自分チョコをバレンタインに♪カカオに拘るブランドとおすすめ商品

シェアいただけると嬉しいです

バレンタイン

こんにちは!ふきよせです。

いたるところでチョコレートの催事が行われていますね。
活気があって、わくわくします。

後輩と雑談の流れで、バレンタインの自分チョコの話になりました。自分用に購入するチョコのことです。
彼女は、「自分用と思うと、どんなチョコを買ったらいいか、わからない」と言っていました。

誰かへのプレゼントとして選ぶときは、金額とか知名度とか大きさとか、選ぶ基準があります。
けれど、自分用のチョコとなると、食べたいという欲求以外に、何を基準に買ったら良いかわからず、迷ってしまうのでしょう。

私は毎年自分チョコを購入していますが、同じようなことで悩んだことがあります。
今回は私の体験を交えて、自分チョコを選ぶ基準と、自分チョコの楽しみ方をご提案します。

スポンサードリンク
  

自分チョコをバレンタインに買う意味

見た目がキレイなチョコレート、かわいいラッピングのチョコレート、テレビで紹介されて名前が有名なブランドチョコレート、昔から日本にあるメーカーのチョコレート。

お店には、比べられないくらいたくさん並んでいます。
はじめはなんとなく、有名そうだから、豪華だから、と適当に選んでいました。

ある年、いざ、自分用に買おうとしたら…
「全部おいしそう…」悩
何を選んでいいかわからなくなりました。

どれも良さそうと思ったら、どれを選んでも満足しないような気がしてしまいました…

悩みに悩んだ結果、
「せっかく買うのだから、チョコレートをきちんと味わう経験をしよう!」
そう閃いて、カカオの食べ比べをすることに決めました。

幸いなことに、物が豊富な日本には、バレンタインをめがけて、世界中からおいしいチョコレートがやってくるので、さまざまな食べ比べができます。

カカオの濃度の食べ比べ。
カカオの産地の食べ比べ。
フレーバーの食べ比べ。

それ以来、味覚の経験を積むという意味も込めて、自分チョコ選びを楽しんでいます。

チョコレートはカカオにこだわりのあるブランドで

食べ比べをするのには、たくさんの量が必要なわけではないので、少量でいろいろな種類がパッケージされた物を探します。

カカオにこだわりのあるショコラティエや、老舗のチョコレートブランドですと、取扱いが多くあります。
たいていが、シンプルな四角い小さなチョコレートの詰め合わせです。

バレンタイン限定の物もありますが、常時取り扱いがある物もあります。
常時取り扱いがある商品でも、食べ比べをするのはバレンタインの時期と決めています。笑

時間が許せば、デパートのチョコレートの催事や、チョコレートの祭典サロン・デュ・ショコラに出かけます。

催事会場では、イベントが行われていたり、試食ができたり、実演を見れたりします。購入するだけではない楽しみがあるので、チョコレートにご興味のある方は、ぜひいってみてください。
サロン・デュ・ショコラの日本公式サイトは、こちら→

サロン・デュ・ショコラは伊勢丹と提携していて、伊勢丹のオンラインショップでもお目当ての物を見つけることができて便利ですね。
オンラインショップの予約を利用したときもありました。

スポンサードリンク

チョコレートのカカオを楽しめるおすすめ商品

食べ比べてよかった商品をご紹介します。
カカオの味が強いと感じた順番で並べました。

CACAO SAMPAKA (カカオサンパカ)
1935年創業。スペイン王室御用達です。
世界各国のカカオを取り扱っていて、産地別カカオを純粋に味わうことができます。ダークチョコは本当に苦いのですw「これがカカオかー!」と感動がありました。
CACAO SAMPAKAウェブサイトは、こちら→
VALRHONA(ヴァローナ)
1922年創業。フランス。
製菓用チョコレートでも有名です。種類による香りの違いが実感できます。テイスティング用のセットもあります。お気に入りの香りを見つけたらならば、タブレットもおすすめです。
VALRHONAオンラインブティックは、こちら→
Pierre Marcolini(ピエール・マルコリーニ)
1994年ショコラティエとして独立。ベルギー王室御用達です。
かわいい一粒チョコレートが大人気ですが、私の一押しはPalets Fins(パレファン)とSaveur du Monde(サブール デュ モンド)です。
パレファンは甘いいろいろなお味のセットで、サブール デュ モンドは産地比べができるセットです。チョコの上に商品名のアルファベットがプリントされていて、とってもおしゃれでテンションがあがります。
Pierre Marcoliniウェブサイトは、こちら→
Pâtisserie Sadaharu AOKI(パティスリー・サダハルアオキ)
1998年パリにアトリエを設立した日本人パティシエ。
カラフルな絵の具のようなチョコレートが印象的です。Bonbon Chocolat(ボンボンショコラ)は、さまざまなフレーバーを比べて味わうことができます。ユズ、ワサビといった日本の食材も!
Pâtisserie Sadaharu AOKIウェブサイトは、こちら→
Lindt(リンツ)
1845年創業。スイス。
カカオの食べ比べではないのですが、味比べをしました。リンドールというキャンディのようなラッピングのチョコは、リンツのお店では量り売りで購入できます。それぞれの味をひとつずつ選びました。ダークチョコは2種類くらいで、ほとんどが甘いです。
Lindt
オンラインショップは、こちら→

バレンタインの自分チョコについてのまとめ

今年の自分チョコは、シャポンの「カカオワールドセレクション」です♪パッケージの美しさに負けて、かなりの大奮発です。
シャポンのホームページは、こちら→

量が多いので家族にも分けてあげることにしますw

食べ比べてみると、チョコレートの奥深さには本当に驚きます。
私はこれからも自分チョコで、チョコ経験を増やしていこうと思っています。

いつのまにかチョコレートのお祭りになっている日本のバレンタイン。ご自分にも特別なチョコレートをプレゼントして、楽しんでみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました◎

スポンサードリンク