クリスマスパーティーへの手土産は?おすすめお菓子と手作りレシピ

シェアいただけると嬉しいです

クリスマス

こんにちは!ふきよせです。

クリスマスが近づくと、クリスマスパーティーにお呼ばれする機会も増えますね。

仲の良い友達との、家の飲みのようなパーティーならば気兼ねなく楽しめます。

しかし、会社の先輩のご自宅で行われるホームパーティーにお呼ばれとなると、話は違います!

時間よりも早く伺って手伝うべきなのか、何か手土産を持っていくべきなのか、などいろいろ悩んでしまいますね。
先輩の奥様が手料理を振る舞ってくださるとなると、さらに緊張してしまうかもしれません。

ホームパーティーにお呼ばれしたとき、スマートな振る舞いができるよう、手土産をご紹介します。

スポンサードリンク
  

クリスマスパーティーに手土産をもっていくなら

基本的にホームパーティーにお呼ばれしたのなら、早く行ってお手伝いする必要はないと思われます。
むしろ早く行くと、時間に合わせて準備をなさるホストにご迷惑がかかるでしょう。

どうしても気になるのなら、前もって「お手伝いはありませんか?何かあれば言ってください」とお伺いをたてておけばよいと思います。
本当に必要な場合は、当日に「○○が足りないから、買ってきて」と電話がかかってくるかもしれません。
ちなみに、私はデザートスプーンを買ってくるよう、頼まれたことがあります。

手土産を持参するつもりでしたら、ホストの方のお好みを調べてできるだけ沿うものを持って行くと喜ばれます。
ご自分の郷里の特産物なども、珍しがられて喜ばれます。

それでも何を持参してよいかわからない場合は、パーティーで使える物を持っていきましょう!

飲み物
もしお酒が振る舞われるパーティーでしたら、ワインなどのボトルは大変重宝します。
お酒が飲めない方もいらしゃるでしょうし、おいしいジュースもおすすめです。

大人数のパーティーであれば、テーブルに置いておくだけで飲みたい方が飲みますから、いろいろな種類の飲み物があってもかまわないでしょう。

飲み物は余ってしまっても、ホストが次の機会に使うことができます。

炭酸飲料は冷やす準備が必要であったり、開けて置いておくと炭酸が抜けてしまったりするので、炭酸飲料ではない方が好まれます。

花束
パーティーにお花があると場に華やかさが増すので、定番の贈り物です。

そのまま置けるアレンジメントが一番便利です。

簡単な花束を持っていくのなら、負担にならない大きさの花瓶や折りたたみできる花瓶を一緒にプレゼントするなどして、ホストが花瓶を用意しなくてもすぐに飾れる工夫をしましょう。

小さな鉢植えは長持ちするのですが、あとあとホストが育てることになったり、始末に困ったりと負担になることもあります。
園芸がお好きな方ならば問題ないでしょうけれど、わからない場合は避けたほうが無難です。

もし奥様が当日いらっしゃるならば、手土産に奥様が喜ばれるようなものを選んでもよいかもしれません。
実際にパーティーの準備に大変な思いをされるのは奥様だったりしますし、たいてい奥様が喜べば旦那様も喜びます。

手土産でワインを選び、小さな花束を奥様にプレゼントしたときは、大変喜ばれました。
時間と予算に余裕があれば、とてもおすすめできる方法です。

クリスマスパーティーの手土産にお菓子はいいの?

いろいろな訪問で、お菓子を手土産に持参することは多々ありますが、クリスマスのホームパーティーにはあまりおすすめできません。

主催者側がケーキを用意していてくれる場合は多く、お菓子作りがお得意な奥様やご友人がいらっしゃれば、手作りされていることがほとんどです。
同じ種類のデザートがかぶることは、ご準備くださるホストに失礼ですし、他のゲストも困惑します。

もし理由があって、どうしてもデザートをもって行きたいのならば、ホストやホストの奥さんに前もって相談しましょう。

甘い物を手土産で持っていくのならば、パーティーで手軽に食べられる物をおすすめします。

ドライフルーツ、ナッツ
ワインのおつまみにもなりますし、器にざっと盛るだけで盛り付けの手間もかかりません。
様々な種類を少しずつ選んでも良いでしょう。
チョコレート
ディナーの後に、コーヒーと一緒に楽しむことができます。
小さくても満足度は高いですから、数よりも質を重視して選ぶと良いでしょう。

入れ物や袋が小分けになっていれば、必要な分だけ出すことができます。
おなかがいっぱいで食べきれずに余ってしまっても、ホストがまた別の機会に使えたり、ご自宅で食べてもらったりできます。

スポンサードリンク

クリスマスパーティーの手土産にお菓子を手作りするなら

お菓子作りがお好きで、手作りをしたいのならば、メインのデザートとかぶらないお菓子を作りましょう。

男性は、お菓子作りやお料理が得意ならば、話題性もあって好印象です。
以前、仕事をバリバリこなす男性が、お酒にぴったりな甘さの少ないスパイスクッキーを手作りで持ってきました。実はお料理が得意だったとわかり、社内で大変話題になり好感度もアップしました。

