ひな祭りの桃の花の飾り方。春のアレンジメントとなんちゃって生け花

シェアいただけると嬉しいです

ひな祭り

こんにちは!ふきよせです。

「ひな祭りだからちょっとお花を飾ってみようかな?」
ふだんお花をご自宅で飾らない方でも、桃の花が入った花束に魅かれることもあるでしょう。

「でも、うちに大きめな花瓶がないから、やめておこうかな…」
え!ちょっと待って!
花瓶がなくても、おしゃれにかわいく飾ることができますよ。

ひな祭りにぴったりな、ご家庭でできる桃の花の飾り方をご提案します。
今まであまりお花を扱ったことがなくても、簡単にできる方法ですから、ぜひ挑戦してみてください。

スポンサードリンク
  

ひな祭りの桃の花の飾り方

ひな祭りの頃は、お花屋さんはもちろん、スーパーやホームセンターのお花売り場でも、桃の花の入った花束が販売されています。
花束に一緒に包まれているのは、菜の花・ガーベラ・スイートピーといった、春のお花でしょうか?かわいい色合わせが多いですよね。

花瓶にお水を入れて、全部一緒に生けるのは、簡単で素敵に仕上がる方法なのですが、水の管理が少し難しいのです。
というのも、お水をたっぷり欲しがる桃の枝と、少しのお水を好む他の花を同居させることになるからです。
花の水の量については、こちら→

一緒に飾りたいときには、少し手間をかけて、アレンジメントや生け花にすることをおすすめします。正式ではなく簡易なやり方なので、なんちゃって生け花ですね。
参考までのアレンジメントの検索画像は、こちら→
参考までの生け花の検索画像は、こちら→

アレンジメントや生け花にしておくと、水が減ってきたら足して、傷んできたお花があったらそのお花だけを抜いて処置をして、と管理が楽になります。

「アレンジメントや生け花は習ったことがないから」「センスが…」と躊躇される方もいらっしゃるかもしれません。

大丈夫。
ご家庭で飾る分には、誰からも、とやかく言われません。笑

道具は100円ショップで手に入ります。
大きな花瓶がなくても、おうちにあるボウルや食器でもできます。安定感のある器が、扱いやすいです。
ちなみに私のお気に入りは、IKEAの陶器のボウルです。

花材が多ければアレンジメントに、花材が少なければ生け花にしてみると、取り組みやすいと思います。

スポンサードリンク

桃の花を使ったアレンジメント

アレンジメントの特徴は、吸水スポンジに切り花を挿していきます。
オアシスともいわれますね。オアシスは商品名の一つです。

吸水スポンジの取り扱いはさほど難しくありませんが、無理に水を吸わせると中に空気が入ってしまい、花が水を吸えなくなることがあります。

たっぷり水を張ったバケツに、吸水スポンジを浮かべ、自然に水を吸って沈んでから使います。沈むだけの深さのある容器をつかってください。
私は、お花を生けたいと思っている日の前の晩に、水を吸わせています。

フラワーアレンジメントの作り方
用意するもの:器、吸水スポンジ、ハサミ、花

① 吸水スポンジを器より少しだけ大きく切り、吸水させておきます。
② 花の水あげをします。
  桃の花の水あげについては、こちら→
  その他の花のあげについては、こちら→
③ 水を吸った吸水スポンジをカットし、器に入れます。
④ 吸水スポンジが器の中でグラグラしないくらい、
  ぴったりとしたサイズにしましょう。
⑤ 器に水を入れます。
⑥ 花を挿していきます。

挿すときは、茎を切り、吸水スポンジの中心に向かって挿します。切り口は斜めになるように切ります。
挿し間違えて挿しかえるときは、もう一度茎を切り、一度挿した穴に挿さないようにしましょう。

フラワーアレンジメントのやり方は、一番下にくる葉(ベースカバーとなるグリーン)から挿して、メインの花を挿して…という順番で行われることが多いです。
しかし、慣れない方にとっては、全体のバランスが見えていないのにベースから作っていく作業はとても難しいのです。

背の高い桃から挿していき、バランスを見て他の花を挿し、最後に隙間に葉を挿していく方が簡単です。

これこれ!という順番で作っている動画を探し出しましたので、ご紹介しますね。↓

小さいバージョンはこちら↓

桃の花を使ったなんちゃって生け花

生け花の特徴は、剣山に切り花を挿していきます。
剣山とは、金属製の針を上に向けて植えた道具です。枝ものがあるときは、少し大きめで重めの剣山だと生けやすいです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【日本製】丸型徳用剣山  直径9cm (華道具・生け花用品)
価格:2592円(税込、送料別) (2017/2/28時点)

なんちゃって生け花
用意するもの:器、剣山、ハサミ、花

① 花の水あげをします。
② 器に剣山を置き、水を張ります。
③ 花を生けていきます。
④ 茎を切り、剣山に挿していきます。

メインになる桃の枝から生けます。
桃はまっすぐな枝でも、手でしならせて曲げることができます。しなやかな曲線を描くように整えてから生けます。

剣山の針に挿すというよりは、針の隙間に挿す感じでしょうか。枝ものは、まっすぐ生けてから、向かせたい方向に倒します。枝は硬いので気をつけてください。

枝を生けたら、バランスを見ながら、他のお花も生けていきましょう。

桃の花の飾り方のまとめ

「桃の木と根元に咲く野の花」「桃の花の咲く遠山と、手前の春の花」などと、風景をイメージしながら構成するのがコツです。
お子さんと一緒に、花生けをされてもいいですね。すてきな思い出になるでしょう。

飾ったあとのお手入れは以下です↓

・花瓶に比べると水の量が少ないです。
  水切れを起こさないように、こまめに水を確認し足します。
・水の吸い上げが悪い花は抜いて、茎を切り戻し、挿し直します。
・枯れてきた花は抜いて、バランスが崩れたら生け直します。

本格的になさっている方からすれば、雑!とお叱りを受けてしまいそうな、ざっくりした飾り方ですが。汗
春のお花を、自由に存分に楽しんでいただければ、嬉しいです。

最後までお読みいただきありがとうございました◎

スポンサードリンク