鎌倉の紅葉穴場5選!写真撮影にもおすすめの静寂に包まれたお寺

紅葉

こんにちは!ふきよせです。

秋の行楽に、紅葉は欠かせません。
赤や黄に色づく風景を見ていると、とても澄んだ気もちになります。

古都鎌倉は、東京都心からも近く、日帰りでも気軽に紅葉を楽しめるのが魅力。

歴史あるお寺や神社が、たくさん残る観光名所です。

名所といわれるメジャーな紅葉スポットは、土日になるとかなりの人出でにぎわいます。

静かな鎌倉らしい紅葉を満喫したい人にとっては、ちょっと期待通りにはいかないことも。
情緒ある写真を撮りたいと思っているのなら、なおさらです。

そんなあなたに、鎌倉の穴場紅葉スポットを5カ所、ご紹介します。

お寺に行くときに知っておくべきマナーもお伝えしますね。

スポンサードリンク
  

鎌倉紅葉穴場スポット

鎌倉幕府があった鎌倉は、山も海も両方満喫できる土地柄で、
どこもかしこも風景が美しく、何度でも訪れたくなる見どころが、たくさんあります。

ご紹介するのは、名所だらけの鎌倉の中でも、
比較的人出が少なく、静寂を保った美しい紅葉スポットです。

見頃は11月下旬から12月上旬

鎌倉は、他の地域よりも若干遅めに見頃をむかえます。

それではさっそくご紹介しますね。

東慶寺

かつて縁切りができる寺として、女性の駆け込み寺だった尼寺です。

現在は尼寺ではなくなりましたが、境内奥には歴代の尼僧が眠る美しい墓苑があります。

鐘楼の周りの木々が赤く染まり、鮮やかな風景を堪能できます。

  • 時間  8:30~16:00
  • 無休
  • 拝観料 大人200円、小中学生100円

東慶寺公式ウェブサイトは、こちら→

長寿寺

もともとは非公開だったお寺です。

現在では、季節限定で週末のみ一般公開されるようになりました。

かやぶき屋根の観音堂や、回廊型の建物など、
他ではなかなか拝むことのできない、美しい風景が広がっています。

ぜひ、屋内にゆっくり座って、庭園を眺めてください。

思わず長居したくなる、静かで美しい空間です。

  • 時間 10:00~15:00
  • 10~12月第1週目の金土日祝のみ公開 雨天中止
  • 拝観料 300円

海蔵寺

扇ガ谷にひっそりとあるお寺です。

一年中、花が絶えない花寺として有名です。

境内もステキなのですが、ひときわ美しい見どころは、山門周り。
見事な紅い紅葉を見ることができます。

  • 時間  9:30~16:00
  • 無休
  • 拝観料 十六の井の拝観のみ100円

妙本寺

比企ガ谷にある、こちらもひっそりとした静かなお寺です。

とくに、境内奥の二天門と祖師堂の周りの紅葉が見事です。

また、祖師堂の中からの紅葉もぜひ体験していただきたい!
薄暗いお堂の中から見る景色は、額縁で切り取った絵画のようです。

  • 時間  自由
  • 無休
  • 拝観料 志納(しのう:値段が決まっていない)

妙本寺公式ウェブサイトは、こちら→

スポンサードリンク

朝夷奈切通

切通はお寺ではありませんが、鎌倉ならではのスポットでしょう。

切通とは、山や丘などを掘削し、交通できるようにした道のことで、
交通と防衛の要所でした。

鎌倉には、鎌倉幕府時代の切通が7カ所残っています。

朝夷奈切通は、オレンジ色の落ち葉があたり一面に
絨毯のように美しく広がります。

歩くとなかなか遠いです。ハイキングくらい歩きます。

バスを使うのなら、
鎌倉駅から鎌倉霊園行きのバスで「十二所神社」下車、徒歩15分です。

鎌倉のお寺の詳細な地図や周辺情報は、こちら→【楽天たびノート】

鎌倉で紅葉写真を撮るなら

時間

鎌倉の紅葉を撮影したいのなら、午前中に行くことをおすすめします。

混み合う名所でも、朝早い時間なら人がまばらで、思い通りの構図で撮影できます。

しかし、人出が多くなると、たくさんの人が写り込んだり、ゆっくりカメラをかまえられなかったり。
思ったような撮影ができないことも。

また、お寺や山あいの立地では、午後になると日が陰ってきて、ぐっと暗くなります。

朝日がさすくらいの時間帯のほうが、明るくてキラキラと輝く紅葉が撮れます。
ただし、お寺によっては、9時前にあいていないところも多いので、必ずご確認を。

天気

秋晴れのカラッとした日に撮影する風景は、空の明るさも相まってとても素敵ですよね。

晴天もいいのですが、鎌倉ではあえて、雨上がりやちょっとお天気がぐずついている日もおすすめです。

お寺や神社の階段や石畳は、雨に濡れたときにしっとりとツヤが増し、紅葉の色が際立つんです。
コントラストが強くなり、紅葉が鮮やかに撮れます。

雨天中止のお寺もあるので、お出かけのときは気を付けてください。

紅葉を鎌倉のお寺で楽しむときのマナー

今回ご紹介したお寺や場所は、多くの観光客が訪れる有名スポットとは違って、
地元の方も訪れる、ひっそりと続いてきた名所です。

つい近年まで、厳格な教えや規則を守ってきたお寺もあります。

まずは、境内の庭園を見たり写真を撮ったりする前に、本堂へきちんと参拝しましょう

そして、私語を慎みましょう
とくに厳格な長寿寺では、寺院建屋内で拝観中の私語は厳禁です。

せっかく素晴らしい風景を見せてもらっているのですから、お互いに気もちよく過ごしたいですよね。

お参りに来ている他の方々や、お寺の方々に迷惑をかけないよう、ご配慮ください。

鎌倉の紅葉おすすめスポットのまとめ

鎌倉周辺は高低差もあり、一般に駐車場を開放していない社寺は多いです。

車ではなく、公共交通機関のご利用をおすすめします。
鎌倉観光は、けっこう歩くので、休憩をはさみながら観光してくださいね。

日が傾き出すと、急に寒くなりますから、寒さ対策は万全に。

最後までお読みいただきありがとうございました◎

スポンサードリンク