お盆の精霊棚の飾り方。いつ飾るの?必要なお供えの種類と作り方

お盆

こんにちは!ふきよせです。

お盆の季節になりました。

ご家族が亡くなり、はじめてお盆を迎えるとなると、どんな準備をしたらいいのか悩んでしまいますよね。

我が家も、お盆の準備を取り仕切っていた祖父が亡くなったときは、今まで盆棚のお飾りをどうしていたのかがわからなくて、てんやわんやでした。

一般的なお盆の盆棚(精霊棚)の飾り方をご説明します。
棚を飾る期間や、必要なお供えについても、確認しておきましょう。

宗派や地域によって、作法は多少変わりますが、1つの様式として、参考にしていただければと思います。

スポンサードリンク
  

お盆の精霊棚はいつからいつまで飾るの?

盆棚・精霊棚とは、お盆の期間に、ご先祖様の位牌を安置し、お供えをするための臨時の棚です。

仏教の中でも、浄土宗・真言宗・日蓮宗・天台宗・臨済宗などの文化です。
浄土真宗では、追善供養を行わないので、一般的にお盆のお飾りの準備はしません。例外もあります。

お盆の期間は、8月13~16日の4日間が一般的。
東京と一部の地域では、7月13~16日です。

お盆はもともと旧暦の7月15日でしたが、新暦との季節のズレや、帰省の都合などの理由から、現在では上記の期間に変わっています。
他にも。8/20頃の地域や、8月上旬の地域もあります。

精霊棚は、ご先祖様を迎える前までに準備し、送り出した後に片付けます。
つまり、前日の12日、または13日の朝に作り、16日以降に片付けることになります。

お盆の精霊棚の飾り方

棚づくりに必要なもの

葬儀のときに使用した2~3段の棚や、仏壇の経机など。
もしなければ、適当な机でもOKです。
真菰(まこも)

イネ科の草で作られたゴザで、お供え物などをのせる敷物です。
盆棚に敷いて使用します。

お釈迦様が、真菰の寝床に病人を寝かせて治療をしたというお話から、
真菰は病気を治し、邪気を払うといわれています。

いい香りです♪

笹竹
盆棚の四隅に立てます。
必要のない宗派もあります。
盆棚の四隅に立てた笹竹に結んで、結界を作るための縄です。
ほおずきなどを縄にはさんで、吊るします。
必要のない宗派もあります。

毎年使える笹竹を発見w↓

盆提灯
ご先祖様が迷わないために灯す、目印です。
棚の横に飾ったり、軒先に吊るしたりします。

新盆の場合は、白提灯を用意します。
お盆提灯の種類と飾り方については、こちら→

精霊馬
なすの牛ときゅうりの馬です。
ご先祖様があの世とこの世の行き帰りに使う、乗り物です。

馬は、トウモロコシのヒゲでしっぽを作るとかわいいです。

スポンサードリンク

飾り方

  1. 棚に真菰を敷きます。
  2. 棚の四隅に笹竹を立てます。
    4本立てる場所がなければ、後ろ(奥)の2本を立てます。
  3. 笹竹の上部を縄で結び、結界(柵のような役割)を作ります。
  4. 縄にほおずきや稲穂などをはさみ、吊るします。
  5. 棚の一番奥(段の棚ならば一番上の段)中央に、位牌を置きます。
  6. 棚の手前に、お供えと精霊馬を置きます。
    お線香を上げやすいように、香炉は一番手前です。
  7. おらが(迎え火などで使う麻の茎)でハシゴを作り、棚にかけます。
    宗派や地域によります。

精霊棚

便利な盆棚セットもあるんですね!
組み立ても簡単そうです↓

お盆の精霊棚に必要なお供え

精霊棚に飾るお供えは、香・花・灯燭・水・飲食の五供(ごく)が基本です。

お線香や抹香です。
ふだんお仏壇で使っている香炉一式でよいです。
菊やユリなどの、生花を飾ります。
故人の好きだったお花でもいいですね。
灯燭(とうしょく)
ろうそくや盆提灯の灯りです。
これも、ふだんお仏壇で使っている燭台一式でよいです。
清らかなお水です。

お盆のときは、閼伽水(あかみず)を作ります。

閼伽水の作り方
用意するもの:器、水、蓮の葉1枚、ミソハギ(禊萩)5本くらい

  1. 器に蓮の葉を敷きます。
  2. きれいな水を入れます。
  3. ミソハギの花束を添えます。

都心などではミソハギは見つけにくいですから、お花屋さんで購入しましょう。
確実に欲しければ、通販利用もおすすめです↓

飲食(おんじき)
お膳のことです。

お盆のときには、ご先祖様へのお膳の他に、水の子を作ります。

水の子の作り方
用意するもの:蓮の葉、なす、きゅうり、洗い米

  1. なすときゅうりをさいの目切りにします。
  2. なす、きゅうり、米を混ぜ、蓮の葉に盛ります。
  3. 閼伽水をミソハギの花束に含ませ、水の子に注ぎます。

蓮の葉の下に、お皿を敷いておくと安心です。
蓮の葉が手に入らず、サトイモやフキの葉で代用する地域も。

水の子は、無縁仏や餓鬼を供養するためのお供えという説や、たくさんの霊に行き届くように考えられたメニューという説などがあります。

我が家では昔から、お供えにたくさんの小さいおむすびが並びます。
たまに、小さいお稲荷さんが混ざっていることもあります。理由はナゾですw

お盆の精霊棚のまとめ

我が家の地方では、お盆の間は、精霊棚へ仏壇の中の位牌や仏具を移してしまっているので、仏壇の扉を閉めています。

お盆の間でも、ふだん通りに、仏壇にもお供えをするご家庭もあるでしょう。
また、仏壇の中の物はそのままで、仏壇の前にお供え用の棚を置く場合もあります。

ご家庭の宗派や地域によって、精霊棚の作法は変わりますから、菩提寺のご僧侶や、地域の皆さんにも、お話しを聞いてみてください

新盆は、はじめて故人の御霊が帰ってくる、大切な行事です。
しっかり準備をして、ご先祖様をお迎えしてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました◎

スポンサードリンク