶ

色は、着てみたい色を選べばいいでしょう。

一生に一度ですからね。我慢は禁物です。

色の濃さで、人に与える印象が変わります。
どんな風な女の子として見られたいのか、考えてみてください。なりたい印象で、色の濃さを選びましょう。

  • 優しい、カワイイ、守ってあげたくなるような女の子…柔らかいパステルカラー、薄めの色
  • キリッとした芯の強い女の子…ビビットな鮮やかな色
  • 大人っぽい色気のある女の子…濃いめの色
  • 個性的な女の子…対象色を組み合わせた配色(水色×ピンク、黒×白など)

髪の色

肌の色と同じくらい、いや、それ以上に影響するのが、髪の色。

明るい髪色と黒髪だと、同じ着物でも全然印象が変わるんです!

全体のコーディネートは、帯の色や挿し色になる小物の色で調節するんですが、髪の色で選ぶ物が変わってきます

着物を選んでから成人式までずっと同じ髪色でいる必要はありませんが、選ぶときだけでも、成人式当日と同じくらいの髪色にしておきましょう。

「着物に似合う髪色は?」と聞かれることがあります。
まぁ、もともと日本人は黒髪ですから、黒髪は合うのでしょうけれど、それを言ったら元も子もありませんよね 苦笑

着物に合わせるとなると、なかなか難しいので、髪色に着物を合わせるようにしてみてください。
そうすれば、金髪だろうが、茶髪だろうが、似合う着物がきっと見つかりますよ^^

成人式の振袖の色のまとめ

お店に行くと、ついつい鏡のすぐ前で吟味しがちです。
でも、はやる気持ちを抑えて、できるだけ鏡から離れて客観的に見てみてください。

他の人からどんな風にみえるかがわかります。

洋服と違って、色で太って見えるor痩せて見えるっていうのは、あんまりないような気がします。むしろ、柄な気がします。
柄の選び方については、また今度書きますね。

お店の人は、早く決めるようにうながしてくると思いますが、悔いがのこらないように、時間がかかってもしっかり気に入る着物が見つかるまで、いろいろなお店を見てまわりましょう。

あなたにぴったりな振袖が見つかりますように。

最後までお読みいただきありがとうございました◎

スポンサーリンク