虫除けスプレーをオーガニックに。チェックすべき成分とおすすめ製品

シェアいただけると嬉しいです

こんにちは!ふきよせです。

夏が近づき、キャンプに山登りに、レジャーが楽しみになってきましたね!

山のレジャーに必須アイテムといえば、虫よけスプレー。

虫に刺されてかゆいと、レジャーに集中できなくて楽しめませんし、昨年はデング熱など、蚊を媒体にした怖い病気が発生しましたし、絶対に用意しておきたいですね。

私は、虫よけスプレーもオーガニック製品に替えています。
虫よけを選ぶときの注意点と、おすすめのオーガニック製品をご紹介します。

スポンサードリンク
  

虫除けスプレーをオーガニックに替える

私は髪のダメージを見直したことから、身体に直接つけるものは、できるだけオーガニックなものを選ぶようになりました。
見直すきっかけになった髪の話については、こちら→

虫よけスプレーってとても便利ですが、日焼け止めのように頻繁に使うわけでもないですし、全然気にせず薬局で適当に買ったものを使っていました
刺されたくないので、目をつむって息を止めて、顔にもかけていました。

うっかり吸い込むと、すごく苦しいんですよね…涙

ふと、この成分って何だろうと思って調べ、衝撃を受けました。

虫除けスプレーの成分

ディート

ディートとは、昆虫忌避剤(虫が嫌がる成分)として使われている化合物です。

虫よけスプレー、虫よけシート、日本のありとあらゆる虫よけ製品に含まれています。
虫よけスプレーのボトルの成分表に、ディート12%などと書かれています。

このディート、米軍が戦時中にジャングル戦用に開発した化学物質で、強い毒性があります。

神経障害、遺伝子障害、発ガン性など過去にいろいろと報告されていて、海外では厳しく規制されている国もあります。
しかし、日本でははっきりとした有害性が認められていないとのことから、使用が続けられています。

公的機関の説明や販売企業の回答なども読みましたが、なんともモヤモヤとした内容ばかりで(苦笑)
海外製品よりも日本製品の方が、濃度が低いから安心との説もありましたが、使用頻度にもよるのでは?と思いますし。

気持ちよく「これからもディート入り製品を使おう」とは、到底思えませんでした。

天然の虫よけ

ハーブやアロマには、虫が嫌がる成分を含んでいることがあります。

上手に使えば、天然の虫よけとして使えますよね。
オーガニックの虫よけ製品は、このようなハーブやアロマを使って、虫を追い払おうという物です。

虫よけに効果があるとされるハーブ
  • シトロネラ
  • ユーカリシトリオドラ
  • ローズゼラニウム
  • レモングラス
  • ティーツリー
  • ハッカ
  • カモミール など

虫よけに効果があるとされるハーブは、さわやかな香りの植物ばかりです^^



虫除けスプレーおすすめの逸品

ハーブの香りは、好き嫌いがわかれるところです。

私はお店で香りを試しまくってから、決めるようにしています。家族で使う場合は、私よりも香りにうるさい主人も連れて行き、2人で嗅ぎまくります。笑

現在、我が家で使っているのは、パーフェクトポーション アウトドアボディスプレー エクストラ↓

パーフェクトポーションは、オーストラリアのオーガニックブランド。

日本と違って、オーストラリアのオーガニック基準はとっても厳しいので、私はオーストラリア製品をかなり信用しています。日焼け大国で、UVに対してもしっかり研究されていますし。
オーガニックの日焼け止めについては、こちら→

アウトドアボディスプレーは、エッセンシャルオイルなど天然成分100%で作られています。
香りを揮発させるためのアルコールも、サトウキビ由来。

生後6か月以降の赤ちゃんから使えるとのこと!優しいですね。

他社の製品とも迷ったのですが、香りが強すぎなかったことが決め手
さわやかな柑橘系で、長い時間まとっていても、つらくない香りの強さです。

スポンサードリンク

今は、日本限定のハッカの香りも販売されているそう↓

よりスースーした清涼感がありそうですね。真夏用に検討中です。

それから、「これは優秀…!」と感動したのが、パーフェクトポーション アウトドアバーム↓

ワセリンのような柔らかい感触の、ダメージケア用スキンバームです。

なんと、虫に刺されたときにコレを塗ると、あっという間にかゆみがなくなります
我が家の敏感肌組も、難なく使えています。

天然成分のみでこんなに効果があるなんて…もうム○は使えません。

お店の方に、「本当にいいから!」と押し切られるように買ったのですが…笑
購入して、大正解でした。

虫の予防にスプレー、刺されてしまったときの対策にバーム、セットでおすすめします。

オーガニック虫除けスプレーのまとめ

確かに虫が媒体になる病気は怖いですし、避けなければなりませんが、だからといって毒を体につける必要はないと思います。
小さいお子さんならなおさらです。

自然の力を使って、賢く虫を避ける方法が世の中にあるのですから、使わない手はないでしょう。

オーガニック製品を上手に使って、夏のレジャーをたっぷり楽しんでくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました◎

スポンサードリンク