正倉院展の日程と会場。正倉院とは?宝物展示ってどういうこと?

シェアいただけると嬉しいです

正倉院展

こんにちは!ふきよせです。

8月をすぎると、ニュースで正倉院展(しょうそういんてん)について報じられるようになります。

「今年の正倉院展の日程は…」
「正倉院展に初出展されるのは…」

さらっと報じられるので、「正倉院展ってなんだろう?」と思うかもしれません。

もし日本の歴史や美術に興味があるのなら、ぜひ一度はご覧いただきたい展覧会が、正倉院展。

私が毎年楽しみにしている、1番好きな展覧会でもあります。

正倉院展の日程や会場はもちろん、正倉院とは何か、どんな展覧会なのかをご紹介します。

スポンサードリンク
  

正倉院展の日程と会場

正倉院展とは、年に1回秋に、奈良国立博物館で開催される展覧会です。

展覧会では、東大寺正倉院に納められていた宝物が展示されます。

ふだんは非公開になっている、宮内庁管轄の歴史ある貴重な宝物です。

短い会期にもかかわらず、全国から毎年20万人以上もの人が訪れるのだとか!
海外からも注目されている、大人気の展覧会なんです。

第69回正倉院展

会期   10月28日(土)~11月13日(月) 全17日 2017年
会場   奈良国立博物館 東新館・西新館
     詳細な地図や周辺情報は、こちら→【楽天たびノート】
休館日  会期中無休
開館時間 9:00~18:00
     10/28・29・11/3・4/・5・10・11・12は20:00まで
観覧料金 当日一般  1,100円 
     当日高大学生 700円
     当日小中学生 400円
料金については、後日別途記載します

正倉院とは?

正倉院の歴史

そもそも、正倉院とはなんでしょう?

1度は歴史の教科書で、勉強したことがあるはずですが、忘れちゃっているかもしれません。

正倉院とは、奈良時代に建てられた東大寺の大型の倉で、宝物を納めていた宝庫です。

校倉造(あぜくらづくり)の高床式倉庫として有名です。(思い出してきましたか?^^)

現在は、ユネスコの世界遺産に登録されていて、宮内庁が管轄する建物になっています。

もともと正倉とは、「正税を納める倉」という意味で、各地から集められた品を納める倉のことでした。

大きなお寺にも、寺領から納められた品や宝物を収蔵する正倉があり、いくつもの正倉が立ち並ぶ一角を正倉院といいました。

長い歴史のなかで、数々の危機を乗り越え、奇跡的に残ったのが、東大寺正倉院内の1棟。
この1棟を、現在では正倉院と呼んでいます。

正倉院の場所

正倉院は、現在でも東大寺敷地内にあり、奈良国立博物館から歩いて行ける距離です。

塀に囲まれていますが、近くまで行って外観を見ることができます

正倉院展開催期間は、公開日時が延長されますから、この機にぜひご覧になってみてください。

正倉院外構の公開

実施日時   月曜から金曜まで 10:00~15:00
実施しない日 土日祝日
       12/28~1/4
       特別な行事の日
料金     無料、手続き不要
正倉院展開催期間は会期中無休、10:00~16:00

正倉院周辺の地図はこちら→

スポンサードリンク

正倉院の宝物が展示されるのはなぜ?

正倉院展のはじまり

正倉院は、天皇陛下の許可がないと開けることができません。(勅封倉といいます)

現在、宝物は、昭和期に建てられた新しい宝庫に移されて、管理されています。
新しい宝庫も勅封倉で、毎年正倉院展に合わせた秋に開封され、点検調査が行われています

宝物は、明治から昭和にかけて、宝物の虫干し(曝涼といいます)のときに、限られた人々だけが見ることを許されていました。
ときには、外国から来た高官に見せるために、開封されたこともあるのだとか。

1946年以降、曝涼に合わせて、一般公開されるようになりました
虫干しがきっかけとは、意外かもしれませんね^^

正倉院の宝物

正倉院の宝物は、なんと約9000点!
ほとんどのものが8世紀の遺品です。

種類は、書巻、文房具、調度品、楽器、仏教関係品、行事用具、武器、食器、服飾品、など、多岐にわたります。
金属、陶芸、染色、木工、漆、ガラスなど、美術工芸すべての分野の素材が揃います。

また、当時の日本は外交も行っていたため、中国、インド、イラン、ギリシャ、ローマ、エジプトの、シルクロードを渡ってきた品がたくさんあります。

すごいのは、これらすべてが出土品ではないということ。
ほとんど倉を開けなかったこともあり、とても保存状態が良いんです。

正倉院展で展示される宝物は、この膨大な数の中から、約70点

何十年に1回しかお披露目されない品も、少なくありません!!

展示される宝物

毎年8月になると、その年に展示される宝物が発表されます。

リピーターさんなら、お目当ての品が出されるか、初お披露目の品はどれか、気になることでしょう。

目玉となる宝物は、メディアで大々的に紹介されます。

2017年の主な出陳品はこちら→

そうそう、
展覧会では、宝物は大きな展示ケースにポツっと展示されていたりします。

細部を見ようとすると、ケースのガラスに鼻がくっついてしまうことも。汗

単眼鏡か双眼鏡を持っていくことをおすすめします。

正倉院展のまとめ

私はご縁があって、正倉院の下をくぐらせてもらったことがあります。
本当に大きくて力強く、圧倒される建物でした。

長い年月、さまざまな戦禍を乗り越えて残ってきた宝物を見ると、1200年以上前に宝物を作った人、使った人、守ってきた人々がいることを想像します。
畏敬の念をいだかずにはいられません。

つい、手を合わせたくなってしまいますw

今年は私の大好きな緑瑠璃十二曲長坏(ガラスの盃)が出陳されるとか!
楽しみです~♪

時期が合えば、紅葉も楽しむことができます。
秋のお出かけに、古都奈良で行われる正倉院展、ぜひご検討くださいね^^

最後までお読みいただきありがとうございました◎

スポンサードリンク