また、食べきれずに余ったら、紙ナプキン、紙コップ、ビニール袋などを使って、簡単にみんなで分けて持ち帰ることができる物がおすすめです。

私が、クリスマス時期の手土産用にしたり、プレゼント用に作ったりしているお菓子のレシピをご紹介します。
簡単で気合が入りすぎていないので、気軽な手土産として重宝しています。

バタークリームカップケーキ(カップケーキ約10個分)
A:カップケーキ

用意するもの:バター80g、砂糖80g、卵2個、薄力粉120g、ベーキングパウダー 小さじ1

①バター室温にもどしてボウルにいれ、砂糖を加えて混ぜます。
②溶いた卵を加えて混ぜます。
③ふるった薄力粉、ベーキングパウダーも加えて混ぜます。
 混ぜる時に泡だて器を使うと、だまになりにくく、均一に早く混ぜられます。
④カップに入れて180℃のオーブンで20分焼きます。
 生地は、カップ8分目くらいまで入れると、出来上がりがちょうどよいです。
⑤焼きあがったら冷やしておきます。

B:バタークリーム

用意するもの:バター150g、粉砂糖150g?200g、卵白L1個、牛乳大さじ3、食紅適量、お好きなトッピング

①バターを電子レンジで30秒温めます。
②ボウルに卵白を入れ、卵白がたつくらいまで泡立てます。
③別のボウルに温めたバター、粉砂糖、牛乳を入れ、なめらかになるまで混ぜ合わせます。
④③に②を合わせ、少し固く感じるくらいまで、混ぜ合わせます。
⑤冷蔵庫に入れ、10?20分冷やします。
⑥冷蔵庫から取り出し、食紅で色をつけます。
 少しずつ色を加え、お好みの色を作りましょう。
⑦バタークリームを絞り袋に入れます。

Aの冷やしたカップケーキに、Bのバタークリームを絞りだし、デコレーションします。
お好みでトッピングをしましょう。

バタークリームがやわらかすぎると絞りにくいので、冷蔵庫で寝かせます。
よく冷えたカップケーキを使うと、形が崩れにくいです。

生クリームをデコレーションに使うと、持ち運ぶ間に崩れたり、要冷蔵になったりするので、崩れにくいバタークリームの使用がおすすめです。

ジンジャークッキー
用意するもの:薄力粉140g、ベーキングパウダー 小さじ2/3、オリーブオイル(サラダ油可)大さじ3、はちみつ 大さじ3、しょうがすりおろし大さじ1

①薄力粉とベーキングパウダーをボウルに入れます。
②オリーブオイルを入れ、粉っぽさがなくなるまで混ぜます。
③はちみつとしょうがを加え、ダマがなくなるまで混ぜます。
④生地をラップに包んで、冷蔵庫で30分冷やします。
⑤冷蔵庫から出し、麺棒で生地を平らにし、型抜きします。
 型抜きしない場合は切り分けます。
⑥クッキングシートを敷いた天板に生地をのせ、170℃のオーブンで15分焼きます。

生姜が体を温め、冬に適したクッキーです。
卵やバターを使わないので、日持ちします。

型抜きをするときにツリー、星などの型を選ぶと、クリスマスらしくなります。
クリスマスツリーのオーナメントとして飾ってもかわいいです。

スノーボール(約30個分)
薄力粉120g、アーモンドプードル 40g、粉砂糖40g+デコレーション用適量、バター80g

①薄力粉とアーモンドプードルを合わせて振るいます。
②室温に戻したバターをクリーム状になるまで混ぜます。
③粉砂糖を加えて混ぜます。
④①を③に加えて混ぜます。
⑤生地がまとまってきたら、冷蔵庫で30分冷やします。
⑥冷蔵庫から生地を出し、包丁で30等分に切り分けます。
⑦クッキングシートを敷いた天板に生地を丸めながら並べ、180℃のオーブンで15分焼きます。
⑧焼きあがったら網の上で冷まし、完全に冷える前に粉砂糖をまぶします。

パーティーの手土産のまとめ

手土産を持っていくときに、とても豪華なラッピングですと気合が入りすぎて重く感じられてしまいますが、ラッピングをなにもしないのも雑な印象を与えてしまいます。

軽く赤いリボンが結んであったり、シックな厚手の紙袋に入れたり、少しだけ特別感を演出しましょう。
お呼ばれした嬉しさが、ホストに伝わります。

ちょっとしたカードを一緒に添えるだけでも、気持ちが伝わりますね。

招待してくれた主催者の気持ちを汲んだ、思いやりのある手土産を選んで、すてきなクリスマスパーティーを楽しんでください。

最後までお読みいただきありがとうございました◎

スポンサードリンク