かりんの実の食べ方!コンポートのレシピとジャムの作り方

シェアいただけると嬉しいです

かりん

こんにちは!ふきよせです。

先日いただいたかりんの実が、お部屋に置いてあります。
少し香りがしてきました。かりんの香りに癒されています。

かりんは、シロップ、はちみつ漬け、果実酒などに加工する食べ方が一般的ですね。ですから、かりんの実は食べられないと思っているかたもおられるかもしれません。

漬けたあとのかりんの実を、捨てている方も多いのではないでしょうか?

コツをおさえれば、かりんの実はとてもおいしく食べることができます。
私が行っているかりんの調理方法から、かりんの実を食べる方法をご紹介します。

スポンサードリンク
  

かりんの実の食べ方

私は、かりんが手に入ったときは、まず液体の保存食を作ります。
それでもまだかりんがあったら、食べます!

かりん飴とかりんシロップの作り方は、こちら→

シロップなどの保存食を作るときも、果実を食べるときも、どちらにしても最も大切なことは、完熟したかりんを使うことです。

熟したかりんを使っても、少し独特の渋みが残ることがあります。少しならば、そのような風味のものとして食べることができます。
しかし、熟していないかりんを使うと、調理後も渋みが強く残ってしまい、食べられたものではなくなってしまいます。

調理する前に、かりんがしっかり熟しているかどうか、必ず確認しましょう。

枝から収穫したものは、少し黄緑がかっています。黄色と黄緑のグラデーションになっているときもあります。
熟成が進むと、果実全体が明るく濃い黄色になります。

すべすべだった皮の表面に艶がでてきます。独特な艶で、蝋のような少し油っぽい感じです。りんごの艶に似ています。
この艶が全体に出てきて、触るとぺトぺトするようになったら、食べごろです。
香り
熟成が進むと、香りがとても強くなります。部屋の芳香剤のように広範囲に匂いがするくらい、強い香りです。

もし、かりんがまだ未熟だった場合、そのまま室内に放置して、追熟させましょう。
直射日光を避け、明るくあまり冷えすぎないところに置いておきます。乾燥している部屋でしたら、新聞紙で覆います。

なかなか追熟が進まないようでしたら、りんごやバナナと一緒にビニール袋にいれてみてください。りんごやバナナは、熟成を促すアセチレンガスを多く放出する果物です。

かりんのコンポートのレシピ

かりんの実は渋くて、生食で食べることはできません。
かりんで何か作る前に、少しだけかじってみてください。衝撃を受けると思います(苦笑)

かりんの実を食べるときは、必ず火を通します。火を通すと、渋みが消えるのです。
とても簡単でおいしく食べることができる方法が、コンポート(砂糖煮)です。

かりんのコンポート
用意するもの:かりん、砂糖 かりんの重さの20~30%の量、水

①かりんを洗って切ります。
②鍋にかりんと、かりんが浸るくらいの水と、砂糖をいれて、火にかけます。
③焦げ付かないように揺らしながら、中火で煮ます。
 あくが出てきたときは、丁寧にとりましょう。
④煮汁がほとんどなくなったら、できあがりです。

このコンポートは、そのままいただくことはもちろん、さまざまな料理に使うことができます。

スポンサードリンク
・肉料理のつけあわせ 
・パイやタルトのフィリング(詰め物) 
・パウンドケーキ、マフィン、チーズケーキなどの焼き菓子の具材 
・ゼリー、ムース、グラニテ(氷菓)などの冷たいデザート などなど

経験上、りんごで作ることができる料理ならば、かりんでもできると感じています。(全てではないと思いますが)
かりんは、酸味があって食感や風味が異なるりんごのようだと思っています。
ですから、シナモンやナツメグなどのスパイスも合いますし、少しレーズンを加えてもおいしいです。

かりんはりんごよりは硬くて火が通りにくいです。かぼちゃのようにとても硬いです!切るときは、くれぐれも気を付けてください!!
薄く切ったり、細かく刻んで、焦げないようにじっくりと火を通します。
私はいちょう切りにすることが多いです。小さいかりんでしたら、櫛切りでも大丈夫です。

かりんジャムの作り方

かりんのジャムも、いろいろな料理に応用できます。ジャムを煮込み料理に加えると、コクが増します。
さらに、ジャムは長期保存もできるので、作っておくと一年中かりん料理を楽しむことができます。

かりんジャム
用意するもの:かりん、水、砂糖 かりんの重さの50%の量

①かりんを水洗いします
②かりんを縦に切って、種を出します。
 種は捨てずにとっておきます。
③かりんの皮をむきます。
 皮は捨てずにとっておきます。
④かりんを適当に細かく切ります。
 スライスでもいいです。
⑤鍋に皮と種と水を入れ、火にかけます。
 皮と種がひたひたになるくらいの水の量です。
 10~15分くらいすると、とろみが出てきます。
⑥こし器などで濾します。
⑦鍋に煮汁と砂糖とかりんの実を入れて、煮詰めます。
 弱火で、焦がさないように、木べらで攪拌し続けます。
⑧お好みのとろみになったら、殺菌したビンに詰めます。

煮詰めれば煮詰めるほど、うすいピンク色→橙色→茜色と濃くなっていきます。
少しゆるいかな?と思うくらいが、冷えたときに扱いやすいかたさになります。

砂糖の量はお好みですが、保存のことを考え、果物の50%は糖分があるようにするとカビが発生しにくくなります。

はじめから皮も種も実も鍋に入れて煮込み、6の工程ですべてを濾してしまって、かりんのエキスのみのジャムを作ることもできます。濾すときに、ぎゅうぎゅうと絞らないようにすると、透明な美しいジャムになります。

かりんの実は硬いので、煮くずれまでに時間がかかります。ジャムをなめらかな食感にしたい場合は、フードプロセッサーで細かくしても良いでしょう。

かりんのシロップやはちみつ漬けを作って、ビンの中に残ったかりんを使って、ジャムを作ることもできます。
漬けた後のかりんは、しわしわぱさぱさしていて、そのままですとおいしくありません。

・鍋にかりんとかりんがひたひたになるくらいの水の量のを入れて、蓋をして煮込みます。
・焦げ付かないように、こまめに確認してください。

30分~1時間くらい、木べらでつぶしながら攪拌すると、ジャムになります。
通常のジャムづくりより、時間がかかります。ことこと煮込む感じです。圧力鍋をお持ちでしたら、使ってください。時間短縮になります。

かりんの食べ方のまとめ

作りたてのジャムは少し渋みが残っていることもありますが、しばらくたってから食べてみると渋みが気にならなくなることもあります。

かりんは火にかけると、どんどん色が変化していって、理科の実験のようで、調理がとても楽しいです。独特のとろみも、おもしろいです。かりんほど変化がわかりやすい果物は、他にはないと思います。

個人的に一番好きなのは、かりんパイです。アップルパイの要領で、コンポートをパイ生地で包みます。酸っぱさがやみつきになります。ぜひお試しください♪

最後までお読みいただきありがとうございました◎

スポンサードリンク