入谷朝顔市の日程と時間。おすすめの時間帯と朝顔の値段と限定お守り

シェアいただけると嬉しいです

朝顔

こんにちは!ふきよせです。

7月になると、各地で一斉に夏祭りが開催されます。
夏祭りが大好きな私は、この時期はお祭りのはしごです♪

東京下町、入谷鬼子母神の朝顔市は、江戸の風情溢れるステキなお祭りです。
ずらりと並べられた朝顔には圧倒されますよ。

入谷朝顔市の日程と開催時間、お出かけにおすすめの時間帯、朝顔のお値段、ぜひ手に入れていただきたい限定お守りをご紹介します。
知っておきたい基本情報ですから、お出かけ前にご一読ください。

スポンサードリンク
  

入谷朝顔市の日程と時間

入谷朝顔まつり(朝顔市)は、入谷鬼子母神(真源寺)を中心に、約120軒の朝顔業者と100軒の屋台が並び、毎年40万人もの人で賑わいます。

朝顔市は江戸時代から始まりました。大正時代に廃れて中止していましたが、戦後復活しました。

入谷朝顔まつり
日程 7/6(木)7(金)8(土)
時間 5:00~23:00
会場 入谷鬼子母神(真源寺)と周辺

歩行者天国
6日・7日 17:00~21:30
9日    12:00~21:30

開催期間は、毎年7月6、7、8日の七夕を挟んだ3日間
朝顔の別名は、牽牛花(けんぎゅうか)といいます。
七夕の彦星は牽牛のことですから、七夕に合わせて朝顔市を開くようになったそうです。

お祭りの開催時間は、なんと朝5時から!
こんなに早い時間から始まるのも、朝に花が咲く朝顔ならではですね。

会場となるのは、入谷鬼子母神と、言問通りのJR鶯谷周辺から日比谷線入谷駅の間の区間

開催期間中は、周辺の路上パーキングは使えませんし、時間帯によっては交通規制がされます。
また、同期間、浅草近隣では下町七夕まつりでも交通規制がされます。
下町七夕まつりについては、こちら→

できるだけ、公共交通機関を利用しましょう。

入谷朝顔市のおすすめの時間帯

目的によって、おすすめの時間帯が異なります。
朝顔を買いたいのならば、朝。屋台を楽しみたいならば、夕方以降です。

花の色や大きさが良く分かるのは、咲いているとき。
花がしぼんでしまうと、どの朝顔を買うべきか、決め手に欠けて、悩んでしまいます。
人気の品種や立派な株から売り切れていきますし…

朝顔を購入したいと思っているのなら、迷わず朝早くから出かけるべきです!
10時くらいまでは、まだ花が咲いていると思います。

ただ、朝早い時間は、屋台はまるっきりやっていませんw
朝から出かけると、おなかが減ってしまいますよね。

私は朝顔市に朝早く行ったときは、まず露店で朝顔を選んで、場合によっては買った朝顔を宅急便で送ります。そのあと、朝7時からやっている定食屋さんで、ごはんを食べています。

その定食屋さんは、入谷食堂。
ドラマ「東京タラレバ娘」のロケ地になって、急に注目されましたw
昔ながらの食堂で、ランチも充実しています。

関連ランキング:定食・食堂 | 入谷駅浅草駅(つくばEXP)稲荷町駅

屋台で飲食をしたいのなら、夜が断然おすすめです。
朝顔市の屋台は、かなりゆっくり開店します。昼ぐらいに開いているお店はすごく少なくて、夕方17時くらいから本格的に営業しています。

屋台は平日も夜遅くまでやっているので、会社の同僚とごはんを食べに行ったりします。雰囲気があって、食べ歩きも楽しいですよ。

しかし、肝心な朝顔は、ほぼ葉っぱしか見えません。笑

朝も夜も祭りを満喫したければ、一泊するのも手です。
遠方から、前日入りをして朝顔を購入する愛好家もいると聞きました。

夜屋台で楽しんで、一泊してから朝早く朝顔を買い求め、下町七夕祭りへはしご。そんなプランもいいかもしれません。

入谷鬼子母神の詳細な地図や周辺情報は、こちら→【楽天たびノート】

スポンサードリンク

入谷の朝顔の値段

朝顔市の朝顔は、協定で決められていて、言問通りではどの露店も同じ価格です。
花の色や種類は関係ありません。

定められていない場所に出店している露店では、少しお安い朝顔もちらほらあります。

言問通りの露店

  • 小さな鉢          800円
  • 行灯仕立て(支柱がある鉢) 2000円

また、入谷鬼子母神の境内でも、朝顔を買うことができます。
こちらには、さらに小さい朝顔や、もっと大きい朝顔もあります。

購入した朝顔の鉢は、宅急便で送ることができます。
専用の箱も用意されていて、お任せするだけなので、とっても便利です。

入谷鬼子母神の朝顔市限定お守り

朝顔市に行ったらぜひ手に入れていただきたいお守りが、入谷鬼子母神の朝顔守
朝顔市の期間限定で、身体健全のお守りです。

朝顔の造花がついているお守りで、細部まで作りが凝っていて、すごくカワイイのです!!
色も、ピンク・紫・水色と3色あって、どれにしようか迷ってしまいます。
入谷鬼子母神の朝顔守の参考画像は、こちら→

お守りをいただくときに、火打石でお祓いをしてもらえます。
大900円、小400円です。

とっても人気で売り切れ必至。欲しい場合は、お早目に。

境内では、手ぬぐいやトートバッグなど、朝顔まつり限定のグッズも販売しています。
お土産をお探しの場合は、こちらも覗いてみてください。

入谷朝顔市のまとめ

入谷の朝顔市は夏の風物詩として、風情のあるお祭りです。浴衣のお出かけにもぴったりです。
朝顔市を楽しむコツには、目的をしっかり定めることです。
朝から朝顔を買うか、夕方から屋台でごはんを食べるか、狙いを絞ってお出かけください。

朝顔市が終ると、すぐに浅草寺でほおずき市が始まります。こちらもステキなお祭りなので、お時間あれば行ってみてくださいね。
浅草寺のほおずき市は、こちら→

この時期、日中は猛暑になります。飲み物や日射しを避ける熱中症対策を、お忘れなく。

入谷の朝顔市、ぜひ楽しんで来てください。

最後までお読みいただきありがとうございました◎

スポンサードリンク