アイスをジャムで作る簡単レシピ3選。ヨーグルト味&クリームチーズ味

シェアいただけると嬉しいです

アイスクリーム

こんにちは!ふきよせです。

連日、からだがとけそうな暑さですね~
冷たいアイスクリームが食べたい~~

市販のアイスクリームは添加物も気になりますし、アイス代もバカになりませんし、できればおいしいアイスを自分で作りたいところです。

「でも、手作りアイスクリームは、材料を用意したり、何度もかくはんしたり、面倒そう…」
「アイスクリームメーカーがないから…」

などなど、手作りをあきらめていませんか?

実は、ジャムを使うと、おどろくほど簡単にアイスクリームを作ることができるんです!

今回は、夏の我が家の定番、手作りアイスのレシピを3種類、ご紹介します。
スタンダードな基本のアイスと、ヨーグルト味とクリームチーズ味です。

スポンサードリンク
  

アイスをジャムで簡単に作るレシピ

まずは、いちばん簡単で、とってもシンプルなアイスクリームです。

なんと、材料を混ぜるだけ!
冷凍庫に入れてから、かき混ぜる必要もありません

卵が入っていないので、こってりしたアイスクリームというよりは、濃厚なシャーベットといったお味です。
パクパク食べることができて、暑い夏にぴったりです。

アイスクリームの作り方
用意するもの:お好きなジャム 100~150g、生クリーム 200ml、バット、ボウル、泡だて器

  1. ボウルにジャムと生クリームをいれ、泡だて器で混ぜます。
    30秒くらい混ぜると、とろみが出てきます。
  2. とろみが出たら、バットにうつして、冷凍庫で3時間冷やし固めます。

混ぜすぎないようにするのが、なめらかなアイスに仕上げるコツです。

もし、もっとさっぱりしたお味がよければ、生クリームの量の1/2を牛乳にしてください。
牛乳は、ジャムと生クリームを混ぜた後に入れ、さらに軽く混ぜます。

ジャムの量が多ければ多いほど、糖度が高くなるので、固まるまでに時間がかかります
また、とろみの強いジャムを使うと、よりクリーミーに仕上がります。

ヨーグルトアイスをジャムでアレンジ

次は、ヨーグルトベースのアイスです。

ヨーグルトを入れると、すこしシャリッとしたアイスになります。
アイスキャンディー用の型を使ってアイスキャンディーにすると、食べやすいのでおすすめです。

ヨーグルトアイスの作り方
用意するもの:お好きなジャム 80~100g、ヨーグルト200g、生クリーム 100ml、はちみつ 40g、型、ボウル2つ、泡だて器

  1. ボウルに生クリームを入れて、泡だてます。
    持ちあげて、跡が残るくらいのかたさにします。
  2. もう1つのボウルにヨーグルトとはちみつとジャムを入れて、混ぜ合わせます。
  3. 泡立てた生クリームをヨーグルトに入れて、よく混ぜ合わせます。
  4. スプーンを使って型に流し入れ、冷凍庫で8時間冷やし固めます。

2の工程でジャムを加えず、ヨーグルトとジャムを交互に型へ流し入れると、白いヨーグルトとジャムの色が絶妙に混ざり合って、オシャレでフォトジェニックなアイスに仕上がります♪

もっとさっぱり味がお好みでしたら、レモンをたしてみてください。

私の使っている型はこちら↓

市販のアイスのような、木の棒を使います。
この棒は、あらかじめ水に浸けて湿らせておくと、アイスに挿したときに浮いてきません。

スポンサードリンク

クリームチーズとジャムのアイス

さいごは、クリームチーズを使ったアイスです。

レアチーズケーキのような、しっかりと食べ応えのあるアイスです。
ざっくり盛り付けるだけでも、立派なデザートになります。

クリームチーズアイスの作り方
用意するもの:お好きなジャム 100~150g、クリームチーズ200g、生クリーム 200ml、砂糖 30g、牛乳30cc、バット、ボウル2つ、泡だて器

クリームチーズは常温に戻しておきます。

  1. ボウルにクリームチーズと砂糖を入れて、なめらかになるまで混ぜ合わせます。
    さらに牛乳を入れて、混ぜ合わせます。
  2. もう1つのボウルに生クリームを入れて、泡立てます。
    角が立つくらいのかたさにします。
  3. 泡立てた生クリームとジャムをクリームチーズに入れて、よく混ぜ合わせます。
  4. バットにうつして、冷凍庫で3時間以上冷やし固めます。

3の工程でジャムを半分だけ入れて、バットにうつした後、残りのジャムをちらして表面を軽く混ぜておくと、マーブル調のオシャレなアイスに仕上がります。

ラムやグランマニエなど、お酒をちょっと入れると、香り豊かな大人のアイスに早変わりです。

私の使っているバットに似ている物を探してみました↓

ステンレス製は、アルミ製やホウロウ製よりも丈夫で、アイスをすくうときに傷つける心配もなく、冷凍庫の中でも冷えやすいです。
また、蓋がついていると、冷凍庫の臭いがつきにくく、アイスを保護しますから、おすすめです。

ジャムで作るアイスのまとめ

ご紹介したレシピは、ジャムの味を変えれば、さまざまな味を楽しむことができます。

さらに、砕いたクッキー、ナッツ(アーモンド、ピーナッツ、ピスタチオ、くるみなど)、細かく刻んだチョコを、混ぜ込んだりトッピングしたりすれば、より豪華なアイスにランクアップしますよ~

レシピの分量は、生クリーム(200ml)を使い切りやすい量で表示してみました。
ジャムの量や甘さを調節して、お気に入りの味を探してみてくださいね^^

最後までお読みいただきありがとうございました◎

スポンサードリンク