正倉院展の混雑状況は?時間帯を意識したチケット購入で混雑を回避!

シェアいただけると嬉しいです

正倉院展

こんにちは!ふきよせです。

多くの人が訪れることで有名な秋の展覧会、正倉院展(しょうそういんてん)。

毎年「正倉院展が始まりました」と報じられるニュースでは、入館待ちの長蛇の列が映し出されます。

「正倉院展に行って見たいな~」と思っていても、そんな映像を見てしまうと、しり込みしてしまいますよね(;’∀’)

混雑状況がわかっていれば、覚悟をもって正倉院展に挑めますし、混雑を避けることもできます。

また、混雑回避を意識すると、選ぶべきチケットの種類が変わることも。

正倉院展好きの私が体験をもとに、混雑回避のポイントと、効果的なチケットの購入方法をご紹介します。

スポンサードリンク
  

正倉院展の混雑状況

正倉院展は、毎年20万人以上もの人が訪れる大人気の展覧会です。
正倉院展がどんな展覧会なのかは、こちら→

2016年の1日あたりの入場者数は、なんと12,271人。
単純計算で1時間に1364人もの人が訪れていることになります( ゚Д゚)

もちろん、混雑状況には波があって、基本的に下記のとおり↓

  • 土日祝日>平日
  • 昼間>夕方以降

1番混んでいるのは、土日祝日の昼間
1番空いているのは、平日の夕方

ということになります。

そうそう、
これだけ混んでいると、小さいお子さんがいるパパママさんは、子連れで正倉院展に行くのをためらいますよね…

事前予約が必要ですが、奈良国立博物館は託児所を用意しています。

お子さんがいるのなら、ゆっくり安全に鑑賞できるように、こちらもご検討ください^^
託児所については、こちら→

正倉院展の混雑回避のポイントは時間帯と団体客

正倉院展は9:00に開館し、平日は18:00、土日祝日は20:00に閉館します。

ご年配の方や、小さなお子さんがいらっしゃる方は、昼間に外出する傾向がありますよね。
必然的に、昼間の方が、来場者が多くなります。

また、正倉院展には、旅行会社のツアー団体の他、学校行事として学生の団体も、たくさん訪れます。
ですから、混雑を避けるためには、団体客の動きも把握しておく必要があります。

これらのことをふまえて、昼間に鑑賞する場合と、夕方以降に鑑賞する場合の、混雑回避方法と、選ぶべきチケットについてご説明します。

昼間に鑑賞する場合

開館前から並ぶ人も多く、開館直後はかなり混みます。
空いているときでも15~30分くらい、混んでいると1時間半待ちなど。

あまりにも混んでいるときは、開館時間が15分ほど早まることがあります。

10時から15時までは、団体が入ります。
でも、団体は必ずお昼休憩をとりますから、会場はお昼に人が少なくなります。

12時には会場に入れるように並んでおくと、ちょうど空いているときに鑑賞できます。

13時を過ぎると、また人が徐々に増え始めます。

昼間に鑑賞するのなら、前売りチケットを購入しておきましょう

前売りチケットを持っていれば、すぐに入館の列に並ぶことができます。
当日券を買う列に並んでから、入館の列に並ぶと、時間が大幅にかかってしまいます。

購入方法は次の章でご説明しますね。

夕方以降に鑑賞する場合

スケジュールに余裕があるのなら、遅い時間もおすすめです。

団体が入館するのは15時までですから、16:30頃からはグッと人が少なくなります。
(正倉院展の鑑賞時間は、だいたい1時間半とされています)

閉館時間までという時間制限がありますが、かなり館内は動きやすくなります。

夕方以降に鑑賞するのなら、オータムレイトチケットを購入するとお得です。

オータムレイトチケットは、閉館時間1時間半前(平日16:30、土日祝日18:30)から使える当日券です。
発売時間は、入館可能時間の1時間前からです。

団体利用

もし、「スケジュールがタイトだから、もっと効率的に鑑賞したい」
「足腰が弱くて、ずっと並ぶのが不安」という状況でしたら、
あえて団体客になってしまうという方法がおすすめです。

ツアーに申し込めば、予定に沿って優先的に入館させてもらえまし、チケットも用意してもらえます(そしてちょっとお得)

今度別記事で、ツアーについてご紹介させてもらいますね^^

スポンサードリンク

正倉院展のチケット購入方法

チケットの種類と価格

当日券、団体券、オータムレイトチケットは、奈良国立博物館観覧券売場で販売されます

当日 前売・団体 オータムレイト
一般 1,100円 1,000円 800円
高校生
大学生
700円 600円 500円
小学生
中学生
400円 300円 200円
親子ペア 1,100円

団体は、責任者が引率する20名以上です。

親子ペア観覧券は、一般1名と小・中学生1名がセットになっています。
前売り券のみで、主要プレイガイド、コンビニエンスストア(一部)で販売されます。

障害者手帳をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料です。

前売り券

販売期間 9/13(水)~10/27(金)

販売店

  • 奈良国立博物館観覧券売場
  • 近鉄主要駅
  • 近畿日本ツーリスト
  • JR東海ツアーズ
  • JTB
  • 日本旅行
  • ローソンチケット
  • セブン-イレブン
  • チケットぴあ
  • CNプレイガイド
  • イープラス など

その他のチケット

その他に、招待券や割引券があります。

読売新聞社が協力しているので、新聞をとっていると割引券がもらえたり、関連会社などの景品として招待券がもらえたりします。

また、奈良近隣の宿泊施設では、鑑賞券付きの宿泊プランを用意しているところも。

この周辺では、とても有名な奈良ホテル。
こちらにも、正倉院展のセットプランがあります↓

ご自身の旅の予定と照らし合わせて、ぴったりなチケットを探してみてくださいね。

体験談

少し体験談を。

私は学生の頃からずっと正倉院展に行っていまして。

学生のときはお金もなかったので、学校が終わった金曜日の夜、京都行きの夜行バスに乗り、朝から正倉院展に行き、その日の夜中に帰ってくるという、弾丸ツアーを決行していました。

はじめてこの方法で行ったときは、奈良公園をのんびり散歩してから、開館30分前くらいに行ったら長蛇の列で…orz
人気の高さと、皆さんの熱意に驚きました。汗

卒業してからは、有給をとってのんびり奈良に宿泊しつつ、正倉院展を楽しんでいます。

私は飽きずに何時間でも会場にいれるので、「混んでるな~」と思ったら途中で会場を出て、空いてきた頃を見計らって再入場したりしています。

出口で再入場を申告すると、スタンプを押してもらえて、当日ならもう一度入ることができるんです。

外では、歩いてすぐの興福寺で特別公開を拝観したり、ご飯を食べたりしています。
正倉院を見に行ったことも。

奈良国立博物館周辺だけでも、かなり見応えのある場所がたくさんありますから、存分に楽しめると思います^^

正倉院展の混雑回避のまとめ

1年に1回の展覧会で、どうしても混んでしまうと思いますが、人の流れを見つつ、上手にスケジュールを立ててみてください。

そして、スケジュールに合わせて、必要なチケットを選んでください。

時期が合えば、紅葉も楽しむことができます。
秋のお出かけに、古都奈良で行われる正倉院展、ぜひご検討くださいね^^

最後までお読みいただきありがとうございました◎

スポンサードリンク