大学の卒業式で袴を着たい!レンタルのすすめとコーディネートのコツ

シェアいただけると嬉しいです

式典

こんにちは!ふきよせです。

梅のつぼみがほころび始め、寒さの中にも春の訪れを感じる今日この頃。
春の別れの季節が近づいてきました。

今春、卒業を迎える皆さん、おめでとうございます!

そろそろ卒業式の準備を意識しはじめる時期ですね。
とくに大学生の皆さんは、社会に出る前の、学生として最後の式典です。
気合が入りますよね!

女子大生は、卒業式に何を着るか、悩むところだと思います。
振袖?袴?スーツ?

振袖もスーツも、式典に十分ふさわしい礼服だと思いますが、私の経験もふまえて、袴の魅力と選ぶコツについてご紹介いたします。
袴の着用を少しでもお考えの方は、ぜひご覧ください。

スポンサードリンク
  

大学の卒業式は袴がいいの?

そもそも、なぜ卒業式に袴を着るようになったのでしょうか?

袴は明治時代の中頃、女学生と女性教員の制服として着用されていました。
当時、学校に通える女学生は、裕福な上流階級の子女のみでした。

明治時代に入って、西洋の様式が取り入れられ、椅子に座るような動きが多くなったため、動きやすさを重視した袴が採用されました。もともとは男性用だった袴は改良され、女性用の袴ができました。

この女袴は、行灯(あんどん)袴といい、ロングのプリーツスカートのようになっています。
男袴は、馬乗(うまのり)袴といい、ズボンのようになっています。
現在、卒業式で着られている袴は、行灯袴です。

女学校の制服として、袴は昭和初期まで着用されていました。
袴姿は、女学生の特権であり、多くの女性の憧れでもあったのです。

そのような時代背景がありまして、洋装が定着した現代でも、女性の袴姿は、女子学生の象徴になっています。

ですから、もし、大学の卒業式に袴を着てみたいと思ったのならば、ぜひ挑戦してみてください。
成人式の振袖以上に、袴は一生で着る機会が少ないのです!

卒業式の袴はレンタルがおすすめ

普通の人にとって、袴は一生に何度も着るものではないので、レンタルされることをおすすめします。

色は一色の物も、ぼかしのグラデーションの物もあります。裾に柄が入っている物もあります。

袴の着方は、まず着物を丈が短くなるように着て、半幅帯(振袖用などの帯よりもカジュアルな帯)を巻き、帯の結び目に袴をひっかけるようにして袴の紐を結び、袴を固定します。

レンタルは、着物と袴を選ぶプランと、袴だけを選ぶプランがあります。
オプションで小物も選べる場合が多いです。

着物をお持ちの方であれば、用意する物は袴だけでよいでしょう。
通常、袴は小振袖などの袖の短い着物と合わせて着用しますが、最近では成人式の時に誂えた振袖と合わせる方も増えています。
伝統を重んじる方は気になさるかもしれませんが、せっかくの晴れの舞台ですので、お好きな着物を着たら良いと思います。

呉服店でも、マルイなどの商業施設でも、オンラインショップでも、レンタルすることができます。
便利なのは、大学生協のレンタルサービスです。

それぞれの特徴をご紹介しますね↓

呉服店などでレンタルした場合
着付けやヘアメイクをしてくれる美容院を予約したり、式後の謝恩会のために着替える場所を確保したり、時間内に返却したりと、当日の予定を綿密に組む必要があります。

当日の予定を組むことが苦ではなく、髪型や着物に強いこだわりがあるようでしたら、呉服店などでレンタルされることをおすすめします。

納得のいくまで探しましょう!

大学生協の場合
大学構内や式場に近い場所に着付けヘアメイク会場を用意してくれたり、卒業式の時間配分を把握していたり、式が終わったら袴を脱いで返すだけだったりと、式当日がとても過ごしやすいです。

もし、生協のレンタルサービスの中に、気に入る着物や袴があるようでしたら、検討してみてください。

卒業式で袴を着る場合のコーディネートのコツ

袴は、振袖などの着物よりも、決まりがゆるく、選べる小物も多く、自由度が高いといえます。
色や柄の組み合わせに悩む方は多いと思います。

けれど!!

