お盆の提灯の飾り方。種類の紹介と特別な意味がある提灯について

盆提灯

こんにちは!ふきよせです。

お盆の飾りつけといえば、盆提灯。

新盆をむかえて、はじめてお盆飾りをするとなると、どの提灯を用意したらいいか、わかりませんよね。
仏具などはお値段も張りますし、間違いなくそろえたいところです。

お盆提灯の種類と、特別な意味のある提灯について、ご説明します。
提灯を購入する前に、ご確認ください。

宗派や地域によって、多少作法は変わりますが、1つの様式として、参考にしていただければと思います。

スポンサードリンク
  

お盆の提灯の飾り方

盆提灯とは

盆提灯とは、お盆の時期に、ご先祖様が迷わず帰ってくるように、目印として飾る提灯のことです。

また、五供養の1つ、灯燭(とうしょく)でもあります。
五供養については、こちら→

宗派によって、提灯の種類が異なることは、ほとんどありません
むしろ、地域によって、独特な提灯を使うことがあります。
例:金沢のキリコ 参考画像は、こちら→

飾る場所

盆提灯には、吊るすタイプ(吊り灯篭)と置くタイプ(置き灯篭)があります。

意味合いは、どちらも変わりません
お部屋の大きさや、飾る場所によって、お好きな提灯を選びましょう。

数の制限もありません
たくさん提灯があるのならば、バランスが良くなるように、並べましょう。

吊るすタイプの場合は、玄関や門、または仏壇の前や横に飾ります。

和室に飾るときには、吊り下げ金具を使います。
鴨居用、竿縁天井用があります。

和室ではない場所へ飾るときには、スタンドを使います。

置くタイプの場合は、精霊棚や仏壇の前や横に飾ります。
両側に一対で置いたり、片側に1つ置いたりします。

お盆の提灯の種類

吊り灯篭

御所(ごしょ)提灯

壷のような形の提灯です。
裾つぼまりで、軽そうに見え、バランスがいいです。

博多長(はかたなが)提灯

角のとれた筒状の提灯です。
とても大きく迫力があり、お部屋が華やかになります。

スポンサードリンク

置き灯篭

大内行灯

もっともスタンダードな形です。
銘木(桜、花梨、黒檀など)で作られているものや、漆で蒔絵が施されているものなど、高級品もたくさんあります。

近年では、洋間や狭いスペースにも合うような、すっきりした形の新型行灯も作られています。

回転行灯

大内行灯と形は同じですが、中の構造が少し違っていて、灯りをともすと、熱で中の回転灯がまわる仕組みになっています。

華やかで、とても人気があります。

霊前灯

ぼんぼり型の物や、きらびやかな装飾がされている物など、さまざまなタイプがあります。
比較的、小型のものが多いです。

特別な意味があるお盆提灯

白提灯

新盆のときのみ使用する、まっ白な提灯です。
玄関や軒先に飾るのが一般的です。

使った後は、送り火として燃やすか、菩提寺にお焚き上げをお願いします。

手持ち提灯

持ち手や棒がついています。
お墓にご先祖様を迎えに行くときや、送るときに持って歩きます。

お盆の提灯のまとめ

白提灯は、新盆のときのみで、一回きりしか使えませんが、それ以外の提灯は、何度も使うことができます。

素材や大きさによって、お値段もピンキリです。
基本的に、プラスチック製のほうがお手頃価格で、天然素材のほうがお高いです。
回転行灯は、熱を使うのでプラスチック製が多めです。

長く使う物ですから、お部屋やお仏壇に似合う、納得のゆく提灯を探してみてください。
故人のお好きだったお花の柄や、故人を思い出すようなたたずまいの提灯を選ぶのもいいですね。

大切なご先祖様や故人の御霊が帰ってくる、お盆です。
準備をして、万全の態勢でお盆をお迎えください。

最後までお読みいただきありがとうございました◎

スポンサードリンク