着物レンタルの選び方。実店舗とネットショップ、利用するときのコツ

シェアいただけると嬉しいです

着物

こんにちは!ふきよせです。

結婚式のお呼ばれ、お子さんの入学式や卒業式、初詣、同窓会、観劇、コンサートetc.
着物を持っていなくても、晴れの場に着物で参加したいと考える女性は多くいらっしゃるでしょう。

そんな時は、賢く着物レンタルサービスを利用しましょう。
昔ながらの呉服店や貸衣装店といった実店舗でのレンタルはもちろん、今は手軽に全国のお店から借りることのできるインターネットショップもあります。

選択肢が多くて迷ってしまうかもしれませんね。

着物レンタルサービスを利用するときのお店の選び方と、私が借りるときに行っているちょっとしたコツをご紹介します。

スポンサードリンク
  

着物レンタル業者の選び方

着物は目的によって選ぶべき種類が変わります。訪問着や付け下げや小紋といった格による種類です。

もし、着物に慣れていなくて、着てよい着物の種類がわからないのでしたら、まずは実店舗のご利用をおすすめします。
ご自分で着物について理解されている、または身近にご相談できる着物に詳しい方がいらっしゃるのでしたら、ネットショッピングのご利用を検討されても良いと思います。

観光地を着物で散策したい場合や、観劇や美術館に着物で行きたいという場合、その目的地周辺にある店舗を利用するのは、おすすめです。
散策などは歩き回って、思っている以上に疲れます。着崩れも起こしやすくなりますし、近くで着て近くで脱げるお店は、本当に楽で便利です。
初詣の着物については、こちら→

実店舗にしてもネットショップにしても、よいレンタル業者さんは、料金がわかりやすく設定されています。
着物を着るときは、着物そのものだけでなく、小物も必要になります。どこまでがセットで、どこからがオプションか、明確に示している業者さんは良心的だと感じます。

さらに、以下のことを確認しながら検討しましょう。

・試着(ネットショップの場合、下見)の可否
・着付けが無料か有料か
・着付けやヘアメイクの提携先の有無
・小物が無料か有料か
・レンタル期間
・汚した場合の補償
・キャンセル料
・返却方法
・着付けをする場所から目的地までの距離とアクセス方法

着物レンタルを実店舗で利用するとき

お店の方が相談にのってくださる実店舗は、とても心強いです。

実際に着物を羽織って、顔映りを試せますし、選べる種類も豊富です。
提携の美容院を紹介してくださったり、契約している着付け師さんを会場まで派遣してくださったり、至れり尽くせりです。

慣れない土地や遠方の結婚披露宴に参加するときは、披露宴の行われる式場やホテルに入っている貸衣装店を利用する方法もあります。少しお値段は張りますが、確実に開始時間に間に合いますので安心です。
結婚式のお呼ばれの着物については、こちら→

お店によって、取り扱っている着物のデザインや色味に傾向があります。時間が許すのならば、すぐには決めず、できる限り気になるお店をまわって、好みの合う相性のよいお店を探してみてください。

個人的には、店員さんの雰囲気が重要だと思っています。
着物レンタルは、着物を買って終わるわけではなく、前日までの準備、当日の支度、後日の返却と、比較的長い間のお付き合いとなります。話が合わなかったり、我慢したりすると、ストレスをずっと引きずってしまうことになるので、店員さんとの相性は大切です。

スポンサードリンク

着物レンタルをネットショップで利用するとき

インターネットショップは、実店舗よりも、破格なお値段設定が魅力です。
着物に慣れた方にとっては、気軽にレンタルができるので、楽しみが広がります。

着物に必要な一式を、自宅はもちろん、着付けをする美容院や会場に届けてもらうこともできます。

着物を実際に見て触ることができないことがデメリットですが、有料で下見として借りることできるお店もあります。
帯や小物の組み合わせはお店にお任せで、自分では選べないお店も多くあります。

着付けができない場合は、ご自身で着付け対応のある美容院を予約しなければなりません。
前日までに着物を持ち込む美容院と、当日持ち込みが可能な美容院があります。
まずは美容院の方に、いつ着物をお店に持ち込んだらよいか相談して、着物が到着する日を逆算し、着物レンタルを申し込みましょう。

私は、たまにネットショップを利用します。
ネットショップでレンタルをするときに気を付けていることは、こちらの希望を全てお店に伝えることです。

着物と帯を合わせる担当の方が、組み合わせるときにイメージが浮かびやすいよう、こちらの情報をできるだけ詳細に伝えます。
レンタルの注文画面でお店への連絡項目があるときは、その欄にしっかり書き込みます。連絡項目がない場合は、お問い合わせメールとして送ります。

お電話でも良いのですが、電話対応の方と、着物を用意する方が異なる場合がほとんどです。書面であれば、食い違いが少なくなる可能性があるので、メールで送るようにしています。

文例です↓

○○屋、ご担当様。この度はお世話になります。
着物は幼馴染の結婚披露宴にて着用予定です。友人代表でスピーチをいたします。会場は△△ホテル、■■の間です。会場URL添付
黒などの濃い強いお色味よりも、淡い柔らかな印象の帯(御社ウェブサイト商品NO.●●の帯のようなもの)を希望いたします。
私は既婚で髪色は黒です。お手数をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

正直なところ「もう少し重厚感のある帯でもいいなぁ」くらいに思ったことはありますが、大きくイメージが外れたことはありません。
届けられた着物一式を見て、「なるほどね~自分だったら選ばない帯締めだわ」「この色合わせは斬新」などと新しい発見もあり、楽しみながらレンタルを利用しています。

私の好みの着物が多くて、気に入っているネットレンタルショップが着物レンタル365
色留袖、訪問着、色無地と、きれいめで上品なお着物が揃っているところが魅力です。

着物レンタルの選び方のまとめ

実店舗には着物の返却後、ハガキを送っています。ネットショップには着物の返却時に、お手紙を一筆添えています。
実店舗にしてもネットショップにしても、気に入ったのなら、また利用すると思うので、お店の皆さんとは気持ち良いお付き合いができるよう、心がけています。

着物レンタルは、はじめは緊張するかもしれませんが、慣れてくるといろいろな着こなしを楽しめるようになります。
ぜひ挑戦してみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました◎

スポンサードリンク