正直なところ、みんなかわいいです 笑
誰も気にしません。

大正モダンでも、古典的でも、レトロでも、正統派でも。
主役本人の好みです。一目は気にせず堂々と選びましょう。

そんな中、あえて考えるべきコーディネートのコツをお伝えします。

それは、当日の行動を考えて着物と袴以外を決めることです。
体験した人はわかると思うのですが、人によって、卒業式当日の行動が異なるのです。

スポンサードリンク

広い大学構内を移動しなければならない人、式の後に謝恩会がある人、謝恩会の進行係になっている人、とても冷える体育館や講堂で卒業式がある人。
当日のスケジュールはさまざまです。

足元
草履もブーツも、袴に合わせることができます。草履は清楚な印象で、ブーツは軽やかな印象があります。

卒業式の会場が、都内の講堂などであれば、どちらでもお好きな方でよいと思います。
急な坂の上にある大学や、階段をたくさん上り下りしなければならないような会場の場合、何か係があって忙しく移動する場合などは、ブーツの方が圧倒的に動けます。
また、天候が荒れやすい地域の場合、濡れても大丈夫なブーツは安心です。

草履は足袋が必要です。ブーツはタイツや靴下でもかまいません。
足元の防寒も考慮しましょう。

草履とブーツでは、着るときに袴の長さが変わってきます。
草履では、袴の裾線が足のくるぶしくらいになるように着ます。ブーツでは、もっと短くなるように着ます。
袴を選ぶときに、袴の長さが重要になってきますので、袴を決める前に、ブーツにするか草履にするかを決めておきましょう。

バッグ
レンタルのセットに含まれているバッグや、袴姿に推奨されているバッグが、巾着袋です。底の部分が籠になっているものなどもあります。

写真を撮るときに持つと、かわいいです。
ただ、実際写真を撮るときは、証書を見せるように撮ったりするので、あまり存在感がありません…

さらに、卒業式は予想外に荷物が多くなったりすることもあるのです。

大学によりますが、私が通っていた大学では、卒業時にアルバムみたいな重い冊子が配られ、卒業証書もなぜか大きな厚手の手隙和紙で筒がなく、プレゼントをもらったりしたら、もう、手がいっぱいに…
急遽研究室から紙袋をもらう人や、コンビニで紙袋を買う人や、そのまま帰りに宅急便の営業所に駆け込み実家に送る強者まで。
すいぶん、慌ただしいことになりました。

そんな中、和装にも似合う少し大きめなかばんを持っていた子は、冊子類をかばんに入れ、証書だけを手に持ち、颯爽と歩いておりました。
また、着物に着慣れている子は、大きな風呂敷を広げ、全てをまとめていました。

卒業式当日に、荷物の多くなる可能性がある方は、巾着袋にこだわらず、少し大き目なバッグにするか、サブバッグや風呂敷を持っていきましょう。

ヘアスタイル
卒業式の後に謝恩会があり、謝恩会は袴からドレスに着替えて参加するという方もいらっしゃるでしょう。
自宅で着替えたり謝恩会会場の更衣室などで着替えたりする予定の方は、和装と洋装どちらでも似合うヘアスタイルか、少しの手間で和装から洋装に変えられるヘアスタイルにしておきましょう。

友達と写真を撮ったり、合間にランチをしたり。
式と謝恩会の間の時間は、思いの外早く過ぎてしまいます。謝恩会で係がある方などは、もっと時間がないと感じるでしょう。

ですから、ヘアアクセサリーを変えるだけで印象を変えられるヘアスタイルや、いくつかピンを外すだけでダウンスタイルが決まるようなヘアスタイルにしておくと、時間短縮になります。
ヘアスタイルを決めるときに、美容師さんによく相談してください。アクセサリーを付ける位置など、アレンジのコツを聞いておくと、当日の着替えがスムーズです。

着付けをしてくれた美容院で着替える方は、美容院の方が見てくださるでしょうし、あまり問題がないと思います。

卒業式の袴のまとめ

卒業後、学校の教員になる予定の方は、赴任先の卒業式で着用することもできるので、袴の購入を考えても良いかもしれません。
その場合は、先生としての威厳を感じる、落ち着いた色を選びましょう。

中学生の時の卒業式で、担任の先生と体育の先生、2人の先生が袴姿でした。
担任の先生は、紅矢絣に紺地袴、三つ編みおさげで絵に描いたような女学生の袴姿。
体育の先生は、桜色の色無地に深緑地袴、ショートカットの髪をセットされていました。

担任の先生のコスプレ感に、子供ながらに驚いた記憶があります。体育の先生は、とてもかっこよく、ドキドキしました。

そう思うと、色や柄がたっぷりと入った、華やかな着物と袴の組み合わせは、若いときにしかできないのだと思います。

思い切り着飾って、素敵な卒業式をお迎えください。

最後までお読みいただきありがとうございました◎

スポンサードリンク