成人式のお祝い金の相場と喜ばれるプレゼント。いつ渡したらよい?

シェアいただけると嬉しいです

式典

こんにちは!ふきよせです。

親戚や友人のお子さん、職場の後輩など、身近に新成人になる方がいらしたら、かつての自分の成人式を思い出して、嬉しい気持ちになりますね。
大人の仲間入りとなる門出に、お祝いをしたいと思う方も多いでしょう。

「お祝い金はいくら包んだらいいの?」
「それとも品物がいいの?」
いざお祝いをしようとすると、迷ってしまいますね。
自分の成人式の時の状況を思い出そうとしても、親戚の方がいくら包んでくれたのかなんて、そうそう思い出せません。
お祝いをあげたい新成人が一人ではなく複数人いたら、不公平になってしまうのも困りますね。

お渡しする時期も含めて、お祝い金とプレゼントについて確認しましょう。

スポンサードリンク
  

成人式のお祝い金の相場

成人祝いの一般的な金額の相場は、以下のようになっています。

・両親・祖父母  1万円~5万円
・叔父・叔母  1万円~3万円
・姪、おい   1万円~3万円
・兄弟     1万円~3万円
・その他親戚  5千円~2万円
・知人     5千円~1万円

ご祝儀袋は、蝶結びの紅白の水引です。
表書きは「御祝成人」 「御成人祝」と書きます。
名入れはフルネームで、水引の下の段に書きます。
大人のお手本を見せるということで、きちんと毛筆か筆ペンで書きましょう。

お相手は、まさにこれから大人への一歩を踏み出すのですから、いくら小さい頃から知っている子だったとしても、ポチ袋を使ったり、現金をそのまま渡したりするのはやめましょう。
きっと、ひとつひとつを見ていますよ。

成人式のお祝いをプレゼントで贈る

現金はどんな物の足しにもできるので、大変重宝されますし、もらった方も嬉しいですが、現金をお祝いで贈ることに抵抗のある方もいらっしゃるかもしれません。

そのような場合は、大人のたしなみとして持っているべきものをプレゼントすることをご提案します。

袱紗
冠婚葬祭で絶対に必要となってきますが、使うべき時は急に来るので、準備を忘れがちな物です。
慶事用弔事用をセットで、またはどちらでも使える紫色がよいでしょう。
風呂敷
若いうちは使う機会がほとんどないでしょうけれど、社会人になるとご進物をお包みするときなど、風呂敷が必要になることがたびたびあります。
そのような時に、間に合わせの薄い化繊の風呂敷ではなく、きちんとした正絹の風呂敷があると大変便利です。

どんな場合にも使える縮緬がよいでしょう。
ある程度の価格の物は桐箱に納められており、名前を染め抜くこともできるので、とても立派です。
専門店やデパートの呉服売り場でご相談ください。

万年筆
社会人になると、大切なお手紙を書いたり、書類を書いたりする機会が増えます。
そのようなとき、安価なボールペンではなく自分の万年筆を使うと、一字一字心を込めて書いていると自覚できますし、書かれた字にも重みが増します。

スポンサードリンク

大きな文房具店やデパートでは、名前入れのサービスがあります。万年筆は箱もしっかりしていて美しいです。
とても高価な万年筆もたくさんありますが、それは年を重ねてからご自身で気に入った物を手に入れてもらうとして、まずは入門的な万年筆をプレゼントなさったらよいでしょう。

物は物でも、消えてなくなる物の方が良い場合、お祝いの時にいただく食品はいかがでしょうか?
なかなか自分で買わない物です。

紅白饅頭
老舗和菓子店の紅白饅頭は、どこも立派です。どの店舗も常時販売しているわけではなく、予約が必要ですので、お日にちに余裕をもって予約しましょう。
お赤飯
和菓子店やお赤飯専門店で販売されています。こちらも予約なしでは手に入りません。
ご家族の人数分をお渡しすれば、みなさんで楽しんでもらえますね。
生まれ年ワイン
この先、新成人の方がお酒を飲まれるようになるかはわかりませんが、お酒が解禁の時に同い年の飲み物を手にするとは、なかなか印象深いものがあります。

少しだけ背伸びをしたように感じる物、大人の仲間入りを感じる品ならば、心に残る大切な贈り物となるでしょう。

成人式のお祝いはいつ渡したらよい?

成人式の前日までといわれています。
お祝い事は結婚式でもなんでもそうですね。
当日は大忙しです。

もし食品をお渡しするのならば、前もってご両親やご本人にお伝えするべきかと思います。
週末に食べてもらえるように手配することもできるでしょう。

直接お会いしたときにお渡しするのは、もちろんよいでしょう。
しかし、わざわざ時間を作ってお会いするのでしたら、着付けなどの関係で式の前日からお忙しい場合もありますし、配送にして都合のよいときに受け取ってもらうのも、お相手想いかもしれません。

成人式のお祝いのまとめ

私は、成人のお祝いで、真珠のネックレスとイヤリングのセットを母からもらいました。
結婚式の披露宴、お葬式やお通夜、全てにおいてこの真珠を身につけています。

真珠や宝石の類は、両親や祖父母など親しい人からであれば素直に嬉しいですが、それ以外の方からですと気おくれしてしまうかもしれませんね。

成人とはいっても、まだ学生の方も多いですし、社会人になっていても駆け出しでしょう。
成人式のお祝いは気持ちなので、お相手の負担にならないことを前提に、選んでいただければと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました◎

スポンサードリンク