年賀状を上司に出すときのマナーは?ふさわしいデザインに一言添えて

シェアいただけると嬉しいです

文章

こんにちは!ふきよせです。

最近の年賀状は、パソコンで作ったり、写真から印刷を頼んだり、とても便利になりました。
かわいいお子さんのお写真で年賀状を作られるご家庭も多いです。キャラクターやCGを使った手の込んだ年賀状も増えましたね。

さて、働き盛りのビジネスマンが、会社の上司や取引先など、お仕事絡みでお世話になった方に年賀状を送る場合、どのような年賀状を送るべきなのでしょうか?

奥様が用意してくれた、子供の写真の年賀状を使っていいの?
文面には決まりがあるの?
書いてはいけない言葉は?
手書き?印刷?

いざ、書こうと思うと疑問に思って手が止まってしまうことがあります。
失礼のない年賀状を送るマナーを、確認しておきましょう。

スポンサードリンク
  

年賀状を上司に出すときのマナー

まず、年賀状を書き始める前に、会社の方針としてお歳暮や年賀状が廃止されているかどうかを確認しましょう。
最近は防犯や虚礼廃止のために、社員名簿も公開していない企業もあります。

職場で年賀状の話が出ない場合は、親しい先輩に伺っておきましょう。
年賀状を出さない企業だとわかったときは、一年のお世話になった感謝の気持ちは仕事納めの日にきちんとご挨拶すれば充分でしょう。

それでは、年賀状を出してもよいとわかり、送りたい方がいらっしゃる場合の、宛名と差出人の書き方から確認しましょう。

宛名の書き方
会社宛に出すなら役職も入れます。「代表取締役 ○○様」
自宅宛に送るなら「○○様」とします。
差出人の書き方
同僚や上司など会社関連の方に年賀状を出すときは、差出人名に自分の家族の名前は入れません。
その方と直接関わりを持っていて感謝を述べるのは、働いているご本人のみだからです。

相手の立場が直属の上司でなく、普段あまり話す機会の少ない上司や、交流のない役員に年賀状を書く場合、差出人の名前の後に、簡単に自分の会社名や部署名などを書くと、誰から出されたものか相手にわかりやすくなります。

〒000-0000
東京都・・・・・・(自宅住所)
○○ ○○(名前)
(株式会社××× □□□課)

名前の前に入れてしまうと、差出人の住所に会社があるかのように、間違えられてしまいます。
リターンアドレス部分でなく、本文に「□□□課の○○です。今年もよろしくお願いいたします」と一言付け加えても良いでしょう。

年賀状を上司に出すときにふさわしいデザイン

ふざけた印象がなければ、もちろんパソコンで印刷しても良いです。

年賀状を手作りしたいのならば、こちら→

スポンサードリンク

しかし、特定のキャラクターで遊び要素の多いデザイン、子供たちの写真旅行の時の写真などを入れたデザインは避けましょう。
仕事関連の方々は、個人的な子供のことなどを知りたいと思っているわけではないので、嫌われる傾向が強いです。

中には寛容な方もいらっしゃいますが、好ましくないと考える方は多いので、避けることが無難です。
趣味性の高いデザインや子供や旅行の写真を使ったデザインの年賀状は、親戚やごく親しい友人知人に出すものと、割り切りましょう。

地方に転勤になった方は、地方ならではの景色の写真を使った年賀状は、近況を上司にご報告するのにふさわしく、好まれます。
個人的な写真やデザインを使う場合は、仕事に関するものを選ぶようにしましょう。

また、つい書き間違いを起こしがちなのが、新年の言葉です。

目上の方に対して「迎春」「賀正」は失礼にあたります。
「謹賀新年」「あけましておめでとうございます」と書きましょう。

私も毎年、「どっちだったっけ?」と過去の年賀状を確認しています。
もう印刷済みで販売されている年賀状も多くあります。購入前に必ず確認をしましょう。

年賀状を上司に出すときには一言添えよう

印刷された文章のみですと事務的な印象がぬぐえず、好感度が下がります。
一言は手書きで付け加えるのが常識とされています。
実際、自分がもらったときに、印刷のみのものは「送る必要ある?」と思ってしまって、がっかりしますよね。

・例文
「旧年中は一方ならぬお世話様に預かり有難うございました。
 本年も相変わらず御指導のほど宜しくお願いいたします。」
「旧年中は大変お世話になりました。
 本年もご指導、ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。」

文章は一番悩むところですが、抱負を述べたり、特別印象的な文章を書いたりしなくても、十分気持ちは伝わります。丁寧な字を心がけて書きましょう。

上司の方に出産祝いを頂いたお礼が言いたい時や、何かしてもらったお礼を書きたい場合もあるかもしれません。
けれども、年賀状は新年のご挨拶なので、年賀状にお礼を添えるのではなく、年賀状とは別にお礼状や内祝いを贈るようにしましょう。

年賀状のマナーのまとめ

年賀状は新年一番初めのご挨拶です。
一枚の年賀状が、差出人の仕事に対する印象を左右するといっても過言ではありません。

忙しい年末に複数の年賀状を用意するのは大変でしょうけれども、会社は会社用、家族関係で付き合っている相手には私用の年賀状をそれぞれ用意しましょう。

会社の上司や取引先には仕事にふさわしい年賀状を用意して、気持ち良い新しい年の仕事をスタートさせましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました◎

スポンサードリンク