酉の市では熊手が縁起物!粋な買い方と飾り方

シェアいただけると嬉しいです

酉の市

こんにちは!ふきよせです。

活気ある賑わいを誇るお祭り、酉の市。
たくさんの露店が並び、いたる所で掛け声が飛び交い、威勢のよい手締めが行われる年末の風物詩です。

酉の市は自営業の方々には、商売繁盛祈願の熊手を手に入れるお祭りとして、馴染み深いお祭りです。
新しく事業を始めた方は、酉の市に行ってみたいとお思いかもしれませんね。

これらの熊手は、値札がついて販売されている物ではありません。

「どうやって手に入れるのか」「手に入れた熊手はどうするのか」を確認してから、酉の市に行きましょう。

スポンサードリンク
  

酉の市の熊手は縁起物

毎年11月の酉の日に、鷲神社、酉の寺、大鳥神社など鷲や鳥にちなむ寺社で行われる「おとりさま」といわれる祭礼が行われます。
酉の市とは、その時に境内に立つ市のことです。

鷲神社は、日本武尊を祀り、武運長久、開運、商売繁盛の神として信仰されています。
もともと武運長久の神として、主に武士の信仰を集めていました。

酉の市の名物は、縁起物がたくさんついた熊手で、「かっこめ」「はっこめ」といわれます。

江戸時代に祭礼の市で農耕具として売られていた熊手が、福運や財宝を掻き込むものとして見立てられ、縁起物となりました。

今では、鷲神社は商売繁盛・開運招福の神としても、広く信仰されるようになりました。

11月の酉の日は、2回くる年と3回くる年があります。
一回目の酉の日を一の酉、二回目を二の酉、三回目を三の酉といいます。

「三の酉まである年は火事が多い」といわれ、「火の用心」の札が貼ってある熊手もあります。
ひと月に3回も祭礼が立つことにより、日常生活がゆるまないよう戒める意味合いがあったとされています。

酉の市での熊手の粋な買い方

酉の市で手に入る熊手は2種類あります。

神社やお寺で授与される、御守りとしての熊手
神社の授与品であれば、お祓いの後祝詞を上げられたもので、神様の分け御霊ということになります。

神社境内の社務所や授与所で手に入ります。
シンプルな熊手で、1000円前後からあります。

露店で販売される縁起飾りとしての熊手
七福神、おかめ、宝船、大判小判、鶴亀などの装飾がたっぷり施された熊手です。

酉の市の熊手は、安く買うほど縁起がよいとされ、売り手と買い手の間で値段のかけひきが行われます。

①最初に売り手が提示した金額を、買い手が値切ります。
②さらに値切って、頃合いをみて商談を成立させます。
③買い手は、そのまま安く買うのではなく、最初に提示された金額を支払います。
 「お釣りはご祝儀で」と言って、値切った分はご祝儀として渡すのです。
④この商談が成立すると、威勢のよい三本締めの手拍子が打たれます。

例:10000円の熊手を5000円に値切って買うのではなく、5000円の熊手を値切って3000円にまけてもらい、支払い時に5000円を支払っておつりはもらわない。

実際は売り手の言い値で買っているのですが、酉の市ならではの粋な買い方といわれる風景です。

スポンサードリンク

特に値切らなくて問題はありませんし、普通に買えます。
「初めてですけど値切らせてください」と言って交渉をしてみても、お店の方は喜んで応じてくれます。
いきなり値切り交渉をするのが恥ずかしければ、酉の市に通い慣れてから挑戦してみてもよいでしょう。

また、毎年ひと回りずつ大きな熊手に買い換えるとよいとされます。

商売が順調に行き、事業の拡大や世帯の繁栄にあわせて、熊手を大きくしていくという意味があります。

大きい熊手から小さい熊手にすると、福徳が下がってしまうとされ、嫌われます。
前の年と売り上げが変わらないときは、二年連続で同じ大きさの熊手を選び、保留にしましょう。

初めて購入するならば、小さい熊手を選びましょう。
気にいったお店で、お店の方に初めて買うことをお伝えすると、買いはじめにオススメの熊手を紹介してくれます。

我が家は、ある程度の大きさまで大きくしていったら、飾るスペースがきつくなりました。そのことをお店の方に相談したところ、同じ大きさでグレードを上げていくことを提案されました。

同じ大きさでもお値段が高くなると、飾りが増えたり、飾りの質が良くなったりして、お値段に比例してどんどん豪華になっていきます。
「今年は本物の稲がさしてある」「今年は鶴亀がよく作り込まれていてリアルになった」「ザルが付いた」などと変化を楽しんでいます。

さらに、お店の常連さんになると、その場で木札に名前を書いて、熊手に挿してくれます。
自分だけの物という特別感が嬉しくなります。

購入した熊手は、「より大きな福をかき込んでくれるように高く掲げて持って帰る」といわれています。
しかし、人混みの中を通って帰るときは、熊手をかかげないと熊手が壊れます。
気を付けて持って帰りましょう。

酉の市で手に入れた熊手の飾り方

神社の授与品の熊手は神棚に、お寺の授与品の熊手は仏壇にお祀り下さい。
神棚や仏壇がなければ、高いところに飾ってお祀りしましょう。

露店にて購入された熊手は、家でもお店でもお好きなところに飾りましょう。

・玄関の少し高いところの場合、熊手の正面を入り口に向けて飾ります。
・室内の少し高いところの場合、熊手の正面を東・西・南に向けて飾ります。
 北に向けることはしません。
・その年の恵方(吉方)に向けて飾ります。

紐などをかけてもよいですし、針金などでくくりつけてもよいです。
熊手は上部が重いので、安定するようしっかりと固定することをおすすめします。

酉の市の熊手のまとめ

熊手の交換は、次の年の酉の市で行います。
神社やお寺に古い熊手を納める場所が設けられるので、そこに返してから、新しい熊手をいただきます。

飾りとして本物の5円玉がついている熊手もあります。
この5円玉は熊手から外し、神社に熊手を納める前に、景気のよさそうな繁盛しているお店で使うのがいいといわれています。

場所や曜日や天気にもよりますが、最後の酉の日が混んでいると感じています。
週末の酉の日もすごく混みます。
我が家は、熊手の種類が揃っている一の酉の早い時間を狙って行きます。

前夜祭がある酉の市も多く、夜の酉の市も提灯が美しくて、見ごたえがあります。

ぜひ酉の市で、活気ある風情をお楽しみください。

最後までお読みいただきありがとうございました◎

スポンサードリンク