根津神社のつつじ祭り!見頃や見所は?期間限定授与品をいただこう!

シェアいただけると嬉しいです

つつじの花

こんにちは!ふきよせです。

春は桜の花を筆頭に、さまざまな花が次々と咲き、いつもの風景を美しく彩ります。

なかでも、「これは!」と感動した花が、つつじ。

私にとって、つつじは通っていた小学校の生垣に使われていて、とても馴染み深い木でした。つつじの花の蜜を、チューチュー吸った思い出も。

そんなつつじ対する私の価値観を、ガラリと変えるきっかけになったのが、根津神社のつつじです。
とても丁寧に手入れが施され、圧倒的な美しさで咲き誇る姿は、私の知らない花のようでした。

根津神社のつつじは、毎年恒例のつつじまつりで鑑賞することができます。

つつじの花の見頃と祭りの催し物の見所について、祭期間限定で手に入れることのできる授与品もあわせて、ご紹介します。

スポンサードリンク
  

根津神社のつつじ祭りとは

根津神社は、1900年以上前に、日本武尊が創祀したと伝えられる古社で、1706年に、五代将軍徳川綱吉によって、現在の地に遷座されました。

本殿や門など江戸時代の建造物が、奇跡的にすべて現存しており、国の重要文化財に指定されている神社です。

つつじまつりは、この歴史ある神社の南西側に併設された、つつじ苑で行われます。
徳川綱重がつつじを植えたことに始まり、現在は、約2000坪の敷地に、約100種3000株のつつじを楽しむことができます。

つつじの木は丸く丁寧に剪定されていて、ポコポコと膨らんだ絨毯のような、とってもかわいらしい風景を作り出しています。

期間: 4/8(土)~5/5(祝・金)※2017年
開苑時間: 9:00~17:30(まつり期間中のみ)
入苑料:苑整備事業への寄進料200円
    小学生以下無料

根津神社のつつじの見頃と祭りの見どころ

根津神社に植えられているつつじには、早咲きと遅咲きの種類があり、約一か月のまつり期間内で、刻々と色彩が変わってゆきます。

早咲きの種類の花が咲き始める頃は、どちらかというと緑色の葉が多く、4月下旬は鮮やかなピンク色に染まり、ゴールデンウィークの終盤には、遅咲きの種類の花に包まれるようになります。

私が個人的に見応えがあると思っているのは、4/20頃です。
朝早めの時間ですと、人も少なく、清々しいつつじ苑を堪能することができます。

スポンサードリンク

つつじまつりでは、催し物もたくさん企画されています。

まつりの序盤(2017年は4/9)に、神輿渡御(みこしとぎょ)が行われ、活気あるお神輿を見ることができます。

土日祝日の休日には、根津権現太鼓という女性中心の和太鼓の奉納演奏、なぎなたの奉納稽古など、さまざまな奉納演芸が披露されます。
かっこよくて、ついつい魅入ってしまいますよ!

まつり期間中は毎日、植木市や骨董市が開かれ、露店も屋台もたくさん並び、文京区の伝統工芸品の実演展示会もあります。
お祭りのお買い物も楽しいです。
催し物の予定はこちら→

名物は、つつじまつりに併せて設置される甘酒茶屋
期間限定のお店で、その名の通り、おいしい甘酒をいただくことができます。

甘酒茶屋

期間:4/15(土)~5/5 (祝金) ※2017年
時間:10:00~16:30

根津神社つつじ祭り限定授与品

根津神社で、お守りや縁起物をいただきたいと思っている方は、必見です!

つつじまつりの期間限定で、縁起物「厄除け粽(ちまき)」の授与があります。
家の入口に飾る縁起物で、厄難消除・無病息災のご利益があるとされます。

この粽は、根津神社の御祭神、須佐之男命にまつわるもの。
須佐之男命が貧しい家でもてなし受け、その家の子孫を守り続けることを約束したという古いお話から、目印となる粽を玄関先に下げている家は、須佐之男命から守っていただけいるとのことです。

また、期間限定ではないのですが、根津神社に「月次花御札」という、とてもすてきなお守りがあります。
月替わりのお花の絵が描かれた木札で、家の中の邪鬼を祓うとされています。

この月次花御札、1月から12月の木札の他に、5月端午から9月の重陽の節句までご利益があるとされている「薬玉(くすだま)」の柄があります。

ちょうど、つつじまつりの終盤から飾ることができるお守りです。
とてもきれいなお札なので、インテリアとしても違和感はありませんし、初夏の贈り物としても喜ばれますよ。

厄除け粽も、月次花御札も、初穂料は500円。

つつじまつりにお出かけのときは、ぜひ授与品もご検討ください。

根津神社の詳細な地図や周辺情報は、こちら→【楽天たびノート】

根津神社のつつじ祭りのまとめ

根津神社のおひざ元、文京区から台東区の一帯、通称谷根千(やねせん:谷中、根津、千駄木周辺)といわれる下町界隈は、懐かしい雰囲気が漂い、散策にもってこいのエリアです。

おいしいお店もたくさんあり、春のお出かけにはぴったり。

つつじ苑は、年一回のつつじまつりの期間のみ、入ることが許される庭園ですから、この機会をお見逃しなく!

最後までお読みいただきありがとうございました◎

同時期につつじの見頃を迎える根津神社は、亀戸天神からバスで30分です。
あわせてお楽しみください♪
都営バス [上26] 亀戸天神前⇔根津駅前 片道210円
・亀戸天神の藤まつりの見頃は?ライトアップと参拝におすすめの時間帯
スポンサードリンク